<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

世田谷パブリックシアターで、佐々木蔵之介さん主演の舞台
蔵ウディア、って変換違ーう!「クラウディアの手紙」を観て来ました。

第二次大戦後、スパイ容疑を掛けられてソ連に抑留され、
日本に帰れなくなった男と、2人の妻の、ドキュメンタリーがベースになった話。
ロシア人の奥さんが、彼を日本で待つ妻の元へ帰そうとするので、
「これ、変に『美談』仕立てになってたりしたら、ヒくかもー」とか思っていたんですが、
苦難の数十年を、演じるというより、
人間のつらさ、かなしみなんかをさらけて「生きる」くらちゃんを見てるうちに、
『仕方ない』っちゃ語弊があるけど、そうした不条理な時代に、

「こんな不運の中、人間らしく生きていこうと思ったら、
絆を求めたって、しかたないじゃん!」

とか、逆ギレしたくなりました。何に対してだかよくわからんけど。
ほんとにリアルに、佐々木蔵之介でなくて、その役の人が生きているように見える。

休憩はさんで約3時間。
「傍観者」だっただけでも、かなり疲れたのに、
くらちゃんはあんな過酷な人生を、毎日まいにち生きてる
(下手したら?一日2回なんてぇ日もある)わけで、
そー思うと、役者さんって因果な仕事だわ~。

- - - - - - -

ところで、休憩時間に何気なく
「あ、アフロ人がいる。後ろの席の人はかわいそうねー」
と思って見たら、佐藤隆太さんでした。
彼とくらちゃんが「チーム申」のユニット名義で公演した二人芝居
「時には父のない子のように」
が、
去年観た舞台の中で、私としてはいちばん好きだったので
つい「チーム申またやってくださいよう!」と声をかけたい衝動にかられましたが、
「いやいや、プライベートで来てるんだろうし…」と死ぬ気で抑えました。

(このあと、男子トイレの前で1回、公演終了後にロビーで1回、
劇場を出てからエレベータ待ちで1回、彼を見かけて、
そのたび「言いたい!いや!言っちゃだめ!」と煩悶することに…(涙))

[PR]

・「新春浅草歌舞伎」 →ちまっとした感想
・「贋作・罪と罰」
・「ベガ-ズ・オペラ」→ちまっとした感想
・「とまらない生活2006&“フツーの人々”公演」
・「クラウディアからの手紙」→ちまっとした感想

「獅子を飼う―利休と秀吉―」は、体調が悪かった×サンシャイン劇場が嫌い、で
チケット取ってたのにぶっちぎってしまいました。
ごめんよ、平みきぢろう…。

[PR]

『さいえんす?』/東野圭吾
『レイクサイド』/東野圭吾
『ゲームの名は誘拐』(再読)/東野圭吾
『欠陥住宅物語』(再読)/斎藤綾子
『口笛吹いて』/重松清
『美人画報ハイパー』/安野モヨコ
『君の名残を(上)』/浅倉卓弥


まさか虫の知らせでもなかろ一が、
前半は東野圭吾さん読みまくりですねえ。
でも相変わらず直木賞受賞作は未読です
ははは。

姉歯事件を見てたら、つい再読してしまったのは『欠陥住宅物語』。
数年間、持ってることすら思い出さなかったのに…。

『美人画報ハイパー』は、仕事の息抜きに、昼休みとかサボってるときとかに読みました。
こうゆうイラストがキレイな本は「目の正月」というか、
一瞬で魂を逃避行させてくれるので、仕事で煮詰まってるときは必携です。
(でも「デトックス」とか「ヨガ」とか、キレイになるためのTipsがバンバン出てくるのに、
こうゆうの読みたがるときほど、化粧もしなくてボロボロなんだよなー)

重松清さんは初めて読みました。
ザセツしないよ一に、まずは短編集から。
う一ん、私にはまだ可もなく不可もなく。か?
来月は長編に挑んでみようと思います。

[PR]


