カテゴリ:TVの国からきらきらっ☆( 127 )

阿部ちゃん大活躍っす。


阿部寛&黒木瞳が主演…フジ系SPドラマ「遙かなる約束」 : サンケイスポーツ

俳優、阿部寛(42)と女優、黒木瞳(45)がフジテレビ系スペシャルドラマ
「遙かなる約束~50年の時を越えた運命の愛~」(11月以降放送予定)
に主演することが18日、分かった。
終戦直後、スパイ容疑でソ連軍に強制連行され妻と娘から引き離された蜂谷彌三郎と、
「必ず帰ってくるから」という夫の言葉を信じ50年間待ち続けた妻の蜂谷久子、
異国の地で彌三郎を支え続けたロシア人女性、クラウディア・レオニードブナを軸に描く
時代を超え国境を越えた壮大なラブストーリー。


今年の初めに、同じ原作を題に取った
「クラウディアからの手紙」っちゅー舞台を観に行きました。
そのときは佐々木蔵之介さんが主演で、「感動した」とか「泣けた」というより、
「不幸な時代の不遇な境遇を、必死に生き抜いてきたひとりの男」が本当にそこにいるようで、
感情移入した挙句に、そういう時代の不条理にめちゃめちゃ腹が立つ、
という不思議な(?)観劇体験をしました。
もう1回くらい観りゃあ良かった……。
(ああ1段落中に、無意識のうちに「不」って4回も使っている;)

今回、ドラマ版のキャストが阿部ちゃん(←って友達かよ;)だそうで。
(個人的にはちょっと草なぎくんでも観たかった感じもする)
阿部ちゃん、へんくつだったりコミカルな役に定評があるけど、
私としては、去年の大河ドラマ『義経』の平知盛が、
なんてーの? 破滅に向かう運命を引き受けた男のいさぎよさっつーの?
そんな感じで渋くてシリアスで素敵だったので、
一種通じるもののある非常に期待大です。
きっと彼なら、コメントの通り「ただの美談では終わらせない」のでは? ではでは??

(余談:
「義経」のときの奥さんの役が夏川結衣さんで、勇猛でりりしい武将と聡明で美しい妻は
それこそ平家物語絵巻から抜け出たよーなうっとりするようなカップリングだったのですが、
『結婚できない男』を見るたびに「うーん、現世ではこうなるのか…
とちょっと複雑な気分。←いや、好きですよ、すごい)

しかし阿部ちゃん、俳優に転向したてで、つかこうへいの「熱海殺人事件」出たときには
「声張り上げてるだけ」「演技をなめてんのか」とか、
ものすげー批判をいっぱい目にしたのですが、それがウソのような最近の活躍ぶり。
やはし、地道な努力で実力を付けることが、結局いちばん強いんですねぇ。

(映画の「はいからさんが通る」とか出てたときは(あまりにも巨大な「少尉」だった…)
「ああ、この人かっこいいかっこいい言われて消えていくんだろうな」とか思ってましたよ;正直)


舞台では、斎藤由貴演じるクラウディアがすごい良かったのですが、
ドラマだと、ほんとに外国の方がやるのかな。それで黒木瞳の話しか出てこないのかな。
3人の感情の均衡がキイになる話なので、どんな女優さんなのかも期待~。

とりあえず、山手線に乗っては(←ドア上のちっこい液晶TVでCM流れるんですわ)
「ハンカチ王子よりアベール王子だよなぁ」と、根っからインドア派な私は思うのでした。

しかし、かっこよすぎる…(いろんな意味で)↓

友人が、阿部ちゃんの出身大学を卒業しているのですが
在学当時、「理工キャンパス(阿部ちゃんはこっち)には阿部ちゃんのようなイケメンがたくさんいるらしい」
という伝説が、文系女子の間にまことしやかに流れていて、わざわざ2時間かけて見学に行ったらしい;


