<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


江口洋介 三谷氏作品で舞台初挑戦

ってゆうか、『12人の優しい日本人』をやるのね、やるのねーっ!!
興奮モードですわ。ぜいぜい。
何ヶ月か前に、ちょうどTVで深夜やってて録画したのを、
ちょうど今週末にDVDに落としてたんですが、舞台は見たことないんだな~。
あれですかね、西村雅彦さんは出るんですかね。

いやいや。

にしても意外だ。江口洋介が初舞台だなんて。
同じ「湘南爆走族」でデビューした織田裕二だって、
大昔にミュージカル出てたのに。
(「裕二」が「ミュージカル」というのは、かなりのツッコミどころですが、
脇道に入ったまま発見されない危険性がありますので、ここではあえて触れません)


もちろん期待大なのですが、私のような素人目にも
TVや映画と、舞台はやっぱり勝手が違うようで…
演技派(特に「自然体」な演技に定評があるような)の人の演技を舞台にのせちゃうと、
単調でいっぽん調子で寝ちゃうことがあるのよね。

あ、でも、映画版「12人の―」でトヨエツがやった役だったら、
ずーっと黙りどうしで、最後にばーっと語りまくる役だから(確か)、
メリハリは考えなくて良くて、初舞台にはナイスな役かも。

[PR]

by datto2004 | 2005-05-31 16:33

NHK「プロジェクトX」9月打ち切り

過剰演出のため。

火曜は9:15に間に合うように帰宅。
TVパソコンを購入してからは、ほぼ全話を録画・保存。
深夜残業中には、自分自身に
「○○はプログラムをプリントアウトし、床に並べ始めた。
そして言った。『ここだ!ここにバグがあるんだ!』
男たち、うなった」
と、トモロヲ口調でナレーション。
これほどさように「プロジェクトX」を愛するオヤジOLだったため、
非常に非常に非常に残念です(号泣)。

しかし「名もない人の誠実な仕事ぶりに光を当てていこう」という趣旨だったのに
最近では(最近だけ、と信じたい(T T))
まず「感動」ありきになっちゃて、スタッフ側がそれ用の筋書きをつくって、
そこに沿うように番組を構成していった、ってことなんでしょうか。
そもそもが視聴率を気にしない?NHKだから作れるような番組だっただろうに
どこかで「もっと視聴者ウケを!」「もっと感動を!」って歯車がズレてったんでしょうかね。
そういえば、初期のトモロヲは、もっとあっさりなナレーションしているし。

こんなミソつけて終わっちゃうなんて、今までの素晴らしい回
(青函トンネルとかさー東大寺南大門の仁王像の修復とかさー)
まで、なんか汚されたみたいで、つらいったらありゃしねぇ。
返して、あたしのオヤジな純情…。

- - - - - -

それにしても心配なのは、こんな終わり方したら再放送もなくなるのか!?ということ。
私のベストofベストは、
『願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡
~父と息子・執念の吉野ヶ里~』

という、わりかし地味な回なので、「アンコール」好きなプロジェクトXでも
知ってる限り1回しか地上波で再放送されてない…。
東京タワー建てる話なんか、6、7回観たっちゅうのに…。
9月までにやってくれないかしら…。

[PR]

by datto2004 | 2005-05-30 22:23

おなかの具合がいまいちだったんで、お昼はうどんを食べに行きました。
んが、ちょーど混み合ってる時間帯だったもんで、注文してからなかなかモノが来ない。

私の隣の席のサラリーマンらしきおじさんは、特に午後からの仕事かなんかで急いでいたらしく、
席に着くと同時にカレーうどん+小さい炊き込みご飯のセットを、あわただしくオーダー。
にも関わらず、カレーうどんはなかなか来ず、
いらいらしながら、カバンをガサガサあさったり、携帯をピピピといじってみたり、
貧乏ゆすりにぼそぼそ独り言と、せわしないったらありゃしねぇ。

「やだなー。お昼ごはんぐらいゆっくり食べたいのに、
こっちまでイライラがうつるのう…」

と、思っていたら、おっさん時間短縮のためか、おもむろに
真っ白い腹掛け着用
あれです、カレーの汁を服に飛ばさないための、
エプロンちゅーかヨダレかけっちゅーか、あれ用のものです。

カレーうどんだけでなく焼肉とか、トバし系飲食店にはよく置いてあるし、
おっさんの着けたそれもお店備え付けだったのですが、
まだ前に料理も来てないのに、純白の腹掛けのみ着用するその姿は
さながら白い金太郎。