本日のTV欄より。

---------------
ヘイ!ヘイ!ヘイ!
▽ワットの衝撃真実発覚・伯父の大物俳優が登場...
---------------


私の勝手な予測は「ウエンツの叔父が岡田真澄」(あるいはE.H.エリック)だったのですが、
正解は小池徹平と京本政樹が親戚
盲点突かれました。ぷすっ。

しかし、この記事↑、政樹が「大物俳優」かどうかは言及しませんが

小池はドラマ「ごくせん」の生徒役でブレークしたが、京本も俳優としては「必殺仕事人」で人気になった。
また俳優と並行して音楽活動を行うなど、その歩みは確かに似ている。

ってのは、結構無理やりだと思う。

やっぱ、楽屋とか入れるんだよなぁ。
京本、カーラーまいてたり、くるくるドライヤーでセットしてたりするのかなぁ。
見てみたいなぁ、うらやましいなあ、小池。
[PR]



関口知宏 育ちの良さと多才さでオヤジ超えもある : ゲンダイネット


お馴染みの番組「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」(NHKハイビジョンなど)は04年5月から始まった。
当初は同じ駅、同じ区間を2度通過しない「一筆書き」で縦断する企画で、ハイビジョンだけが放送していた。
しかし、再放送を望む声がNHKに殺到し、地上波やBSで再放送。
それでも足りずに今度は「一筆書き」で乗れなかった他の路線も乗りつくす企画を追加した。
(中略)
本人は芝居に拘泥するふうはない。「列島縦断」について語ったインタビューで、こんなことを言っている。
〈列車の中で出会った81歳のおばあちゃんの言葉がずっと耳に残っています。“ずっと貧乏だったけど、それで良かった。人様の親切が分かるから”。これからの生きるヒントをたくさんもらった〉
焦らずジックリと経験を重ねれば、NHK得意の“ふるさと路線”で、オヤジを超える名司会者になる可能性を秘めている。


これがホントの「トラベルチャンス」。

口にしたら人にバカにされることが分かっていても、
どうしても言いたい親父ギャグが頭に浮かんでしまうことが、人間にはありませんか?
私はあります。

このまま行けば、親父のあとを継いで、「フレンドパーク」の支配人になる日も来るのか?
「ピッ」と笛吹く、絶対権力者。
オヤジよりもだいぶ顔は暑苦しいです。
[PR]

日生劇場で「ベガ-ズ・オペラ」を観て来ました。

いやいや、なんだこれは、内野聖陽様、色気全開
「女ったらし」というキャラ設定である程度予測してましたが、予想の150%アップ(当社比)でした。

『エリザベート』のトートのよーな、ストーカーちっくなやらしさ(半笑い)もスゴイが、
(歌なんか、息遣いの含有率が30パーセントぐらい)
2また3また(叶恭子言うところの「シェア」)あたりまえ、
娼館にお気に入りの女を何人も何人も呼び寄せて、
なんだお前はあやしい呪文でも使っているのか!?的な外道っぷりも素晴らしい。
(しかし、なんか、手つきとかリアルにやらしいところは、共通。)
端正な顔(しかし意外にでかい。が、舞台俳優はそれもメリット)にはらりと垂らした前髪も、お約束だけど格好良い。

私、うっちーの舞台はこの2回しか観たことないんですが、2回ともヤラれた。0勝2敗。
「今度は負けないわ!」と言いながら、今後も負けを重ね続けるんでしょうか?
楽しみでもあり、「引き返すなら今だぁぁ!」と思ってみたり。逡巡。七転八倒。

この劇、ステージのすぐ両脇にも客席があって
(というか、もう舞台上の左右に客席がある感じ)
そことか、あとは最前列とか、うっちーがたまに客いぢり=女性を口説いてみせる をするのですよ。
「うわー!あんな席種あったんだ!」とうらやましかったが、
そんなことになった日にゃ、もう、元の毎日には帰れないだろうと思うので、
普通の席でよかったです。はい。
ちなみにラストはお客さんもステージに上げてのフォークダンスだったのですが、
うっちーと手を繋いだラッキーな女性(たぶん30代後半)は、
最後の最後ギリギリ、自席に戻されるまで、右手につかんだウッチーの手を、離そうとしなかった。
(高嶋兄と繋いだ左手は、アッサリ離した)

しかし、これだけのフェロモンをみせつけながら、
終演後のカーテンコールで本人は
「素の内野なにがしという役者は、女については人並みですが…」
とか言っていた。本当か?

