カテゴリ:大奥( 30 )

いまさらながら、年末年始に観たドラマの話なと。
気付けば時代劇ばかりなり。

まず年末の29日に『大奥スペシャル~もうひとつの物語~』

深田恭子が大奥の新米見習いで、貫地谷しほり(私、結構好きなの)との友情や
純愛・悲恋がテーマ。
面白かったのだけど、あまりにもサワヤカだったので、
(従来の)『大奥』好きとしては

「もっとドロドロしてぇ…」

背脂ゴテゴテのとんこつラーメンが食べたかったのに、
間違って98kcalのカップ春雨ヌードルをコンビ二で買ってきちゃった、みたいな。
でも、「いつものはキツすぎるけど、こういう話は好き」って人も絶対いるだろうからな。
若手俳優ばかりでも見応えが合ったし、良いんじゃないかと。

でもやっぱり、もっとドロドロ……。

ラストが、映画版『大奥』と話がつながっていて、
「あ、ドロドロが好きな人は、こっちで観てね」ってことか?
そういや、木村“御台さま”多江をはじめ、高島礼子、松下由樹といった
レギュラーのドロドロ女優陣は、顔見せ程度の出演だったしな。
(浅野ゆう子だけはキーパーソンだったけど)

ああ、思うツボにはまりましたか? 私。

にしても、悲恋の発端となった、将軍家暗殺計画のそもそもの原因が

「上様が犬小屋増築費用を踏み倒し
そのために藩が取り潰されたから」

ってのが素敵すぎる!
禁じられた恋に命を散らした若い2人をみて
「ああ、犬小屋くらい建ててあげてればこんなことには」
とか、ちょっと涙しました(あまりのアホらしさに)。

[PR]

by datto2004 | 2007-01-12 18:51 | 大奥

ためしに「大奥」「明治座」で検索したら、
大昔にも小暮実千代の「大奥物語」とか
「新大奥シリーズ 乱菊の女」なんてーのがあったようです。
そう思うと、当然の帰結?


「大奥」来年10月明治座で舞台化 : 日刊スポーツ

フジテレビの人気時代劇「大奥」が
来年10月に東京・明治座で舞台化されることが29日、分かった。
12月には仲間由紀恵主演の映画版も公開予定で、ドラマから始まったブームは舞台にも波及した。
( 中 略 )
今回の舞台化では、最高視聴率17・3%を記録した第1シリーズとほぼ同じ設定。
出演も大奥総取締の滝山に浅野ゆう子、将軍家茂に嫁ぐ皇女和宮に安達祐実、
奥女中初島に木村多江とテレビ版と同じ顔触れで、
重厚な時代劇の中で笑いを巻き起こした
奥女中トリオ「大奥スリーアミーゴス」の鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希も登場。
また、家茂の母・実成院は江波杏子がふんする。
スタッフもテレビ版と同じく、演出を林徹氏、脚本を浅野妙子氏が担当する。


「第1シリーズとほぼ同じ」と言いつつ、ナニゲに主要キャストが抜けている。
天璋院さま(菅野美穂)は?
まる(池脇千鶴)は??
ってことは、和宮様ご降嫁前後にスポットを当てたストーリーになるのだろうか。

となると、当然、家茂公も結構キーパーソンだと思うんだけど、
書いてねーなー。
キャスティング調整中かなー。
たぶん、TVの続投⇒葛山信吾だろうなー。
そうでなかったら、山口馬木也さんあたりかなー。
でもきっと「ウチの上様」ではあるまい。13代目ならともかく。
いや、でもわからんな。
蜷川演出の影響で、そんなさわやかさんな役もくるかもしれない。
そしたら北村“上様”一輝・「篤姫」に上様続投推進委員会 (略称:北上委)は大喜び♪

新橋演舞場とか明治座とか、
着飾ったオバちゃん(株主優待券所持率高し)が集って観るよーな、
ゴーカでのったりした芝居、結構好きなんで、今から割りと楽しみ(笑)。

あ、夜の部だと、終わってから明治座のまわりでメシ食うとこないので、
休憩時間に館内のレストランで食べるか、中で軽食買うか、あとはあらかじめ持込みっす。
明治座デビューの若い皆さんは、ご注意ね!
[PR]

by datto2004 | 2006-10-31 12:35 | 大奥

なんて、筑紫哲也的にひねりナシおっさんコメント↑を言ってみました。



映画「大奥」撮影中にぼや : スポニチ

14日午後零時20分ごろ、京都市右京区太秦西蜂岡町の「東映京都撮影所」で、
映画「大奥」の撮影中に遮光用の黒のビニールシートなどが燃えるぼやがあった。
撮影スタッフが消火器で火を消し、俳優やスタッフら約40人にけがはなかった。
右京消防署によると、焼けたシートは照明器具の真下にあったといい、出火原因を調べている。


