<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

b0043827_19545732.jpg


平井堅ベスト盤が首位! 初動売上は男性ソロ史上3番目の大ヒット! : オリコン

平井堅のベストアルバム『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 “歌バカ”』が初登場首位。
2作連続通算4作目のアルバム首位を獲得、売上は発売1週目にして早くも90万枚を突破した(92.8枚)。

ベスト盤がすげーなー と思うのは、普段別に平井堅に興味ないような人が
「あー あれ買ったよ~」と言うことですね。なんだよ、好きなんじゃねーか。

ただ、やはり「まだまだわかっとらんのう」と思うのは、
パッケージ及びCD盤面に、堅のアップ(写真・イラスト)が多用されてるのを見て、
「濃すぎ」「うざい」「こんなにいらない」と付け加えられることか。

大丈夫。じきにそれが良くなる・か・ら♪

CDリリースにあわせ、各大手CD屋さんのフリペにもインタビュー記事が載っているんで
それを拾って歩く行脚を続けているのですが、
どこも写真のようなデカデカディスプレイ。ありがたや。

と思っていたら、その下をよちよち歩いていた3歳くらいの女の子が、
あちこち指差しながらこう言いました。
「ひじゃいけん。ひじゃいけん。あれもひじゃいけん。こっちもひじゃいけん。
ひじゃいけんがいっぱい~(にこにこ)」

こ、この若さで、わかっていらっしゃる……。

連れてたお父さん(たぶん私と同じくらい)、グッジョブ!

やはり三つ子の魂百までか。
将来「お父さん、会ってほしい人がいるの」と連れてくる彼氏は、きっと絶対濃い顔。
[PR]

by datto2004 | 2005-11-30 19:54


花の品種に劇画題名などの名つけ流行 : 読売新聞


タキイ種苗(京都)は、花びらにフリルがある新種のペチュニア(1鉢450円前後、来春発売)を、
人気劇画と同名の「ベルサイユのばら」と命名した。
劇画に登場する女性たちがフリルがついた衣装を着ていることにちなんだ。ポスターなど販売促進に活用する。


ばらじゃないじゃん!!


こちらに写真ありました。
可愛くて、オスカル様というよりは、ロザリーって感じか?

今年は宝塚でも「ベルサイユのばら」再演するし、
これを贈っちゃうファンの人も結構いそうな気がする。

もちろん「いつも見ています。 あなたのファンより」ってカードを付けたい方は、
花は紫のバラにしてくださいね。
[PR]

by datto2004 | 2005-11-28 18:35

「マニア」を自認しながら、17日に出てたこの記事を見落としてましたよ(T T)。

フジ系人気時代劇「大奥」スペシャルが12・30放送 : サンスポ


先週の第5話、17日放送の6話はお世継ぎをめぐり側室・お伝の方(小池栄子)と安子のバトルが
クライマックスを迎えるが、スペシャル版では、こうした登場人物の過去を紐解いていく。
とくに、5代将軍になる前の綱吉と柳沢の関係に注目だ。
2人は兄弟のように仲が良かったが、柳沢の婚約者・里久を綱吉が見初めたことから、
運命の歯車が狂い出す。


一輝、大フィーチャーじゃーん!
この分だと「好みのタイプ:北村一輝」と口にしても、回りから「えー」って顔をされなくなるのかしら?
来年の『an-an』の「抱かれたい男」特集では、ベスト20くらいには食いこんじゃうかしら?
(あと、個人的に表を延ばすと読んでいる男性⇒「荒川良々」)
しかし、顔は笑顔でも、恨みを心の中でポイントカード化してためてる男。似合いすぎる。
やっぱ一輝はそうでなくっちゃ。いつもで輝いていて欲しい。不気味な光を鈍ーく放ちながら。

日本史の本とか読むと、柳沢はめちゃめちゃ美男子で、
綱吉の“寵童”(意味のわからない人は、ぜひ調べてみよう!)スタートだったそうな。
「2人は兄弟のように仲が良かった」というところに、そこまで描かれるんでしょうか?
いや、観たくないんだけど。


昨晩の『義経』に小池栄子が出てました。(生き延びた巴御前の役)
つい「眉毛、生えてる」といってしまった人が、日本全国で1000万人(推定)。
[PR]

by datto2004 | 2005-11-28 16:05 | 大奥


宮沢りえが演じた瀬戸内寂聴のドラマ。「女の一代記」
、観ました。
結構面白かった。やっぱ宮沢りえって、良い女優さんだな。

でも。

最後まで観終わって、エンドロール・中島みゆきの歌にのせて、
本物の寂聴さんの出家当時の写真が流れ、そこに字幕。
「50歳で出家」


どこがだーっ!!