あれだけ多種多様な色気を出し分けられるんなら、私生活でも勝ちっぱなしのような気がするが。
いや、それとも意外と、役は役で追求するからあーだけど、そのぶん私生活はストイックなんか?

んでも、そんなストイックな自己抑制っぷりも、
にじみ出る色香がたまらんのじゃなかろうーか…?←まったくもって色ボケ

[PR]


鬼の霍乱とゆーやつで、めずらしく風邪を引きました。げほ。

生まれてこのかた、ずーっとお世話になっている“町のお医者さん”は、
「小児科」兼「内科」という看板だったもんで、いつもなら疑問を持たずにそこに行くのですが…

やはり、そこはあくまで小児科メイン。
「体調不良のあまり幽体離脱一歩手前」てな状態のときに、
発熱でヘンに躁状態のお子ちゃんたちが、奇声を発しながら周りを走り回るのはツラい。

しかも去年、その病院に行ったときは、
待合室でぐだっとしていると、見知らぬ子が「はい、あげゆー」って、
「ぬいぐるみを私に押し付けるのはいいが、おいお前、
今の今までくわえてたじゃねぇか、それ。風邪ウィルス入りの唾液でベトベトだぞ、ゴルァ!!」

しかし3歳児(目測)にそう詰め寄るのもオトナゲないし、何より敵は保護者付きだ。
ナケナシの力を振り絞って、「はははは…(涙目)」と笑うだけ。されるがままよ、チクショー(T T)。
さらに、「○○ちゃん、ダメでしょう」と止めに入ったお母さんが、どーみても自分よりも歳下。
「産まず嫁がずこの歳に」(by酒井順子)な私は、
「やっぱ、こんな珍獣を育てるには、若くて体力のあるうちでないとつらいわ。
いや、もう、今すぐ産んでも、もう若くないじゃん。ははははは…」
と、体調不良とも相まって、思考がドツボでぐーるぐる。←3日落ち込んだ。

「小児科は、もう、いい」と気付いた30うん歳。遅すぎだって。
そんなわけで今回は、亡くなった祖父が晩年、在宅看護で診てもらっていたお医者さん(の医院)へ、
もちろん、あらかじめ「内科」専門であることを確認したうえで、初診でGo!

だがしかし。

「うちのじーちゃんが、往診してもらっていた」という時点で、気付くべきだった。
待合室、お年寄りばっかり!
それも「元気で用事もないのに、ヒマだから病院に来て世間話をしている」
なんてナマやさしいもんじゃないよ。

  みんな付き添いのご家族か、ケアマネージャーさんが一緒!
  車椅子率高し!

よく見たら、同じ建物の中に、お年より向け介護施設や、リハビリ施設もあったのね…。

こうなると、私は待合室の中で、一番元気。場違いなくらい、健康体。
つーか、異物。
はっきり言って、私それ自身が【害毒】。

うちもずっと、じーちゃんと同居してましたもんで、
体力の落ちているご老人にとって、風邪が文字通り「死活問題」であることは、
十分、じゅううううっっっぶん!!分かっているつもりです。
顔色が蒼ざめたのは、風邪のせいだけじゃないのよ、ルルルルル~。

「待合室で、他の人の風邪までもらっちゃったらヤダもんなぁ~」
と思って、家から用意していったマスクが、「私は敵じゃありませ~ん」とアピールする、唯一のアイテム。
それでも、診察前の検温や血圧測定で、看護婦さんにさりげなーく別室に連れて行かれたのは
(ご老人方は、みんな待合室でそのままはかってもらっていた)
やっぱ院内感染(もちろん、私からご老人方への)を心配してなんだろうなぁ;

「ご老人にうつすかも!という恐怖を味わうのに比べたら、
がきんちょの風邪をもらうくらい、なんてことないのかな…」
ということで、当分はまた小児科に逆戻りしそうな私です。