その格好で、これまで通り
かばんをガッサーの、携帯をピッピーのってやってると……ちょ、ちょっとヘンだ…。
しかもおっさん、席がレジ横だったもので、食べ終わって精算している人たちも
異様な空気を感じるのか、一瞬見ては「うっ」と目を見張っていました。

その状況を見て、私は内心おもしろくてたまらんかったのですが、
そうこうしているうちに食べ終わってしまい、席が空くのを待ってる人もいたので、
やむなく店を出ました。
私が立った席を拭きにきたお店のおばちゃんに
「お待たせして申し訳ありませんねー」と言われながらもムッスーとしていたのが、
私の中で、白い金太郎のラストシーンでした。


金太郎、あのあとカレーうどんはすぐに来たかい?
金太郎、でも食事はゆっくり食えよ。消化に悪いから。

[PR]


この夏の、
稲川淳二の活動予定




--------------------------------------------------
『稲川淳二の怪談ナイト《MYSTERY NIGHT TOUR 2005》』 
公演日程


07.02.(土) 宇都宮ホテルフェアシティ(ディナーショー)
07.30.(土) 入間市民会館

07.14(木) 『3ACAFE Presents 京都ぎおん祭vol.5 in MYSTERY
NIGHT TOUR 2005

  京都WORLD

08.03.(水) 土佐ロイヤルホテル(ディナーショー)
08.05.(金) ウェルシティ大阪厚生年金会館 芸術ホール
08.13.(土) 名古屋青少年文化センター アートピアホール
08.20.(土) 花巻市文化会館
08.21.(日) 仙台市民会館 大ホール
08.25.(木) 日本青年館
08.27.(土) 新潟フェイズ
08.29.(月) 大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル
09.03.(土) 横浜関内ホール
09.04.(日) 郡山市民文化センター 中ホール
09.10.(土) 山形市民会館
09.16.(金) Zepp Sapporo
09.19.(祝) さいたま市民会館おおみや
09.23.(祝) 東京メルパルクホール
09.24.(土) 福岡住吉神社能楽殿
09.25.(日) 新神戸オリエンタル劇場
09.30.(金) 広島アステールプラザ 中ホール能舞台
10.01.(土) なんばHatch(深夜公演)
10.07.(金) クラブチッタ川崎(深夜公演)
--------------------------------------------------


全国津々浦々。
クラブからライブハウスから劇場から市民会館からホテルのデ
ィナーショーから神社の能楽堂まで!
スケジュールの向こうに「呼ばれれば、どこでも語るぜ!」的

熱いアーティストスピリッツを感じます。

いやあ、さすがチューブ以上に夏男…。
真夏の淳二についていくのは大変だ!置いていかれるな!
私は置いていかれてもいいです。


いや、やっぱり場所の特性と、キャパを問わない、話術のすご
さは、
ちょっと一度ライブ体験したいかも……どきどき。
[PR]

夕方の5時ごろ、地下鉄に乗ってたら、途中で隣の席に親子連れが座った。
このガキ違う、子ども(5歳くらいの女の子)がうーるーさーいー!
「ジュース飲みたい、ジュースー!」とか大きな声でわめくし、
あわせてバタバタ体中で駄々をこねるんで、
私の足の膝辺りをどかどか蹴り上げやがる。

「あんじゃ、ゴルァ!」とキレそーになるのを耐えていると、
私の降りる2つ手前の駅で降りていきました。ホッ…。

そして用事を済ましての帰路、もう11時過ぎだったか、
同じ電車に乗り込んだところ、
2つめの駅から、さっきの親子連れが乗ってきて、私の前の席に座りました…

(行きと全然違う車両だったのに…)
お子様は、眠いのも加わってか、行き以上にムズがり、やかましかったとさ(T T)。


決まった電車に乗る通勤・通学ならともかく、
行き帰りで同じ人に会うなんて…
それとも印象深かったから覚えてるだけで、
記憶に残らなくても結構あるんですかね???