いや、せいぜい40歳になるかならずやだと思ったぞ。
もうちょっとシワを足すとかなんとか…

フケ役は、りえ的にNGなのか寂聴サイド側でNGなのかそれとも誰かがいらん気をまわしたのか。
しかし「いつまでも若くて」なんてことにしがみついてると、黒木瞳になっちゃうぞ。

一方、若い愛人役の中村勘太郎くんは、確か20代前半だったと思うんだけど
完全に30代後半の疲れてすすけたダメ男でした。肌も疲れて見えた。
下手したら、おとーさんのほうがぴちぴちして見えるぞ(注:出てません)。
しかし「中村勘九郎家のチビっこ達」みたいなTV見てた立場としては
……うーん、月日が経つのってはやい…。


あ、阿部ちゃんは、相変わらず年齢不詳のかっこよさでした。
ピン子(特別出演)が「おばあちゃん」て呼ばれてた。
[PR]

11/02の日記に書いた、特命係長、違う高橋克典さんの新ドラマのタイトルが決まってた。

「ガチバカ!」

「高橋克典はこのドラマで初教師、初ボクサー役に挑戦する。」
んだそーです。
ここでカラダをしぼっておいて、秋には只野3でしょうか?
(オフシーズン(←只野の)に出てた「もしもツアーズ」では、ちと緩んでいた)
期待が高まる。あくまでも勝手に。

そんな係長も、言うても40なので、
生徒役にNEWSを配備して、若さを注入。

[PR]

by datto2004 | 2005-11-25 12:39 | 特命係長

どうもゴジラ松井のDNAは、戸田菜穂に継承されるようだ。軽くジェラシー(昨年11/02の日記)。
酒井美紀は、勝手にその気になってただけってこと??
非常に頭の良さそうな女性、ってイメージなので(あくまでイメージOnlyだけど)、
あんまりやっかみもされず、結婚しても仕事と家庭とバランスを取るのがうまそうだ。
すでに栄養を考えた手料理をふるまったりしてるという報道もあるようだし、
うーん絵に描いたような良妻タイプか。まさに「ええにょぼ」。
そんでもって、男ゴコロをつかむにはやっぱ胃袋なのか。(←個人的にいろいろ思うところアリ(T T))

個人的には、松井には
「やめろぉぉ!松井。これまで堅実に築き上げてきたものはなんだったんだああ!!」
みたいな女性(ex.すごいエロいとかすごいケバいとかすごい同性に嫌われてる女とか)
を選んで欲しかったので、つまんなくはあるが、非常に似合ってはいますね。

それはともかく、をかもさん情報によると、
菜穂に「大奥」のオファーがあったらしい。そのほうが気になる。

なんだなんだ、何の役だ??

結構重要な役なのに、事前の制作記者会見とかでまったく話に上らなかった高岡早紀は、
「キャストが決まるのが遅かったのかなぁ」とか勝手に思ってたのですが、
個人的に、右衛門佐様はやっぱ彼女にやってほしい気がするし。
染子になるには、菜穂だとちょっと歳がいってるしっかりしすぎてる感じもするし。

やっぱアレですかね、”大典侍さん”。

菜穂 in 「大奥」って言われても、背後に取りまきを引き連れて
「あ~ら ショムニのみなさ~ん」
と嫌味タラタラ廊下の向こう側から歩いてくる姿しか思い浮かばないんですが、
あれをそのままシフトしても、大典侍さんはハマる気がする。
(あ、でも今の中山忍もかなりいい!と思うけど)

今日は「大奥」がないので、気の抜けた木曜だ。
と思っていたら、りえ寂聴が若い男に走る相手が、中村勘太郎だそーで、
突然かなり観たくなりました。

[PR]

by datto2004 | 2005-11-24 12:02 | 大奥

昨晩、「NEWS23」を観たら、「異論反論OBJECTION」のお題が
カットミスした美容師をキャバ嬢が訴えて、24万円の賠償命令が出た事件?だった。
「髪型が気に入らなければ、次から他の店に行けばいい」
「やっぱり髪は女性の命だから」
等々、街の声をひろったVTRが終了した次の瞬間、筑紫哲也がひとこと。

「髪型ってそんなに気になるものなの? 僕なんかはまったくわからないね~」



嘘つき。


いや、でも、全然気にならないからああなのか?
私は学生の頃(おそらくは筑紫の新陳代謝も今よりもっと活発だった頃)は毎日この番組を観てたんですが、
筑紫の頭髪が、“伸びる”というより、日に日にバカみたいに巨大化してゆき
日立の“このー木何の木気になる木~♪”みたくなってく様を
ハラハラしながら見守っていたことを想い出し、
やっぱ本当に天然なのかも……という気もしてきました。