ちなみにひととおり問診した後の先生の第一声は
「とりあえず、インフルエンザではないです」
やはり今はインフルエンザかどうか、がプライオリティNo.1だなー。

[PR]

おととい昨日はそんなことなかったのに、今日になっていきなりアクセス増えてたんで、
「なななななに!?」と思ったら、exciteのニュースにこんなんが上がってました。それでか。


ライブドア忘年会熱唱男はネットの人気者 : 日刊スポーツ

はあ。「VIP STAR」の方だったんですね。
     ↑これも「そうゆうもんがあるらしい」とはコミミに挟んだけど、曲は聴いたことはない。

ところで彼は、堅以外は歌わないんだろーか。
オリジナルのファンだと、どーもおちょくられてる気がするというか、
な~んか面白くない気持ちがするんですが、
別のアーティストのまねだったら、もちっと客観的に見れる、いや聴ける気がする。

[PR]

昨日は有休だったもんで、
はからずもいっぱい見てしまったよ、
-連のライブドア報道。

その中で、ゲッと思ったのが、
昨年末のライブドアの忘年会
(ホームビデオかなんかで撮影したのが流出したくさい画質)
で歌われていた「大きなのっぽのライブドア」。

タイトルから丸わかりのよ一に、
「大きな古時計」をべ一スにライブドアを自画自賛した
くそつまんねえ替え歌
(ライブドアがど一のっつ一んじゃなくて、
こうゆう愛社精神の植え付け行為みたいなのが
ダメなんです私!)。

なんだけど。

歌ってる人の声やブレスが、平井堅ちゃんによく似てる。
85点くらいあげてもい一です。

どうもそのために営業に来てた
セミプロ?の歌手の人だったみたいだけど
(本業はプログラマーらしい)
好きな声にイヤーな内容を歌われる気色悪さに「ぎええ!」と身悶えしつつ
正直感心してしまいました。

あの忘年会映像けっこ一流れてたけど
(私、半日で3回みて「も一え一っちゅ一の」とだんだんムカッ腹立ってきました)
あの人、いい宣伝になったんだろ一な一。
営業の依頼とか増えるのかな。
「ものまね王座決定戦」とか出場しちゃったりな。

でも、あくまで
「うまく特徴つかんでますねえ」ってだけだったから
調子こいていきなり本業やめたりしない方が良いかと思います。
よけ一なお世話だ。

(ルックスは堅ちゃんでなくサンプラザ中野的)

b0043827_2101176.jpg


彼の見たライブドアの忘年会は
「大学の体育会サークル的」だったそうな。
みんなで踊ったり上半身脱いだり
堀江、感極まって泣いたりしてたもんな。
(乙部さんの、広報なのに「みんないい人で大好きで」みたいなコメントもそれっぽい)

そんな会社勤めたら、行事のたびのズル休みだけで
有給全部消化しそうです、私。
[PR]

(↑いちおう、この本のタイトルにかけてます)
ここ数年、ファンとしても、新刊が出るたびに
候補に挙がっちゃ喜び最終選考で落ちちゃガックリしてきた(勝手に)のですが、
とうとう、です!
  
  直木賞受賞、東野圭吾氏「ゲームに勝てて良かった」 : 夕刊フジ

「ずっと『無冠の帝王』ってのも面白かったのに」
とか、ちょっと思ってしまうあたり、ファンと言えども所詮は他人事???;

とか言いつつ、受賞作『容疑者Xの献身』は、
実はまだ未読なのです。すんまへんな。

この週末にでも読もう。
以前に「自分は女性は書けない」と言っていた(らしい)東野さんが
「男がどこまで深く女を愛せるのか。どれほど大きな犠牲を払えるのか」(帯のコピー)
って、どんな恋愛模様を描いているのか、ちょー楽しみでございます。

でもハードカバーって重いんだよな~。
(風呂で読書派なので、読むのは文庫本ばっか。
↑それ用に『白夜行』文庫で買いなおした(バカ)。文庫なのに¥1000もした。)

[PR]