だから毎シリーズいちいち燃やしすぎなんだって……。
[PR]

by datto2004 | 2006-10-16 15:53 | 大奥


と、私が脚本家だったら、この台詞↑を入れたいところなのですが。
いかがでしょうか?


フジお局アナが「大奥」出演へ : スポニチ

人気テレビシリーズを映画化した「大奥」(監督林徹)に、
フジテレビの阿部知代アナ(43=86年入社)らが出演することが決まった。
将軍が練り歩く江戸城の御鈴廊下の両側にずらりと並ぶ大奥の女中役。
昨年入社したばかりの平井理央アナ(23)、遠藤玲子アナ(24)、
00年に入社し昨年寿退社した千野志麻アナ(29)を引き連れ、
江戸時代に激しいバトルが繰り広げられた女の園に乗り込む。
  ・・・中略・・・
阿部アナは
「フジテレビアナウンス室のお局(つぼね)が、まさか本物の大奥に入れていただけるなんて…。
入社21年目、しぶとく会社に居続けてよかった」と感激しつつも、
「撮影後、その気になってかわいい後輩アナをいじめそうで自分が怖い」
とすっかり役になりきっているようだ。


プロデューサーいわく
「女子アナの世界もまさに群雄割拠の戦国時代。
その戦国を日々戦っているベテランから、
これから幾多の修羅場を経験していくであろう若手まで4人を選んだ」

とのことですが、まさか“鏡のウラを削ってお茶に混ぜ”たりはしまいよ;

乳間アデージョ・阿部千代のインパクトの前には、
「平井理央出すなら、やっぱひとことくらいは台詞付けるのか?」とか
「千野って辞めた後のほうが出てるんじゃね?」とか
そんな小娘まわりの感想など、一気にどうでも良くなるのですが、

逆に高橋真麻の不在が、ちょっと気になる。

高橋英樹が自粛したのならそれでいいのだけど、
桃太郎侍の威光を持ってしても、太秦が首を縦に振らなかったのだとしたら、
大事件だわ。ドキドキ。
[PR]

by datto2004 | 2006-10-16 15:06 | 大奥


--------------------------------------------------------------------------------
北村“上様”一輝・「篤姫」に上様続投推進委員会 (略称:北上委)
妄想の世界で引き続き活動中
--------------------------------------------------------------------------------


上様、イープラスの動画コメント
表情、しゃべり方、コメント内容とも、爽やかでナイスでございます。
母性本能くすぐり系ですらございまするぅぅ!!
我々家臣一同、こんなにもさわやかな北村一輝を広く天下に知らしめるため、
今後も精進する所存でござりまするぅううう。(号泣)


…え?
昨日の「電車男」でござりまするか?

そ、そそそそれがそれがし不徳のいたすところ、
昨晩は例の特命係長の復活まつりで ぶるるるる(頭を振っておりまする)
急なさしこみにて、寝付いておりまして…

う、上様。
どどどどうぞその脇差をお納めください!

[PR]

by datto2004 | 2006-09-24 14:43 | 大奥

主演は、NHK「巧名が辻」も主役の仲間由紀恵。
共演に、NHK「純情きらり」に出ている井川遥、西島秀俊。
じゃあ、北村一輝をNHK「篤姫」に逆輸入したらいーんじゃなーい?
変なところでにわかに色めき立つ≪北村一輝・「篤姫」に上様続投推進委員会≫


仲間大奥「最悪のスキャンダル」 : 日刊スポーツ
映画「大奥」(林徹監督、12月23日公開)の製作発表会見が20日、都内で行われ、主演の仲間由紀恵(26)らが出席した。
江戸城大奥の愛憎劇を描いたフジテレビ系の人気ドラマシリーズの映画化で、
仲間、高島礼子、井川遥、杉田かおる、松下由樹、浅野ゆう子らこの日出席の主要出演陣のほか、
同局系列27社の女性アナウンサーも出演を予定。衣装の総費用が1億円に達する豪華版だ。