(ところで、野球にまったく興味のない私に、ハンカチ王子にろーらくされた友人が
「どんな分野でも“王子”とまで呼ばれるのは、その世界でひとりだけなんだ!
(プリンス新庄は違うのかしら…)だからすごいんだ!」
というので、“王子”と付く各界のスーパースターを考えてみたのですが、
「ミッチー」と「テニスと王子様」(見たことないけど)と「王子製紙」しか思いつきませんでした。)

[PR]

今朝の「とくダネ!」、オープニングトークで
小倉がフォードの経営不振話から、
マツダは影響受けるかな、トヨタは好調だけどなどなど、
えんえん車の話をしたあとで、

本日のコメンテーター、デーブ・スペクターに、こう言って↑コメントを振っていた。

親王命名とゆー大きな話題を袖にしてまで、
「確かに大きなニュースだけど別にこれじゃなくてもいいだろう」という題材をセレクトしたのは、
昨日、愛車が炎上した友人へのやさしさ?
小倉なりに解釈した “アメリカン・ジョーク”??
ひょっこりひょうたん島だって“♪だけど僕等はくじけない 泣くのは嫌だっ笑っちゃお 進め”って歌うもんな。

そんな逆説的ないたわりを見せた(のか?)小倉には、
耳寄り情報として、映画「ヅラ刑事」のカミングアウト割引について、
そっと耳打ちして教えてあげたくなりました。


でも記事中で「スペクター氏」とか書くと、なんか外人さんみたいですね。
(↑なにか認識が間違っている…)

[PR]

本命 : 松たか子 (←しかもほぼ「鉄板」かと)
対抗馬 : 寺島しのぶ
大穴  : 木村多江

予想していたわたくしですが、

(その後、脚本が田渕久美子さん(「離婚弁護士」)ってことに気付き、
「あー 天海祐希ってのもアリだなー。松と対はる大物感だなー。
でもお姫様のかつらつけたら巨大だなー」とか思ってましたが;)

今回ばかりは持ってかれました。ぶっちゃけ度肝抜かれました。


宮崎あおい08年NHK大河ドラマでも主演 : 日刊スポーツ
NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」の主演女優宮崎あおい(20)が、
08年大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」にも主演することになった。
高い演技力が評価され、
大河史上最年少の約22歳1カ月(放送開始時)での大抜てきとなった。


(ちなみに記者発表の際のプロデューサーさんの発言
「ほかに(できる女優が)いたら教えてください」
いや、だからこう、いろいろと予想して遊んでたワケで;)

うをを。フレッシュだ。なんてフレッシュなんだ。大河ドラマなのにっ。
こんなにフレッシュだと、あの『大奥』の女の情念ドーロドロが描けるのか、
心配です。とっても心配です。
ってよく考えてみたら、原作はそこに注力されているわけではないので; いいのか、別に。
(しかし、全国1千万の「大奥」好きOLとしては、あんまりさわやかなのはちょっといただけないな……)

しかし、寺島しのぶを対抗馬にするときに
「『純情きらり』でのNHKへの貢献度」を理由に挙げましたが、
まさかふえ姉ちゃんではなくて桜子ちゃん(どっちも役名です)がくるとは思わなかったわ。

宮崎あおいちゃんは、朝ドラ1作しか知らんのですが、
確かにいい女優さんかも、と思います。作品そのものを引っ張ってく牽引力のある女優さんと言うか。
大河の主演としては『最年少』とのことだけど、
史実の篤姫が活躍した年代と比べて、ものすごく若すぎるというわけでもないし。
ちょっと楽しみですね♪
(でもやっぱり全国1千万の「大奥」好きOLとしては、ドロドロな女の戦い観たかったな……)

ただ、ここですごーく実績として挙げられている「純情きらり」は
彼女ひとりが良いというより、脇のお姉ちゃん2人とか(私今回井川遥を見直しました)、
西島秀俊さんとか、いい感じのキャラを周りに配置したことも理由だと思うんで、
大河も、やっぱり周りの布陣が、もしかしたら主演以上に重要かもかもです。

