憧れの女(ひと)に会いに行く。嬉しいけど悩みも。

b0043827_16112389.jpg

先日の間宮兄弟の握手会に引き続き、
「行動するミーハー女」、出動です。


完全版『サードガール』刊行記念 西村しのぶさんサイン会


・*・*・*・*・*・*・*・

ああ、そりは高3の、ちょうど今頃の季節のことじゃった。
非常にバンカラな校風の女子高(…)だったので?
(公立だったが履修科目はみっちみちで、受験生だってのに
文系も生物、理系も日本史をやっていた。そういえば。まるきし余談ですが。)

9月の文化祭まで
  ガスガス部活をやり、ガスガス文化祭実行委員をやり → 燃え尽き。
「はあ、これからは受験勉強一色の生活だよ」と思いつつ、
勉強にもなかなか着手できず
当時なぜか、クラスの本棚で学級文庫化していた
『サード・ガール』を読む。

んで、登場人物(実質主役か?)の“夜梨子ちゃん”という女の子を見て

「あ、あたし同じ“女子高生”なのに、
こんな女の子女の子した、キラキラした毎日、まっっっったく送ってない!」

と、大しょっくを受けまして
「残り数ヶ月の女子高生人生、受験勉強している場合ではない」
と、翌日、普段の成績でOKだった大学の推薦を取っちゃいました(実話);
(しかし、まわりは受験生だから誰も遊んでくれず;
「目算違いだったなぁ…」と思っているうちに女子高生活はあっけなくピリオド。
そんでテキトーに選んだ大学は、これまた小汚い男だらけで、
さらに私の血中バンカラ度は急上昇し、今に至る、と。←考えなしのツケが…)

・*・*・*・*・*・*・*・


あれからウン年……。

西村さんは、「格好いいオトナの女性」、
さばさばとゆーか、凛としているとゆーか、それでいてほへっと方の力が抜けていて、
そんなおんなのひとを描くと、天下一品だと思うのです。
(読む人によって、好き嫌いは分かれると思うが(笑))

脳に染み込むほど愛読しているというのに、
残念ながら、私自身はああは育たなかった。身長150cmだし。(←西村作品、大女率高し)

(ちなみにリアルな私は、そと見も中身も「川原泉のまんがのよーだ」
と言われたことが数回あります。いや、大好きだけども。)

「結婚後は思うところがあって」(と「下山手ドレス」に書いてあった)
写真付きの取材は避けてるとのことだったのですが、
数年前、『YOUNG YOU』で「槇村シェンシェーとのお食事につられて」(とこれも書いてあった)
応じちゃったらしい、槇村さとるさんとの対談記事(写真付き)で見たご本人も
リアルにべっぴんな大女さん(失礼)で、
「あー ライフスタイルとか好きなものとかが、作風に反映される作家さんなのねー」
と思ったのでした。

とはいえ、マンガ家さんだし。
それもものすごく寡作だし(大笑)。
直にお会いできる機会など想像だにしなかったのに。

サイン会だって!
しかも、東京でだって!
 ←”ホーム”は神戸/大阪の方なのです。

うわわわわ。
前日だとゆうのに、まだ現実感がない…。


しかーも!
「憧れの男性」より「憧れの女性」のほうが、

どんなナリをしていったらよいのかわからん!


普段、そんなに興味も知識もなくて、テキトーにひっかけてるタイプなんで、
おしゃれな人には気後れがしてしまう、というのもあるし。
服にしても化粧にしても、男性と女性じゃ見るとこ違うような気もするし。
ぶっちゃけ、男性は(蔵之介さんがそうじゃないか?ということではなく(笑))
『それっぽい洋服』『それっぽい化粧』してたら、
実はチープなの身に着けても、そこまではわからんのだろうなあ、と思うわけですよ。
同性の、しかも目の肥えてる人達(←サイン会に来たファンの人も含めて)の目には

「あの服、イトー●ーカ●ーで買ったんじゃないの?」
とか
「マスカラがダマになってるわ」
とか

そんなことまでみみみ見透かされるんじゃー!!

( [注]勝手な被害妄想です(T T)。ネットの掲示板とかでも、
     気持ちの良い方達が多いです。)

そのうえ、準ドレスコードというか、靴フェチのご本人から
「有志は派手な靴、もしくはハイヒールを履いてきてくれると嬉しい」
というご要望が出され、「うわー 持ってねー!!」と夢に見るほど悩んだ挙句、
「こんな機会1回しかないだろうから、出来ることはしよう」
「まあ、今から履き慣らしとけば、年末に出番があるだろうし(あるのか?)」
と、買っちゃいましたよ。ハイヒール。イトー●ーカ●ーで
でも、今までハイヒール持ってないんだから、ハイヒールに合わせられるような服なんか当然持ってなく、
しかし結婚披露宴に行くような格好も違うんじゃなかろうか?と
さらにワケわかんなくなってる私。

あああ、夏だったら12cmヒールのサンダルがあったのにー!
普段にも着られるようなアオザイもどきもあったのにー!!

結局、今もまだどうしようか決められずに、オタオタしています。

本当はプレゼントとかもね、差し上げたいんですけどね。
文房具とかさー、癒しグッズとかさー、雑貨とかさー
服と違ってこっちは自分もわりかし得意分野だから、他の人にあげるのだったら悩まないのですが、
これもある意味、自分の「お手本」みたいな方ですから、
弟子(自称)ごときが何を差し上げられるというの!
じゃあモノじゃなくて、おいしいお菓子(これはかなり得意分野)でも…と思っても
洋菓子王国・神戸でスウィーツ食べ歩きされている方に、私ごときが以下同文!


……憧れの同性にお会いするというのも、結構悩むものだわねえぇぇぇぇ。

なんかもう、どっかでぷつっとキレて、
セーターとジーンズとかで行っちゃいそうな気がしてきました。
[PR]