大奥最大のスキャンダル「江島生島事件」から題をとるよーで。

そういえば'03年のテレビドラマ版(管野美穂が篤姫だったやつ)で、
この事件を下敷きにしたエピソードがあったな。
このときは木村多江さまと山口馬木也(当時はどこまでが苗字かわからなかった。「山口馬?」とか)で、
“つづらに潜んで大奥に潜入!”“破滅へ向かう命がけの恋!”
といったロミオとジュリエットもかくやっちゅー、いわゆる通説に忠実なストーリーで、
(役名は「島」と「生島五郎」で、オリジナルとちと違う)
三十路女のなけなしの乙女心を、プチシルマのよーに刺激してくれましたわ。

映画版ではどうなるのか?
なんかこんだけ「お局様」がいると、色恋うんぬんよか、
大奥での勢力争いに焦点が集まりそうですが。よかよか。
甲子園のさわやかな試合の対極にあるような、
やってちょうだい泥仕合。ぐふふふふふ。

ところでこの写真を見たら、どう考えてもミッチーが生島かと思っちゃうんですが、
西島秀俊がやるらしい
えっ、じゃあミッチーは何?
いきなりお鈴廊下でミュージカルを始めたりしないか、ちょっとしんぱい。
しかし、西島さんも、何ヶ月も毎日「純情きらり」を観てたら、
「へばな~」とか、津軽弁を話してくれないと違和感を覚えるようになってしまった。私だけ?
やはりここは「第一章」の上様(家光)の名台詞
「余は男狂いじゃ」
ばりのインパクトある演技で、私の朝ドラでぼけぼけモードを打ち破ってくだされ。

しかし今回も一億円かけたセットを燃やすそうで、
好きだよなー 燃やすのー。
篤姫と元婚約者の再開場面で燃やし、正月(年末だったか?)特番でも燃やし……。



北島サブちゃん(め組の辰五郎 from暴れん坊将軍)に待機してもらうか。

「ばかやろう! このダメAD! 北島さんのお弁当は、いちばん高いヤツって言っただろうが!!!」
[PR]

by datto2004 | 2006-08-22 12:18 | 大奥

今朝、電車でいねむりしている途中で、天啓が降りてきました。
つか、なんで思いつかなかったんだー!
再来年のNHK大奥大河ドラマ「篤姫」、
この人なら、「大奥」支持層をガッツリさらえそうです。

木村多江。

どうだ。来年に引き続き、チャレンジしてみないか、NHK?
間違っても、民放で主演してるからって、伊東美咲とかにしてくれるなよ。

4日に御台様、朗読劇「ラブ・レターズ」ご出演。
駆けつけたかったのですが、
すでに同時刻の関根勤様の「クドい!」
初日チケットを取っていたので、断念。お許しください御台様。

あ、あさって『グータンヌーボ』にご出演。ビデオせーっとおぉ。

[PR]

by datto2004 | 2006-08-07 19:17 | 大奥

第一報を読売新聞が来年のNHK大河ドラマは幕末舞台の「篤姫」 」って報じてるんですが、
来年はウッチーだから! 早まるな読売!! まずは落ち着け!!

08年大河は「NHK版大奥」 : スポニチ

 08年度のNHK大河ドラマが「篤姫(あつひめ)」に決定し、1日に同局から発表された。
宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」が原作で、徳川第13代将軍・家定の正室となった人物。
現在放送の「功名が辻」の好調やフジテレビ「大奥」のヒットを受けての“女性の大河”となるが、
歴代の作品の中では地味?


原作は私も愛読してて、年に1度は読み返してますが、
その中で描かれる篤姫は、肝の座った女性でかなり好きです。いいだろが、地味でも。

主演女優はまだ未定だけど、
14~49歳までを1人の女優が演じる予定とのこと。

「大奥」の菅野美穂が結構イメージ合ってたので
「それでいいじゃーん」とか思うのだが、そゆわけにはいかないか?
じゃあせめて、上様を北村一輝で続投とか……。

十数年前、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」が大河ドラマだったときは、
これが女優活動復帰第1作だった富司純子(当時45歳)。
確かに上限ワクぎりぎりですが、嫁入り~御台所時代を演じるのを見るのは
“緋牡丹のお竜”のちょきんのない世代にはつらかった。
「そなた、薩摩のために上様に嫁いでくれぬか」って、オバさんじゃん!みたいな。
(まあ「翔ぶが如く」は総じて年齢高かったけど)

