カテゴリ:ヲドルだめ女日記( 87 )

b0043827_16292976.jpg

の主題歌でおなじみの(おなじみなのか)映画 『ヅラ刑事』
今週のどこかで観に行こうかと思っていたら、
急遽渋谷に外せない用事ができたので、
観てきました。
(1階下では、『水曜どうでしょう』EXPO開催中でした……)。

>>>>>> 以下、ネタばれございます。

ズルい。
ズルすぎるわ、もう。

だいたいが、必殺兵器が「モトヅラッガー」て。
「ヅラを投げるモト冬樹」って絵柄だけで、笑うに決まってるじゃないか!

説明しよう! 「モトヅラッガー」とは、モト冬樹扮する源田刑事(通称:ヅラ刑事)の必殺技で
頭に装着したカツラをブーメランのように投げることで、相手を一撃で倒すのだ!

(しかも、映画冒頭に倒す相手=立てこもり銀行強盗犯が「腹話術の人形」。
↑腹話術師」ではなく人形。「やめろお!なんでこんなことするんだよケンちゃん!」と泣いてすがる腹話術師を
「うるせえ!俺はもう操られるのはまっぴらなんだよ!」とびしびし殴る人形のケンちゃん……ズルい)


そのうえ、盲点だったのは、
武器=カツラなんだから「いざ使うとき以外は頭上に常駐」って当たり前すぎる事実なんですが、
「あからさまにそれと分かるヅラを装着したモト冬樹」
っていうのが、これがまたかなりズルい。似合ってねー!
やめろぉ! その頭で、そんなに戸惑った表情をしてみせるのはぁ!(大笑)
見慣れるまでにけっこー時間かかりました。

あと、何気にズルいと思ったのは、ドクター中松。
ヅラは実はそれ自体が一個の生命体なのだが
(犬のように、自らに染み込んだヅラ刑事のにおいを頼りに、彼の行方を捜したりする…)
それを開発した博士役のドクター中松が、うつろな目で、すっげえ棒読み。
そんなのもう、飛び道具の域じゃんかよ! な破壊力。
実際、映画の中でも、刑事たちが神妙にヅラの説明を聞くシーンなのに、
なべやかんが一回吹いていた(たぶん素で←でも使っちゃうのね、NGじゃなくて…)。

と、かなりズルい笑かせ方満載なのですが、

個人的に結構感心してしまったのが、
「太陽にほえろ!」とか、あの当時(昭和50年代前半くらいでしょうかね)の刑事ドラマのパロディとしては
「よくまあ、こんなとこまで!」ってくらい、忠実に再現しているところ。

警察署の名前が「花曲書」(「太陽―」は「七曲署」)なのにはじまり、
捜査一課の構成員が ボス+全員愛称で呼び合う刑事たち+紅一点のお茶くみ婦警さん だったり、
犯人グループの女が、アジトに潜入したヅラ刑事を捕まえて
「飛んで火にいるなんとやらね!」って、言わねぇだろ今どきな言い回し満載な台詞。
(新しい配属先で自己紹介するときに、
初対面の相手に「俺のことは○○って呼んでくれ」とか言われたら、今だったらきっと、ヒく)


生まれてすぐの頃から、裕次郎好きの母親に「太陽にほえろ!」を見せられ、
「♪わーたーしーだけの十字架ー」と
「特捜最前線」のエンディングテーマが十八番の保育園児だった私には、

ちょっとたまらん。

わざとそうしたのか、ちゃちく撮ったらそうなったのかわかりませんが、
画面の色合いも、ちょっと茶にすすけた感じで、
「あー 平日の3時とか4時とかに、こんな画質で再放送見てたよな」
と、ちょっとノスタルジー入りました。
キャスト/スタッフロールのフォントも、当時とそっくし(笑)。
事件が解決した後、捜査一課の室内で、和気あいあいとする刑事たちの姿が静止画になるラストカットまで
(このパターンも昔の刑事ドラマには多かったなぁ…)
「もしかしてこれって、監督の愛あるオマージュなのかしら?」
って思えるポイントが随所に見受けられました。

これはやはり「日本沈没」(1973年版のほう)を見た上で、
同じ監督の「日本以外全部沈没」を観に行くべしかな。

こんな感じで、観てる人たちも声に出して笑っちゃうような映画だったのですが、
オヤジ刑事(オヤジギャグばかり言う)が
「橋幸夫が驚いたら、むひょー!!
と言ったときに、それまでと同じ調子で「はははは」と笑ったら、
館内に響いたのが自分の声だけで、ちょっとへこみました。


