【今さら最終回ネタ】 みんな昔は子どもだった


しまった。まんまと泣かされた。ラスト。

世の中ね~“月9”“月9”って言いますけど、
キムタクがレーサーだとかね、
私としては じぇったいに『火10』を押したいです!
(「水10」も捨てがたいがね)
「僕の生きる道」とか「僕と彼女と彼女の生きる道」とか、
一見地味なんだけど、じわ~っとしみる系のドラマが良いです。

で、今回は『みんな昔はこどもだった』

  キャストが地味~。
  なーんも事件が起こらね~。

正直、最初は『救命病棟』のあとに「1回くらいは観てみようかね」程度で、
その後も「うーん、暇があれば観るかなぁ。時間なければ見なくてもいいや」(ひどい;)と、
一応録画だけして、なんとなく観てました。

それでも毎週続いてたのって、そのときは風景がキレイだからかと思ったんだけど、
それだったら木曜の『優しい時間』のほうが、じぇんじぇん画面が美しかったのに
続かなかったしなぁ…。
(いや、二宮君と寺尾聰・大竹しのぶの演技はすごく好きで、
途中まではこれも半分ヒーリング状態で観てたんだけど、
長澤まさみの演じる女の子の、あまりにも情緒不安定っぷり(「なぜそんなことで泣く!?」みたいな)が
どんどこどんどこ不愉快になってきて、布施博が自殺した回でとうとう挫折してしまいました…
ほんとは特技の編み物を披露する山谷初男を、もっと見てたかったのにぃ)


思うに、何の気負いもなく、ぼーっと見られるのが良かったのかも。

話の内容も、超・淡々。ドキドキと高揚はしないけど、
安心してみてられて、終わってからなんとなくほっこり。

いや、社会人は忙しすぎるよね。
こうゆう時間も必要よね。

あー あと、子どもを見守る大人たちが、優しいよな~。
私も国仲涼子に「○○ちゃん、ダメでしょ~」と
優しく叱られてぇ~!とか思ってしまう、20年前の小学生。
同性でコレなら、いはんや男性をや??
周りの大人がみんなウチの子のよーに育てながら、
大人の側も、子どもに感化されてポジティブになってく。
ああゆう地域共同体で育つ子は、精神的に強靭で
将来挫折とかしても、なかなかグレないんじゃないかと思うのでした。
→ってのの将来形が、瑛太くんだったり、白石美穂だったりなわけか!
(“モモちゃん”という4年生くらいの女の子役の子が、
子どもとは思えんドスの利いた低音でしゃべる子で、個人的に目が離せなかった…。
あの声では、回ってくる役限られてるだろーなー。私は個性的で好きでしたが)


瑛太くんは、ストパーをあてたらピュア感が増して、正解!
「ウォーターボーイズ」のブロッコリー頭は、ちと似合わんのじゃ。(たぶんそっちが天然なんだと思うけど)
父親役の大杉漣と、なんとはなしに背格好が似ているのも、趣があるねぇ。

[PR]