ってことで。
北村“上様”一輝・「篤姫」に上様続投推進委員会(略称:北上委)は
今後も鋭意招致活動を続けて参ります。
(宮崎あおいとの2ショットは怖いが、この際、これはこれでよしとする)
二次キャスト決定までの今が正念場です!会員随時募集中です。
活動内容は「一輝が上様だったらいいな」「一輝が上様だったらこんな感じかな」と
ドラえもんのオープニングテーマのように、ひたすら夢想することです。
いつでもどこでも実行でき、かつ、特別な道具や寄付金も要りません。
会社勤めや家事や犬の散歩とも比較的両立は容易です。(のめりこみすぎるとちょっと危ないけど)

あ、合わせて14代家茂公(原作ではとっても好青年)には、達彦ぼっちゃんなんかどうかしら?
日本人なのに、なんだか「韓流」のあじわい・福士誠治くん。ちょっといい感じです。
あと10年たったら、ミン・ジョンホ様(@「チャングムの誓い」)にもなれそうです。なってどうする。
[PR]

ジャニーズのことはよく知らないが、
俳優・草なぎ剛のことはもう大ファンじゃて、
特に前2作品はもう大好きじゃて、
今日の「めざまし」での第一報で興奮しました。


草なぎ「僕の歩く道」で3部作完結 : スポニチ

SMAPの草なぎ剛(32)が10月10日スタートのフジテレビ系新ドラマ
「僕の歩く道」(火曜後10・00)に主演する。
これで03年から主演してきた“僕”シリーズが完結する。
第1作「僕の生きる道」(03年)と第2作「僕と彼女と彼女の生きる道」(04年)は
「僕生き」「僕カノ」の通称で親しまれ、ともに高視聴率を獲得。
それぞれ愛や死、親子の絆(きずな)をテーマにしたヒューマンドラマで、
視聴者の感動を呼んだ。


今回は
「先天的な障害で知能が6歳児までにしか発達しなかった31歳の自閉症の青年」
役だそーで、
ふーむ、「アルジャーノンに花束を」的な感じなんでしょうか?

「アルジャーノン―」といえば、
盟(迷?)友・ユースケサンタマリアがやってたっけ。
山崎まさよし主演の「奇跡の人」とか、古くは和久井映見主演の「ピュア」とかあったなー…。
なんとなく、やりつくされた感のある題材かな?って印象は否めないー。

とはいえ、そこは橋部さん脚本×草なぎくんの演技力で、
どんな物語になるのか、やっぱり楽しみだわ。
きっとなにかがどっかちがうはず。
ピュアなだけじゃない、草なぎくんが、現実と対峙しながら、
地に足をつけて「歩く道」だといいな、と思います。

そんでもって見逃せないのは共演陣
これまでの「僕」シリーズでも好演してた
浅野和之、小日向文世、大杉漣、長山藍子に、
初出演組も、橋部作品で欠かせない若手女優(地味なんだけど;)・本仮屋ユイカ、
主治医に、「ブラックジャックによろしく」で研修医だった、割と良い味を出す加藤浩次、
前作で“凛ちゃん”というスターを生んだ子役枠(?)に須賀健太くんという実力派を投入。

さすが、わかってる! わかってるね、関テレ~~~!!
と膝を打ちたい布陣。これで幕府も安泰じゃ(意味不明)。

そしてそして佐々木蔵之介さんが出るのね~~!!
役柄についてはまだ情報ナシですが、
「僕行き」と設定が似ている「ラストプレゼント ~娘と生きる最後の夏~」と、同じようなポジションでしょうか?
(そういえば、あのとき娘役は福田麻由子ちゃんでしたっけ。
こないだ舞台で見た。大きくなってた。女の子の成長って早い……。)

演技力の高いもんどーし、草なぎ君とのコラボが、個人的にはいちばん楽しみかも。

あと、もうひとつ欠かせない要素は、音楽か。
やっぱり、主題歌は「&G」じゃなくて、まっきーにしとけ
歌うのはSMAPだろうけど。

とりあえず、9月くらいには前2作の再放送があるだろうから、
録画準備して待ってます。
綾瀬はるかはあれから出世したなぁ~。
[PR]

先日
「谷原章介の戦国武将姿が見てみたいが、どの武将役が良いか思いつかない」

とかホザいていた私ですが、実はその1ヶ月も前に


来年の『風林火山』への出演が決まっていたのねーん!