ちなみにこの手の偶然で、私にとって最多だったのは、
去年、母と行った長崎で
(平井堅ちゃんを観に行った、東京から…


 ①ハウステンボスで見かけた家族連れを
 ②ハウステンボス→長崎市内への路線バスで見かけ
 ③ぶらぶら歩いて寄ったカステラ屋さんでは、入れ変わりに出ていくとこで
 ④夕飯を食べに入った料理屋さんでは、向こうはすでに食べてるとこで
 ⑤ホテルに戻ったら、フロントの横に下の子のベビーカーが置いてあって、
 ⑥翌朝、空港へ向かうバスを待ってたら、バス停でも一緒になった。

そのときは「長崎って狭い街なのね~」とか思ったんですが、
最後には母と二人で「どこまで一緒だと思う??」と
先方のバスの行き先をチェックしてたりしました;

思えば、あの親子連れもおかーさんと2人のちっちゃい女の子が
お手製っぽいおそろいのワンピ着てたから、よく覚えてたんだろうな。

[PR]

おくればせながら
「真夜中の弥次さん喜多さん」を観てきました。

くっだらねぇぇぇぇぇぇぇぇっぅ(笑)!!!。

いや、面白かったです。
でもコレ観て怒っちゃうヒトもいるだろな、脈絡なさすぎて。
私はDVDになったら即買いーの
ヘコむことがあった日にはリピートして観ーの、ってしてしまうな、きっと。

歌舞伎で女形やってる七之介くんは、
「うわー、こんなオンナに誘われたら、男性はひとたまりもねんだろな、こりゃ」
という、ファム・ファタ~~ルなかんじムンムンなのですが(私だけか?)
オカマのおとこ役でも、そのあやしい魅力は健在でした。
ハナシが進むに連れ、どんどんどんどん可愛く見えていってしまい、
私が男だったら、マジで(演技でなく)一線をこえてしまいそうだ、
恋人役の長瀬君は、よく踏みとどまったなぁ、と変な感想を抱いてしまいました。

しかし脇役づかいがごーかでした。
「えっ!?このヒト出てたの?」
「えっ!?もーおしまい?」
がてんこ盛り。
すげー料亭の「前菜○種盛り」みたいだったわ。

私の本命は中村勘九郎(当時)の「夜でもアーサー王」だったんですが
竹内力の熱演にも胸打たれました。
ものすんごい顔をして「笑わせろ!」とスゴむ、リキさましゅてき…(ポッ)
んで、古田新太さまには、たたずまいだけで、瞬殺された
卑怯だ!あれは卑怯すぎる!

1点、不満を言うとすれば、
見終わったあとに、必要以上に荒川良々のオールモスト全裸姿が
目の裏に焼き付けられすぎてしまうところでしょうか?
終盤の露出度が高すぎ。いや、良々の格好だけじゃなくて、
その格好で写ってる時間と分量(…)のことね。

夢にまで出てきそうだ。それこそ「リヤル」に。

[PR]

小栗旬 矢口との仲「見守って」: 芸能ニュース

別段、なんてことなく、普通にしてるのが、感じがいいかなー。

でも、今夜一緒に「義経」観てたウチの母(「ごくせん」好き)は、
「えーでもこの子誰かと噂あったわよねー。モーニング娘。?なんかやだわぁ」
とのことだ。

彼自身については、
「この子感じいいわよね~」とべたぼめでしたわ。
(↑「フレンドパーク」を観たらしい)

30ウン年親子やってきて、好みが一致したの、初めてかも!!

[PR]

おや、私の意見と一致です。
いや~ん、私ったら、まだまだ若ーい♪
いや、むしろ「社会人歴すでにウン年、いつまでも学生気分ってどうなんだろう?」という話かも。


学生にも人気の高い『タイガー&ドラゴン』『離婚弁護士II』
(ORICON WEEKLY)


中学生から大学生まで、ベスト5はまるっきり一緒なんだそうで。へぇ~。

1位/2位は、全然違う題材でありながら、
スピーディな話の運び方・カメラワークが、結構似てる気がします。

……イラチ好きするドラマなのか??

[PR]

余計に刺激してどうする。
ってゆうか、何したって妄想する御年頃なのでは?知らんけどー

女教師は男子生徒を性的に刺激しないようエプロンを着用せよ | Excite エキサイト

[PR]

天海祐希 懲罰上等鬼教師(スポーツ報知)

フジテレビ系「離婚弁護士2」(火曜・後9時)の正義感あふれるエリート弁護士役から一転、天海がアインシュタイン並みのIQを持つ鬼教師役に挑戦する。
 公立小学校6年の担任だが、一切笑顔を見せず、なぜか生徒たちに冷酷、無慈悲に当たり、テストの成績で給食の順番まで差別。授業中のトイレも「自己管理ができていない」と絶対禁止。「社会は不公平なもの」と現実を唱え、反抗すれば精神的に追い込む徹底的な懲罰を与える。


いや、ものすごく観たいですけどね。
どこぞの鉄道会社の教育みたいだったらどうしよう(T T)

ちなみにドラマのタイトルは「女王の教室」
[PR]