レイトショーにも関わらず、結構盛況で(意外と若い女子が多い)
開映前から並んで入場したんですが、
みたところ、カミングアウト割引した人は見かけなかったなぁ。
でも、あとからギリギリになって場内に入ってきた人たちが、
なぜかそろって頭髪があっさり風味な方たちばっかりだったので、
「もしかして、カミングアウトする人は、空いて人目がなくなってから来るのかも」
と勝手に推測してみたり。
[PR]



それは俺。

ってことで、ひとり反省会です。

つい先日、「純情きらり」の最終週をまとめて観ていたら、
最終回に到達する前にハハに結末を聞かされて激怒

していた私ですが、

やらかしてしまいました。(猛省)

昨日、会社で後輩と
「最近『アンフェア』の再放送やってるよね」
「あー今度特番やりますもんね」
と他愛のない話をしていたのですが、
「あれさー、最後結局●●(←真犯人の役名)じゃん?」
と、ついポロッと。

次の瞬間
「あ…あたし、今ちょうど、再放送をリアルタイムで見てたんですよう…
えー●●だったんだ…」
と後輩がフリーズ。

推理小説好きで、同じことをされたらまず顔赤くして怒るであろう私。
向こうは「いや、いいですよ、過程を楽しみますから…」
と言ってくれた(でも寂しげ)のですが、平謝りでございました。


でも今日、新聞のTV欄みたら、特番の紹介文に
「連続殺人犯の●●が死んでから○ヶ月…」
って、ばっきり書いてあったので、
なーんだよー私だけじゃないじゃーん
という気分になりました。


……瑛太くんっていいよね。
とか、さりげなーく、なにげなーく、意味もなーく、書いてみたりして(笑)。

[PR]

さっき、同僚(30代前半男性)と雑談をしていて、
「そーいや、EXILEの新しいボーカル決まったんだねぇ~」
と何気なく旬な話題をふったところ

「え? エグザイルって何? エクセルファイルの略?

と言われました。本気で。
なるほど、Excel Fileね…
って感心してる場合かいな。

そうか、どうりで君とカラオケに行っても、
まだ20世紀のうちにリリースされたミスチルのシングルしか歌わないわけだよ…。

なお「じゃあ、レミオロメンなんか知るわきゃないよね」
と、さらに難易度をあげてみた(?)ところ、
「アルファロメオ?」と聞きかえされました。車だからそれは。

[PR]

渋谷に、蜷川さん演出の「オレステス」を観に行きました。
(感想は、もいっこのブログのほうにて)

終演後、アンケートに感想を書くときに、
「精進」の「進」が思い出せず、仕方なく「しょーじん」とひらがなで書く。
そしてふーやれやれと劇場を後にしたのですが、
アンケートに書いた、ある俳優さんの名前が、ちょっと違和感があるような…

チラシを取り出し、表記を確認。

「しまったー!
『北村有起さんが良かったです!』
とか思いっきり書いちまったよー!!!」
(正解は、北村有起さん)

自分がアホなのはまだいいとして、
人様に知らないうちに無礼を働かないよう、しょーじん、違う精進したいと思います。
「鉛筆で奥の細道」でも買うか。


と思ったわけじゃなくて、単に地元の本屋に置いてなかったからなんですが、
劇場のそばのブックファーストで
海野つなみさんの「後宮」2巻を買ったら、
直筆サイン本でした♪ 嬉しい…。
やはり手書きは大事じゃのう。

[PR]

「ステキな結婚祝い」として、紹介しましたが、
とうとうExcite Bitにまで取り上げられてました。


あの「エスパー伊東」が個人で呼べる!? : Excite Bit
「エレクトリカルパレード」の音楽とともに「バッグに入って」入場したり、
熱々の流しそうめんを食ったり、扇風機を舌で止めたりと、
危険すぎるネタで知られるエスパー伊東。
8月26日放送の「めちゃイケ」でも大活躍だった彼が、なんと個人で呼べると耳にした。
しかも、テレビの仕事よりも「むしろ結婚式などでの営業がメイン」というではないか。
  ~中 略~
「結婚式余興の場合、通常は20分程度。
だいたいのお客様が、エスパー伊東の存在を登場までナイショにしております。
登場のとき、司会者から『お二人のご結婚を祝して、素敵なプレゼントが届いております!』
と紹介され、リボンの付いたバッグ(エスパー伊東入り)が届けられるというシチュエーションですね」


って、去年だったら完璧ひとごとだったのですが、
うちの妹が結婚して、年内に式を挙げるべく場所を探しているのですよ。
でも、どうも披露宴の内容までは頭が回っていない模様。