(今川義元で。そうか、その手があったか。)
って、それだけでなく

蔵之介さんも出るのねーん!!

ああ、なんという不覚。バカっ!あたしのバカっ!!

主演のウッチーといい、信玄役の亀治郎さんといい、
来年の日曜の夜は、煩悩まみれでございます。
あーダメ、しんじゃう。

全話コンプリートだよ、こりゃ。

[PR]

確か3ヶ月ほど前、何かの舞台を観に行ったら、
劇場併設のカフェに津川雅彦が座っていた。

しかも、いちばん外側のちょーガラス張りの席で、
体ごとこっち(観客がたくさんいる側)を向いていた。

「たった10分がそこらの休憩時間に、なぜわざわざそこでお茶を……?」

そのときは
「きっとアレはバカみたいに見事にたくわえられたヒゲを
みんなに見せびらかしたかったのに違いない」
と無理矢理結論付けたのですが(本当にものすごいヒゲだった)
このニュース↓を読んで、
実はガラス越しにグランパパに観察されていたのは、
ヒゲの量に圧倒されるこっちの姿だったのかも
という気がしてきました。

[旭山動物園]津川雅彦さんが一日園長

[PR]

あれはもー、かれこれ20年も前でしょうか。
大河ドラマ「独眼竜政宗」で、
いかりや長介演じる猛将・鬼庭(って名字がすでにイイ)左月の息子役で、初めて彼を見ました。
当時、ニキビ跡が顔にボコボコあった彼は、主演の渡辺謙と同年代の20代半ば。
怖い親父にびしばしやられながらも、同年代の主君とともに成長し、
長じては良き片腕となっていく武将・鬼庭綱元を好演していただよ。

そんな、地味だけど堅実っぽい役を演じるとハマる彼を見て、
そのあと別のドラマでも目にするたびに、常々
「この人、気立ての良い嫁が来るといいなぁ」と思っていたのですが、
さすがに最近はもう40代。
この前「純情きらり」では、大きな息子のいるお父さん役もやってたし、
きっとプライベートでも、私の知らないうちにとっくに結婚したと思っていたさ。

と思ったら。



村田雄浩さん:20歳年下、中江里香さんと結婚へ : 毎日新聞

20歳年下ってのもびっくりしたが、
そんなわけで「まだ独身だったんだ!」ということに驚きました。

満を持してってやつかい。

しかし、私の苦手な橋田ファミリーに入っていたとは。まったく知りませんでした。
記者会見に出てきたよ、ピン子が……(泣)。


先週末、外付けHDDのデータを整理していたら、たまたま
2人が出会ったという、「ショムニ・ファイナル」のMPEGファイルが出てきた
(録画したまま、すっかり忘れていた)ので、
DVDに落としました。あれは予兆だったのか。いや違うとは思うけど。
改めて見てみるか。いや、その前に録画したまま1回も見てない「ダンドリ。」に追いつかないと。
[PR]

名言シリーズ(?)第2弾。
今回は、支店長ズの決意表明より抜粋。で、「支店長ズ」って、何?



あの支店長ズが帰ってきた!
「支店長ズwith森三中」篇と「アンコール」篇の2篇を制作

(↑CM動画へのリンクもこのページに)

