負け犬の理想の結婚

…は、セレブ婚で「一発逆転」なのでしょうか?
というか、一発逆転は、『セレブ婚』なのでしょうか??
つーか、「負け犬」は、セレブ婚を望むんでしょーか???

杉田かおる極秘挙式で逆転勝ち : 芸能ニュース

なんかねー、『玉の輿』とか、そうゆう“他人がどう思うか”で勝ち負けを感じたい人は、
そもそも、いわゆる「負け犬」になってないような気がするのよね(笑)。
自分が快適だと思えばそれでいいというか、ナンバー1よりオンリーワン、
「世界で一つだけの花」的な伴侶を求めるような気がするわけです。

酒井順子さんの「負け犬の遠吠え」を読んだのはだいぶ前だし、
その後、いろいろと「負け犬」論議??があるので、
読解力ナシナシの正直よくわからなくなってるんですが(笑)
年末の紀宮様ご婚約のタイミングでのこの記事↓を読んで、
すんごく納得した私も負け犬か。たしかに玉の輿よりこうゆう結婚がしたいの、私。
  
プリンセス・サーヤの結婚から考察する “負け犬”の理想の結婚


この記事による「負け犬の理想の結婚」は、

 実家の近くに住み、今までのライフスタイルをあまり変えずに生活する。

絆のつよーい女系家族の大黒柱である杉田先輩。
とーぜん、おかんとダンナの相性は検討したのではないかと。
そんでもって「仕事は続ける」って明言してるし。


過去の武勇伝を見聞きすると、むしろ「……だめんずウォーカー?」という
不治の病を患ってるとしか思えない杉田先輩、
40とゆー、いまさら性癖は変えられないでしょー という年齢を考えても、
本人の言葉通り「勝ちに行」くために、自分をつくったり偽ったりはできないような気がします。
きれいごとに聞こえそうだが
「好きになった人が、たまたまボンボンだったの♪」
(& お金以外の、自分として優先したい条件が折り合ったので)

ってあたりが、意外と真実なのかなぁ。
と思うと、ダンナさんのキャラクターを知りたいなぁ…。
新婚半年間は、昔の三原じゅんこ/コアラペア並みにTVでオノロケOKです。それ以上はうざい。

にしても、若くてブランドもん身に着けてて、しかもJJの元モデルだったりするような女の子が
一流スポーツ選手とか、青年実業家とかと結婚すると
「うまいことやりゃーがったな。金目当てか?たぶらかしやがって」
と思ってしまうのですが、今回まったく感じません。
なんちゃらコンツェルンのご親戚の皆様と、杉田先輩がうまく折り合っていけるか、
それだけが純粋に心配。なにはともあれ、幸多かれ!

[PR]