ここはひとつ、優しい姉がポケットマネーで呼んであげるか、エスパー伊東。
(いや、自分が見たいだけなんですけど)
♪みっつもりーだ、見積もりだっ (これはハナコアラ風に)

でも、この秋結婚予定の同僚に「どうよ?」と見せたら
「……ちょっと引くかも」と言われました。

しかし一方

「友人として出席した結婚式でエスパー伊東の芸を見た人が、
自分の結婚式に呼んでくれるというケースも非常に多いのだそうだ。」

ってんだから、期待度も高い。結果を残す男・エスパー伊東。


いっとく?
[PR]



エッセンシャルオイル、誤飲
。←しかも会社で;

ちなみにペパーミントのオイルね。
飲み込む瞬間に気づいたので、ほんの少量なのですが。
とっさに水1リットルを一気飲み。薄めろ!薄めるんだ!!

とりあえず、この先どうしたらいいのー!?
と、泣きそうになりながら検索。
ヒットするのは「誤ってお子様が飲み込んでしまったら」
……すいません。大人です。すいませぇぇぇん(泣)。

(ちなみに吐かせたらダメで、水を大量に飲むのは正解だそうです。
おおー。すばらしいわ、私の野生の勘!ていうかそれ以前に誤飲すんなよって話だよ)


もしも体に変調があったら病院に行こう!と思いつつ、
内臓がなんとなくスーッとするのが、
ペパーミントによるものなのか、ひえひえの水を一気飲みしたせいなのか、
判断に苦しむ。でもとりあえずそれ以外は何事もないので、ほっときました。

翌朝、はずかしながら、尋常でない快便。
ペパーミントにはデトックス作用があるそうだけど……
いやいや、ちゃんとした摂取方法にしとこう。


そもそもなんでこんなことになったかというと
  ↓
ぼーっとしながら、デスクの上のアロマポットにミントのオイルを足したら、
そのときに飲みさしのコーヒーに垂れてしまった(らしい。推測)。

なんでぼーっとしてたかというと
  ↓
先週見た平井堅ちゃんのライブを思い出していたから (←バカ)
  
でもちょっと、「ボーっとして生きるのもたいがいにしよう」と思いました。
死んだらライブも行けないじゃないか。
今後は生命維持できる程度に、うっとりすることにします。

[PR]


こっちに向こう宛てのコメントをいただいたりしたので、
もうここらでゲロっとこうかしら。恥ずかしいけど(ポッ)。

このあいだからしれーっと左のリンクに追加してますが、
夏前から、ここ↓のオフィシャルガイドをやっちょります。

  駅前プログ : 汐留
http://guide.ekitan.com/shiodome/

観光などでお立ち寄りの際には、お役立てくださいませ。
汐留OLっつうかさー、中身は新橋のおっさんなんですけどー。

一応、最初のうちはキチンと書いていたのですが、
慣れるに連れて、どーも地が出てきてしまい、同僚に
「なんか、普段のメールの文面と似てきたよね…」
と言われる今日この頃。

[PR]



無事、おとといの深夜に広島から帰ってきました。→旅日記はココから
昨日から会社も通常営業。

とはいえ、
はぁ… 夢見ゴゴチでございますよー。

というか、本当の自分はまだKen's Barの会場にいて、
今ここで
「月末だから請求書そろそろ経理に出さないと」とか
「だっとさん、スケジュールもう切った?」
とか言われている私は本当の自分ではないに違いない
(と言ったら、後輩に「怖いですから」と戒められました)

月曜のライブ終了してから昨日までは、
「ああ、この夏の堅のライブは、すべて終わってしまった…」
「ああ、今度あんなに近くで堅の歌を聴けるのは、いつになるのやら…
って、もう二度となかったらどうしよう~~(号泣)」
と、極度の燃え尽き症候群により、母からは「当分静かでよい。」と好評でしたが、
今日あたりからやっと「あー楽しかった♪」と、
思い出し笑いが止まらずに、気色悪がられています。

堅ちゃん、年末のライブは、札幌でお願いします。
TVで見て以来、どーしても食べてみたいんだけど、
「お取り寄せ不可」のシュークリーム
があるのです。
……って言ったら、
母に「別に平井堅がいなくても、勝手に旅行すりゃいいじゃない」
と指摘され、目からウロコでした。
いやー……私いつも旅行したいと思っても、
自分で行き先と日程が決められないから(迷うから)、
最近の旅行って、常に堅まかせなのよね……。

