お台場冷凍マンモス見学

お台場のフジテレビで開催してた
「ユカギルマンモス ミュージアム」に行ってきました。
冷凍マンモス観に。

こんなに残ってました。

b0043827_1494280.jpg


―――嘘です。
(写真は復元したマンモスの模型←これは撮影OKだった)

本当は、愛・地球博に来てたこれです。

しかし、想像以上にキレイに原型を留めていたので

「ほ。」
「マンモスですな。」
「残ってますな。」

という淡々とした感想しかもてなかった。逆に。
特に「マンモスうれぴー」([c]酒井法子)ということはなかったです。

地球博では長蛇の列だったというのに、
所要時間5分(すきすきだった)で見られた分、ありがたみが薄いんでしょうか?
¥1,000払ったんですが。

ところで、冷凍マンモスを見終わると、閲覧順路の最後が売店に直結してまして、
それはいいんだけど「牙入りマンモスストラップ」って。
ここまで「マンモスの化石=貴重だ、貴重だ」って展示見てきたのに、¥2000て。
ちょっと拍子抜けな気分。案外現地にはザクザク落ちてるのか?


…という話を知人にしたところ、牙の化石は結構たくさん残っているらしく、
10数年前、象牙の輸出入に規制がかかった頃は、マンモスの牙で代用したりもしたらしい。へぇ。
「それでは、マンモスの牙でピアノの鍵盤なんかも、作れるんでしょうか?」
「ん~でも、象牙に比べるとすかすかなんだよね」
「ほー、象よりもマンモスの方が骨密度が低いんですね」
「……いや、むしろ骨密度でなく化石だから…
健康診断もせずに、決め付けてごめんよマンモス。

[PR]