ヰソフラカプサイ馬鹿

ウチの彼氏は、男系全員もらさずハゲという、
呪われた血筋の生まれなのですが、
先日「あるある大辞典」で
ハゲ防止には イソフラボン+カプサイシン を摂取すると良いらしい
というのを観て以来、
毎食「冷奴に七味唐辛子」という組み合わせを食しているそうな。

お盆に帰省して、親父(フロント部分が危機感に満ちている)にも教えたところ
息子以上に極端な性格の親父は、
冷奴の上部が真っ赤に染まるほど、七味をぶっかけて食ってるらしい。
そんなに食して、かえって毛に良くない刺激を与えてはいないだろうか?
それにイソフラボンて、女性用の「産毛を薄くする」化粧水には必須の成分なのに……

効果は……「なんとなく効いている。よーな気がする。たぶん」

んで、ハゲを回避して、強靭な地肌を手に入れた暁には何がしたいかと聞いてみたところ、
答えは

スキマスイッチの常田くんみたいな頭にして、鹿鳴館の舞踏会に行く」


・・・・・

ツッコミどころは多々あれど、ありすぎて何から言えば良いのかわからず、
絶句する私。

そもそも鹿鳴館ってまだあるのか?
浜松町でやってるアレのことかしら?


ところで相変わらずハゲに囲まれて仕事をしているんですが、
そうゆう人たちに
「ハゲには イソフラボン+カプサイシンがいいらしいっすよ」って、アドバイスしてもいいんだろうか?
かえって傷付けるだけだろうか。
あーでも私もいきなり「マイ●ロダイエットって効くらしいよ」って言われたら、ちょっと落ち込むかも。
やめとこ。

[PR]