堅ちゃん、会社の保険組合の補助は、今年度はあともう1回つかえます。
北海道でも沖縄でも、たぶん2万を切る価格でいけると思います。
会社を辞めちゃわないうちに、よろしくお願いします。

そういえば、7月に福岡の野外ライブを観に行っているうちに、
妹が結婚して名字変わって引っ越していたという大激動があったのですが
(たった1泊だったのに)
今回は3日間出かけてたけど、特に家も会社も変化はなかったです。ち、つまらん。


結局、着付けと髪(アップ)は美容院でお願いしたのですが、
夏休み最後の土日も終わった月曜だってのに、浴衣着ようっていうんだから、
たいそう不審がられたことじゃった。(でも500人くらいの観客のうち、6,7人いたぞ)
「平井堅のコンサートに行くんですよ~♪」と言ったら、
着付けてくれたオバちゃんも、髪をセットしてくれたお姉さんも
「(崩れないから)暴れても大丈夫ですよ」と送り出してくれた。
(↑しかもそれぞれ別々に言われた)

「えー堅ちゃんのライブって、意外とイケイケなイメージー?
それとも私がよっぽど暴れ牛な感じだったの?
とちょっと悩みつつも、まぁ、Ken's Barだから暴れたりしないもんね、と思っていたんですけど。

4時間後。

「POP STAR」で踊りまくって、
両袖がめくれあがったタンクトップ状態の自分が会場にいました。
(しかも、草履のくせしてピョンピョン飛んでた…)
うーん、他人から見たイメージって、あなどれねー…。

(ちなみにどっちも崩れなかった。
ライブの後、「まだ脱ぐのもったいねー!」と飲みにも行ったが、深夜まで崩れなかった。
さすがプロ!)

[PR]

明日から広島にいってまいりまーす。
気分的にはダーツの旅です。

“しゃべくりたいことはたくさんあるのに、相手のいないひとり旅”のため、
もしかしたら前回の福岡のときと同じく、
もういっこの、壊れかけてるブログ
ちまちま状況報告を入れてるかもしれませんですー。

話す相手がいなくて、ブログを更新する女…
なんか間違っている気がする……;

小学校2年生のとき以来、浴衣着ます。
東京から持参です。おかげで荷物が多いったら!
(こんな時間まで荷造り。明日7時起きなのに…)

ひとりだから見せる相手もいないうえに(下手したら、写真も撮れない)
親には「平井堅がお前を見てくれるわけでなし…」と暴言を吐かれました。

むなしくなんかない、むなしくなんかないったら!


余談ですが、交通費宿泊費で、通常4万くらいかかるところを、
保険組合の補助の出るツアーだもんで、1万円台になりました。
久しぶりに(おととしそれで長崎に行った以来←やっぱり堅を観に行った)
「会社員続けてて良かった…」って思いました。
でも、楽しみにしすぎて、先週末の会議中に、上司から見える席で
えんえん旅のしおり(イラスト入)を作っていたので、
いつまで会社にいられるかわかりませぇん。えへ。

[PR]

ウチの彼氏は、男系全員もらさずハゲという、
呪われた血筋の生まれなのですが、
先日「あるある大辞典」で
ハゲ防止には イソフラボン+カプサイシン を摂取すると良いらしい
というのを観て以来、
毎食「冷奴に七味唐辛子」という組み合わせを食しているそうな。

お盆に帰省して、親父(フロント部分が危機感に満ちている)にも教えたところ
息子以上に極端な性格の親父は、
冷奴の上部が真っ赤に染まるほど、七味をぶっかけて食ってるらしい。
そんなに食して、かえって毛に良くない刺激を与えてはいないだろうか?
それにイソフラボンて、女性用の「産毛を薄くする」化粧水には必須の成分なのに……

効果は……「なんとなく効いている。よーな気がする。たぶん」

んで、ハゲを回避して、強靭な地肌を手に入れた暁には何がしたいかと聞いてみたところ、
答えは

スキマスイッチの常田くんみたいな頭にして、鹿鳴館の舞踏会に行く」


・・・・・

ツッコミどころは多々あれど、ありすぎて何から言えば良いのかわからず、
絶句する私。

そもそも鹿鳴館ってまだあるのか?
浜松町でやってるアレのことかしら?


ところで相変わらずハゲに囲まれて仕事をしているんですが、
そうゆう人たちに
「ハゲには イソフラボン+カプサイシンがいいらしいっすよ」って、アドバイスしてもいいんだろうか?
かえって傷付けるだけだろうか。
あーでも私もいきなり「マイ●ロダイエットって効くらしいよ」って言われたら、ちょっと落ち込むかも。
やめとこ。

[PR]