いや、でも、えてしてああゆうインテリおっさんは、何でも
「いやー、僕なんかそんなの全然気にしてないなぁ~」とかポーズを作って、
その実、ウラではすんげえ細かく気にしてたりとかするからな。
実は毎夜本番前に、筑紫もニュースの下読みをしながら、
ナショナルくるくるドライヤー(仮)で、前髪のひさしを作ってたりして。
ありがちありがち。

うーん、想像したら、どっちもありえる気がしてきました。
でも、どっちにしろ、髪形は女の子の重要項目ぅ♪なので
来春から「ブランコ」の一員になる彼(勝手に決め付けてますが)は、
本気にしろポーズにしろ「興味ない」なんて言ってる場合じゃないぞ。


(小倉は日々の「お帽子」の位置に、もうちょっとナーバスになったほうがいいと思う。
「とくダネ!」のオープニングを観ながら
「小倉、うしろ!うしろ!」と声を掛けたくなることも、よくあります。)

[PR]

串田、野田、蜷川と来て、「次はきっといのうえひでのりでしょう」と思っていたのですが、
(だーって勘三郎さんがご本人に「どう?次は」って誘ったって何かのインタビューで言ってたから!)
ある意味、伏兵でした。(注:私にとっては)

  
  三谷幸喜氏「決闘!高田馬場」で初歌舞伎 : 日刊スポーツ

脚本家三谷幸喜氏(44)が、オリジナル歌舞伎を手掛けることが20日、明らかになった。
来年3月に東京・渋谷のパルコ劇場で行われる
パルコ歌舞伎「決闘! 高田馬場」(製作・松竹株式会社)を作・演出する。
市川染五郎(32)ら人気歌舞伎俳優が出演する豪華版。
初めて歌舞伎を書き下ろす三谷氏は「歌舞伎の伝統をふまえた上で、新しいチャレンジをしたい」と、
構想を膨らませている。


いやいや、お手紙将軍のコスプレしてるだけでなかったのね。さすが三谷さん。
歌舞伎と三谷さんの持つ喜劇的要素(ホロリもあるでよ)って、きっと相性が良いと思うので、
どんなわくわくした舞台になるか、考えただけで楽しみです。
きっと、単なる英雄にとどまらない、可愛げとおかしみのある、堀部安兵衛に期待。

対して、演じる側も、
現代の演劇への出演/現代劇の演出家による歌舞伎の両方を経験して、
ボーダーレスに鍛えられた若手ばかり。特に個人的には亀治郎さんに期待。

しかし、パルコ劇場ですか…。
今月末から同じ劇場で上演される「12人の優しい日本人」と、どっちが倍率高いんだー。
まだ取れてないんですけど。かなりもうあきらめてるんですけど。
  ↑ヤフ○クで2万を超えると「こんなに人気があるなら絶対DVD出るな。もーそれでいーやー」となるタイプ
#ある意味、時間的金額的制限(=長い&高い)のある歌舞伎座でのほうが、足切り効果があってよかったかも…
なんかもう、チケット争奪戦を考えただけで、正直ぐったりです。(あー言っちゃった)
[PR]

歌合戦は白組の勝利』とか、私が南極昭和基地の越冬隊員だったら、電報を打つところです。
(↑昔の紅白では、よく「南極の雪は、一面の白」とか応援電報を打ってた。古き良き時代の慣例)


視聴率低迷にファイナルアンサー!?みのもんたが紅白司会に大抜擢 : サンケイスポーツ

『お嬢さん』層を狙ってきたのかしら。
それだったらいっそ、紅組司会も細木数子とかにしてみたらよかったのに。

私は絶対船越だと思ってたのに、うーん、読みが外れてしまいました。やっぱり腰痛が不安要素だったのかしら。
火サスがなくなる昨今だからなぁ。船越&片平なぎさで紅白。ダメ?
[PR]

そういえば『くノ一忍法帳』に、
「ボジョレー乳房(にゅーぼー)」ってワザがあったなぁ~。
(表記は違うかも)
なんてことを、高校時代から毎年この日に思い出してしまう自分がむなしい。

どういうワザかというと、
  上半身裸の外人(くノ一なのに)のおねえさんが
  「ボージョレー・ニューボー!」と声高に叫んで……
あとは字面でご判断ください。(自主規制)


ところで毎年この日、川島なお美は何をしているのでしょうか?
まさか愛犬とワインを飲んでるわけではあるまい。

ワイン界では「赤はなお美」「白は江川」と住み分けが徹底されてるそうなので(本当か?)、
江川卓は、案外いつもどおりの平凡な一日かもしれません。

[PR]

by datto2004 | 2005-11-17 21:17