2004年、香りぷるぷる♪が話題のトイレ用消臭芳香剤「トイレの消臭ポット」のCMに、
当時の支店長をはじめとする営業幹部計14人が「支店長ズ」を結成、
子供の振り付けに合わせて踊るという異色のCM"ぷるぷる講習篇"が大きな話題を呼びました。
…中略…
こうした反響の大きさから、新支店長や新部長が新たにメンバーに加入、
計18人へと拡大パワーアップした「支店長ズ」として2年ぶりに結成されCMに登場することになりました。
今回は、「日本国中をぷるぷるさせたい」と、営業幹部である支店長ズが体を張って「トイレの消臭ポット」をアピールする特別公演で、一日支店長を任命されたタレントの森三中さんと一緒にオンステージ。
「支店長ズ」を率いる少女を中心に、スポットライトによる光と影の中で踊る「支店長ズ」が観客から喝采を浴びる"支店長ズwith森三中篇"と
観客からのアンコールに応え、
ステージに再登場する"アンコール篇"の〔支店長ズ 特別公演〕ステージの模様を描いた2篇です。



私も、たまに見かけるこのCM好きだったんですけど、
「なんで支店長…?」ってのは疑問でした。
本当にみんな支店長だったのね。

最後に付記されている「CM出演者リスト」には、
当然ながら、「札幌支店支店長」だの「東京支店支店長」だの
「営業本部営業推進グループ部長」だの、肩書きがズラ~リ。
(◎印付きは新メンバーらしい)
付記された「大切なもの=家族」なんて、プチ情報も見逃せない。

ちなみにこのCM高校生に人気らしい。
感性が若いな~、俺。
[PR]

うわー。格好ええ!! 言ってみてー!!ぎゃははは。



NHK「功名が辻」で唐沢の前田利家が再び! : サンケイスポーツ

俳優の唐沢寿明(43)がNHK大河ドラマ「功名が辻」(日曜後8・0)に、
14年の大河「利家とまつ」で演じた前田利家役で出演することになり
18日、東京・渋谷区の同局で収録を行った。
「功名が辻」に出演する上川隆也(41)とは
フジ系「白い巨塔」での共演をきっかけに親交を深め、
「お前が大河をやるなら出てやるよ」という男の約束が発端となり実現。

俳優多しといえ、弱冠40ソコソコで「出てやるよ」で
大河ドラマに出てやれる俳優って、何人いるんだろう。
すげぇカッキーぜ、唐沢……。

前田利家っつー武将は、戦国時代をドラマにしたときはイマイチ地味だけど、
必ず重要人物として出てくる、プラス 悪いイメージがあまりないので、
このまま「利家俳優」として定着するのは、ナイスな戦法と思われます。はい。
この時代、ドラマの舞台の頻度バカ高だもんね。



個人的には、
「谷原章介の戦国武将姿が見てみたい♪」
とか思うのですが、この時代で
“さわやかなイケメンなのに、いまいち女性の心をつかみきれないでふられる婚約者”ぽい武将が思いつかないので、
(石田三成も、ちょっと違うよなー。高山右近とかか? でもワイルドさも欲しい。
意外と粘着っぽく細川忠興をやると似合いそうだけど、やっぱり格好いいのが良いじゃん)

本日は保留。
[PR]

小栗旬でコナン初実写!アニメ10周年企画で秋にドラマ化 : スポーツ報知


“コナン”役には、原作の青山剛昌さんの希望で、
映画「ウォーターズ」で主演した小栗旬が決定。
小栗は「青山先生の作品は『YAIBA』に始まり、
『4番サード』、『まじっく快斗』、『青山剛昌短編集』にいたるまで読んでいた。
ファンなので、恥じぬよう頑張ります」。

待て。話を整理しよう。

小栗旬を説明するのに「『ウォーターズ』で主演した…」というのが適切かどうかさておき、
コナン君って、ナカミはアレですけど、外見は小学生じゃなかったか?
それをやるんですか?旬が?

・・・・・・ってのは、斜め読みの早合点で、
アニメ放送10周年の記念企画で、コナンが薬により小さくなる前の高校生時代を舞台にしたもの。

らしい。てことは高校生か。

うーん、それならまだしもだわ。
良かった。子どものナリして
「蘭ねえちゃん、一緒にお風呂に入ろうよ」
とか言わなくて。

って、そんなことは小学生のコナン君でも言わんわ。
  ↑
うちの彼氏が、「自分がコナンだったら絶対に言う!」と
アニメを見るたびにほざくんだ、これを;
[PR]