今度は、もうちょい下の世代で人選してもいいと思うの。

「下馬評では松たか子」という意見を載っけてるトコもあるんですが、
確かにNHK×宮尾登美子=松たか子 になるわなぁ~。
「蔵」だけじゃなく、舞台でも「天涯の花」とか宮尾原作モノ主演してるし。
徳川をキッチリ幕引きした大物、ってのを演じる貫禄もあるし。
なんだかもー「開票率1%でも当確」みたいな感じー。

だがしかし。

面白くないから、ここはあえて対抗馬を出そうじゃないのよ(勝手に)。
20代後半~30代前半、1年の長丁場を引っ張れる実力、大物感…。

と、ここで深津絵里とか松嶋菜々子あたりが思い付きましたが、
ある意味、松たか子と同系列なので、はぶきます。あくまで対抗ですから。
並べてみたときに「きみは光 ぼくは影」(byべるバラ)的なね、コントラストが欲しいです。

ってことで。
決定(勝手に)。

寺島しのぶ

……いいじゃないか。
“母娘2代で大河で同じ役”という話題性、
梨園の令嬢というなんとなくハイソ感(それが漂ってるかどうかは別の話)、
加えて朝ドラ「純情きらり」出演というNHKへの貢献度。
何か問題でも?

というか、これ↑だけNHKが好みそーな条件を並べても
なぜか変化球っぽい感じが否めないのは、彼女の芸風でしょうか。

でもでも。
歴史上の天璋院篤姫は、ほんっと苦労人なんですよ!
堂々と格好良く演じるより、“フエ姉ちゃん”(←朝ドラのしのぶの役名)みたいな
「息も絶え絶え感」があるほうが、なんとなく観てて感情移入できそうで。

NHKさん、どーかひとつ。

あ、篤姫がしのぶなら、家定を一輝にすると、
「北条時宗」(主演・和泉元彌…)以来
大河で2度目の夫婦役だわ。
いいなぁ、もっかい観たいなあ。あの不気味な夫婦。
↑脇役ならともかく、主演がそれでいいのか?


めちゃイケの「山奥~豚の乱~」が終わっちゃったのは、仕方ないけど残念。
ってそれは関係ないか。
[PR]

by datto2004 | 2006-08-04 16:58 | 大奥

b0043827_2028882.jpg
子はかすがい・その1
  ⇒ 微妙に夫婦円満



b0043827_20284066.jpg
子はかすがい・その2
  ⇒ 微妙に母同士歩み寄り



b0043827_20291422.jpg
「そんなことはさせまへんえ~~!」
のけ者御台様、邪悪なキャンプファイヤー
♪燃~えろよ燃えろーよー ほのおよもーえーろー


*ほんとのあらすじはコチラ



おまけ
自分で自分の首を絞める
b0043827_20294275.jpg

という慣用句がありますが、
実際には死ねないよねぇ、これは。
[PR]

by datto2004 | 2005-12-04 20:29 | 大奥


や、山ほど溜め込んでしまいますた…。
今さらストーリー思いだせんっちゅーの


右衛門佐さまの
大奥キャリアお局 養成塾

b0043827_2052815.jpg
塾長挨拶:
「今も昔も、女性ばかりの職場は、身の処し方が難しいものでございます。
ここでは、私がイケズの本場・京の御所で培って参りましたノウハウを、皆様に
皆様のこれからの大奥生活が、少しでも快適なものとなる一助となれば、幸いです」




Lesson 1 : 権力者との距離感を大切に。
b0043827_155721.jpg
まず、職場でのナンバーワン・実質的な権力者の方を見極めましょう。
これは、職場での地位の高さとは、必ずしも一致しない点にご注意ください。
えてして、権力者と言うのはヤなやつ
いえ、特徴的な性格をお持ちの方が多いようです。
しかし、すべての情報はここに集まりますから、むやみに遠ざけるのも考えもの。
人間、付け届けのひとつで、心が和むものです。
菓子折ひとつで、いろいろとメリットが入り込むと考えれば、安いものではないでしょうか?


