天海祐希≒山下真司…?

『離婚弁護士Ⅱ』最終回からわずか中3日。
(つっても私、ラスト数回、ビデオに録ったまま、まだ追いつけてないですぅぅ・泣)
天海さま、『女王の教室』で再登板です。

b0043827_23038.jpg

往年の権藤レベルの売れっ子ぶりでしょうか?って知らないけど。
「権藤、権藤、雨、権藤、 雨、雨、権藤、雨、権藤」っつー呪文だけ)

冒頭から
「この物語は悪魔のような鬼教師に小学6年達が戦いを挑んだ1年間の記録である」
という、あの往年の大映ドラマをほーふつとさせるナレーション。
『スクール☆ウォーズ』か? 『スクール☆ウォーズ』なのか!?
『スクール☆ウォーズ』の場合はこちら↓
「この物語は、ある学園の荒廃に戦いを挑んだ熱血教師達の記録である。
高校ラグビー界において全く無名の弱体チームが、荒廃の中から健全な精神を培い、
わずか数年で全国優勝を成し遂げた奇跡を通じて、
その原動力となった信頼と愛を余す所なくドラマ化したものである。」 


そうか、『女王の教室』=裏『スクール☆ウォーズ』、
グレーのツメえりワンピでサリバン先生のよーな天海祐希は、きっとブラック山下真司
おっけー、わかった。りょーか~い。
『スクール☆ウォーズ』が「泣き虫先生の7年戦争」なら、今度は「サディスト先生の12ヶ月テロ」?
いやあ、コドモを取り巻く問題は、複雑化してるからね。
大型兵器で短期決戦に持ち込みたいところなのですね。ってそうなんですか??

しかし、ひとつ危惧が。
裏『スクール☆ウォーズ』だとしたら、やっぱりベクトルの向きは違うものの、
その大きさは山下真司と同程度の“熱血教師”ってオチなんでしょうか!?
「手の冷たい人ほど、本当は心があったかいひとなのよ」みたいな??
え~~そーれーつーまーんーなーいぃぃぃぃぃ!!!
3ヶ月間、子どもたちをしばいてしばいて、しかも最後まで「なんのために?」って理由が見えずに
秋風が吹く頃に「結局、あのドラマはなんだったんだろうね」って言い合いたいです。ええ。
あ、でも、初回で子どもたちが噂してた「本当はアンドロイドなんだって」ってオチも捨てがたい。
めちゃめちゃ信ぴょう性ありまくり!!


小学校が舞台だけに、いろんなドラマで見たことのある子役の子がいっぱい。
『ニコニコ日記』のニコ役だった子とか、『みんな昔は子どもだった』のダミ声の子(04/03の日記)とか。
中でも、成績優秀なんだけど無口でちょっと変わってる女の子が、
去年『ラストプレゼント』で(去年の09/16の日記)天海祐希の娘役だった子で、なんかヘンな感じ。
そういえば、この子が『救命病棟24時』で、仲村トオルを「パパ!」と呼ぶときにも
心の中で「あんたのパパはくらちゃん」「あんたのパパはくらちゃん!」と諭してました。
くらちゃんのパパぶりが好きで観てたもんでのう、あのドラマは。
(でもなんでか『離婚弁護士Ⅱ』観て「夫婦じゃん」とは思わなかったけど。)


このドラマ、なんかヘンだな(って設定がすでにヘンだけど)と思ったら、
天海祐希がサディズム中に、BGMないのよね。
これはこれで緊迫していいけど、
やっぱ「ターミネーター」の♪ででんでん ででん とか
「ジョーズ」の♪たーら たーら みたく、コワいものにはテーマソングが憑き物、ちがう付き物。
吉川晃司の「ラ・ヴィアンローズ」とかどうかしら?くすっ。

しかし、中身より何より気になっているのは。

エンディングになるやいなや、EXILEのエンディングテーマのバックに
  ①今までの冷たい表情はどこへやら、えりを外し、
    笑顔でスタッフと挨拶を交わす天海のメイキング姿。
だけでなく
b0043827_2402380.jpg
  ②白シャツ×パンツに、おろしたウェーブの茶髪というカジュアルな姿で、
    宝塚仕込の軽やかなダンスまで見せる天海。
……ドラマと全然つながんないじゃんよ……
なんとなく
「ドラマですから、こんな冷酷な役やってますけど、
スの天海は、こーんな明るいキャラですよ。『離婚弁護士』のイメージのほーが近いですよ」
という、事務所のエクスキューズが聞こえる…
[PR]