「純情きらり」が終わったですだよ、達彦坊ちゃん(その壱)

はー。
終わりましたね。朝ドラ。「純情きらり」。

休みの日に8:15なんて起きれないんですけど、
案外結末が気になりまして、
昼の再放送までは待てなかったし、それに金曜の分も見れなかったので、
BSで9:30から1週間分まとめて放送するやつを見てました。

そしたら木曜放送分に差しかかったところで、
通りかかった母(朝の放送を視聴済み)が


  「これさあ~いくら結核でも、
  一度も赤ちゃん抱かないで死ぬなんて嘘くさくなーい?」

待てコラ――――っ!!(悲)

結末がどーこー言う以前に、ワシはまだそこまで到達しとらんのじゃ。
ワシが今見とるのに何で結末をそうやって言うんじゃー!
というクレームに
「ふん。そんなの見てたらわかるじゃないよ。
そこまでの過程を楽しみなさいよ、過程を」
と開き直られました……デリカシーのないおばちゃんなんて大嫌いだ…。


と。
気を取り直しまして。

私もちょっと納得いかないっす。
いや、赤ちゃんだっことかゆー以前に、
桜子ちゃん(宮崎あおい演じる主人公の名前)が
「死ぬ」っていう結末がねー。うーん。

物語中でも、彼女が子どもに残したノートに

「お母さんの人生は、ひとから見たらあっけないかもしれない。
でも精一杯充実していたから、幸せなんだ」

みたいなこと書いてましてね。うむー…。
やっぱ納得いかないというか。
個人的には、「残念」ってのがいちばん正直なところかな。


この話、表面だけ見ると、
「おしん」を頂点として、10年ほど前まで朝ドラの類型としてよくあった
「太平洋戦争をはさんだ激動の時代に、
それでもけなげに頑張った、オンナの一代記」
ってパターンに分類されると思うんですよ。

(で、あまりにもこればっかだったもんで飽きられた
+実際にその時代を生きた世代が主な視聴者層ではなくなり、
あんまり共感を得られなくなった?
→ 変に“現代”を描こうとして、却って特異な設定ばかりになり、
新人女優の技量のなさもあって不発??)

ただ、類型的なヒロイン達が「時代にほんろうされて」
って、受身なイメージなのに比べて、
桜子ちゃんの場合、進学を諦めるときも、
音楽の仕事を中断して義母の介護にあたるときも
悩んだ上に、いつも最後には自分で納得して決断してるんですね。
だからあんまり「いねぇよ、こんな優等生」って感じじゃなかったなぁ。

むしろ。

いきなり話飛ぶんですけど、私
就職、ちょーちょー氷河期だったんですよ!
(今までも何回も書いているので、われながら、ホント恨んでるなぁ…;)
さまざまな事情で音楽の道を何度も閉ざされる桜子を見て、

別に何もぜいたくなことは言ってないと思うんですけどね、
「できれば自分の好きなことを仕事にしたい」とゆーただけで
大学の就職課で
「今は女子がそんな悠長なこと言ってられる場合じゃない」とかさー
「だから秋になっても決まらないんだ」とかさー
「内定出てるんだったら、もうぜいたく言わないでそこに入りなさい」とかさー

↑入ってエラい目みた
泣かされるまで1時間も2時間も説教されたことを思い出しました。
↑↑今だったら逆に泣かせるまで言い返すが、当時はウブだったの。うふ。

実際には選択の余地もないような、どーにもならない環境でも
それでも自分を納得させて半分ヤケでもやってかねーと!
な状況は今だって絶対あるわけで。

まあ深刻度はドラマの時代の比ではないとは
重々承知しているのですが、
どんな環境でも甘受して、でもその中で途絶え途絶えでも、
“音楽が好きで、できるだけ関わっていこう”という
桜子ちゃんの姿勢に、

  「たるいうえにキッツい仕事してるけど、
  いつかはやりたいコトに結びつくよう、くさらないでやってやらあ~。ちくしょー!!」

と、ちょっと元気になったりしてました。
意外と、働く女性には、同じような見方してた人もいるのでわ??

(でもウチの母なんかは、やっぱり「女の一代記」な見方が抜けないので
「え?これって味噌屋を立て直す話じゃないの?」って、
それだと「かりん」と同じじゃねえかよ!!
↑でもヒロインはわりとなんでも他人まかせ)

と、変に肩入れして見てたので、
よーやく本来の夢が実現しそうになったときに

えー 死んで終わりかよ~~~。

なガックシ感が……。
いや、“ささやかだけど精一杯生きた”ってのを表すには
「死」というラストでその生涯を締めくくるのが効果的かもしれないが
(っていうか、そもそも原案
そういう話なのね)
えー。でも…やっぱ、えー って感じ。

じゃかじゃかJAZZ弾きながら、一方でバカスカ子ども生んで
「あなた、お店と子どものことは宜しくねーん!!」
っつって、NYにでも演奏旅行に行って欲しかったわー。うーん。



(自分でも意外にも長くなりそうなので、いったんココで切ります…)

[PR]