細木数子はすでに常識なんですか?(驚)

先日休日出勤の代休を取りました。
昼近くに起き、遅い朝食を食べながら、ひさびさに平日昼のTV番組を観ました。

と。

TBSだったか、「今日の占いカウントダウン」的な
あるいは「血液型選手権」的な
その日の運勢を占うワンコーナーがはじまりました。

が。

これが、まったくわからない!

「○星人」と言われれば、地球人(ケロロ軍曹で言えば「ペコポン人」)としか答えられないし、
「プラスかマイナスか」と言われれば、えーっと一応血液型はRh+のよーですが~~~

自分が一体何に当たるのか、まったくもって手がかりすらないまま、
次々と進んでいくカウントダウン。
「今日最高なのは」「最悪なのは」と言われても、どれなの?
っていうかそもそも、この中に私の当てはまるものはあるの!?

占いという概念を覆す数十秒ののち、最後の最後にTVに映し出されたのは
細木数子ちゃんの大写しと
「ご自分の星座を知りたい方は、こちらまで!」というURLの案内。

つまりこれって、暗に
「もちろんみんなもう、分かってるとは思うけど、万一いるかもしれない、
一部の無知な者のために、一応案内はしとくわ」
的なものなのでしょうか?
携帯ならまだしも、インターネットで(しかもURL写るの一瞬)って、ハードル高いんですけど…。

なんとなく、「Hanako」の占い特集で、1950年以降の誕生月や日ごとの乱数表?が載っていて
その下にちっちゃくちっちゃく書いてある
「※この表に誕生日が載っていない方は、編集部までお電話にてお問い合わせください」
という注記を思い出しました。
(そんな表は、占いごとに10数種類ある上に、
だいたい占い特集って年末年始やお盆の特集号だから
「ただし○月○日から○月○日までを除きます」とか付け足されてたりするのよね)



いやぁ…。

「細木数子の占いで言えば、自分は何に当てはまるか」というのは、
星座や血液型同様、もはや自分で知ってないといけない、常識なのでしょうか?
世の職場や学校では
「○○ちゃんてさぁ~、典型的な土星人プラスよねー」
「えー、私よく天王星人マイナスに間違えられるよー」
みたいな、スペイシーな会話が交わされているのでしょうか? びっくし。

でも私の周りには、Webで検索かけたものの
「えー私何星人だか出てこないわよう~」と言うので見てみたら
『細木和子とか入力してる
先輩とかしかいないんすけど…。

あ、ちなみに私は火星人マイナスでしたわ。
なんか、どーしてもタコみたいなルックスをそうぞうしてしまうんですけど…


番組で案内されたURLはメモする暇もなかったので、ここで調べました。
ちなみに足を組んだキティは「細木数子が“ズバリ”言っている姿をモチーフにした」そうです。グッズもあるでよ。

[PR]