■ここがPoint!■
ただし、相手から下手に見られるのもよろしくありませんね。
また、変に「味方」だと思われては、これからの職場環境にかえって悪い影響を及ぼす場合もございます。
この「友好的でありつつ、中立派」というスタンスは、大奥に住まう以上、何に置いてもまず念頭に置いてください。
私などがよくやる手は、付け届けにホンのわずかな“嫌味”を潜ませることです。
桂昌院様ヘは、ご実家の京の八百屋の近くのお菓子をお持ちすることで
『そもそもは、私のほうが家柄的には上ですよ』『その私がして差し上げてますよ』
ということを、言外にお伝えいたしました。
これに気付かない、あるいは逆に怒るような相手なら、所詮その程度の器だということ。
気付きながらもその場では機嫌良くお受け取りになった桂昌院様は、
やはりさすがの「豪傑さん」と申せましょう。
嫌味には、こうした方に「デキるヤツ」とアピールする効果もあるのです。




Lesson 2 : 特技を活かし、同性からの信頼を掌握。

b0043827_162640.jpg
ひとはみな、なにかしらの得意分野をお持ちです。皆様もそうではないでしょうか?
これを臆せず、積極的に、周りのみなさんに披露・活用していきましょう。
女子の口コミというのは、大きな威力を発揮するものです。
私の場合、一番の特技はやはり幼い頃より打ち込んでおりました学問。
これを古典文学の『お講義』という形で発表させていただくことで、
参加された方も、なにやらハイソな香りを味わうことができ、
私も広く知名度・影響力を得ることができました。
双方にとって益のある、実に有意義な活動でございました。


■ここがPoint!■
ここで重要なのは、
 ・まわりのニーズをよく読むこと
 ・自慢げにひけらかさないこと
でございます。たとえば私なども、本心では
「幕府による経済政策の破綻」「側用人制度の法的矛盾」など、
硬派なトピックを、田原総一郎ばりに論じてみたい気持ちもなくはございません。
しかし受講者の好みをよく吟味せず、自分の希望だけで突っ走るのは危険です。
せっかく数を集めた受講者(=信望者)が減っていくばかりか、
かえって「あいつはインテリぶっている」といった反感を招く恐れもあります。
また、政治的な発言は、表(=幕閣)にもにらまれ、圧力がかかるかもしれません。
そこで私は、受講者からの『源氏物語』のリクエストを取り上げるなど、
常に「お客様は神様です」という三波春夫大先生の教えを胸に、講義に臨みました。
この奉仕の精神が、結果、“大奥総取締”という、政治的ポストに結実したことは、
皆様のご存知の通りです。





Lesson 3 : セクハラをいなしてこそ、真の“デキる女”
b0043827_165358.jpg
なんといっても大奥は、上様のためのハーレム。
お手が付きお子を産み、その子が次代の将軍になって、その生母として権勢を振るう
というのが、最もスタンダードな【出世コース】であることは否めません。

しかし、大奥で生きるうえで、今一度考えていただきたいのです。
「女の幸せ」を取るか、「仕事を取るか」

桂昌院様の例を挙げるまでもなく、お腹様の権勢は相当なものです。
しかし、子ができなかったりできても女児だったり途中で亡くなってしまったりと、
かなりハイリスクな道であることを、ご認識ください。
むしろ純粋に子を産み育てること、そのことに幸せを感じられる方こそ
側室となっても真の幸せを得ることができると私は考えております。

ひるがえって私のようなものの場合。
そりゃもう、男より仕事、仕事、仕事!でございます。
上様のお手が付いて、かりそめの七光りをえようとも、所詮は
肉のつながりなんか、一時の気の迷いいえ、
「肌にかかるお情けはいっときのこと」。
時代が変わり権力者も変わります。その中で、いつも求められる人材となるには、
むしろ自らは色恋の争いの渦には決して巻き込まれまい、という気概が不可欠です。


■ここがPoint!■
ただ拒むだけでは、かえって相手の反感を買います。
ここは「愛しているからこそ、むしろプラトニックでよろしく!」という姿勢を貫いてください。
多少強引でも、まず自分が本心でそう思い込み、勢いでぐいぐい押してしまえばなんとかなります。
大丈夫、女はみんな女優ですもの。




*本当のあらすじはコチラ



おまけ : 悪い例ですね。
b0043827_172410.jpg

「嫌いじゃ嫌いじゃ」って、感情むき出しはどーかと。
[PR]

by datto2004 | 2005-12-04 01:09 | 大奥