<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日、日曜の夕方のことです。
近所のローソンからの帰り道の途中に、恐ろしいものに遭遇しました。

チャリで目の前を横切る、上はTシャツ/下はスッパなおっさん。


度肝抜かれた……。


「だぁぁぁっ!変質者ー!」と、110に電話しようと携帯に手をかけつつ
後姿をよくよく見ると、おしりのほっぺの間にちょんと白い布が。

おそらくふんどし着用。
(横ヒモのラインが、Tシャツに隠れて出てなかった)
しかしなぜ?

帰宅後、約3km離れた下町在住の友人からのメールに、こんな1文が。
「今日さ~うちのほうお祭りで、人込みがすごいんだよねー」

彼は3キロ先から、チャリを飛ばしてやってきたのだろうか?
勘弁して欲しい…マジで勘弁して欲しい……

[PR]

マンガのドラマ化、まだまだ続きそうです。



“年下の男”亀梨 伊東美咲と熱愛 : スポニチ

女優の伊東美咲(28)と人気グループKAT-TUNの亀梨和也(20)が共演する
フジテレビのドラマ「サプリ(仮)」が7月10日からスタートする。
月曜午後9時の“月9枠”で、28歳のキャリアウーマンと23歳のアルバイトが織りなすラブストーリー。
年上キラーの亀梨の魅力で、今夏の話題をさらいそうだ。

原作結構好きで、連載もコミックスも読んでるんですが、
(荻サマと別れた後、新たな男性との出会いが!?にどきどき)
亀梨くん演じるらしい
「年下のアルバイト」
って、出てきませんね。
ドラマのオリジナルキャラか。

「まぁ、なんでもいいのよ、おもしろけりゃ~」とは思うものの、原作の
  “いろいろ悩みはありつつも、基本好きだからじゃきじゃき仕事ばっかしちゃうんだけど、
  恋愛はからっきし不器用で、どうしたらいんだろね私。
  でもわからないから、ついつい仕事しちゃうんだけどね。あっはっは~”
なところ(…違うかも)な心情にシンパシーの涙を禁じえない私としては、

伊東演じる大手広告会社のCMプランナーは、「仕事命」でプライベートは二の次というバリバリの28歳キャリアウーマン。仕事も流行の服もバッチリだが、唯一「かわいげ」だけが足りない女性だ。

という一文に、ちょっと不安を感じてしまうのですが…。
しかも

物語はそんな2人が出会い、周囲の人も含めた夏らしいさわやかなラブストーリーが展開。
過去に年上の女性との恋愛ドラマとしては、
山口智子(41)と木村拓哉(33)の大ヒットドラマ「ロングバケーション」などがあるが、
新・年上キラーの亀梨に女性たちはメロメロになりそう!?

って、大丈夫ですか?もしかして、全然別モンじゃないですか?
『こいつら、会社で毎日、一体いつ仕事してるんだ…?』
ってぐらい愛だ恋だと浮わ付いたラブコメ(死語)になってたらどうしよう。

とかいって、そんなドラマ『anego』も大好きだったので、
亀梨くんが癒しキャラになってれば、たぶん文句は言わないと思います。


ところで私、毎度こうしたマンガ原作の新ドラマの情報を聞くと

干物女は…?」

と毎回思うのですが、この夏もないんでしょうか?

おっかしーなー。すごい売れてるみたいだし、
絶対使いたい人達、いっぱいいそうなんだけどなー。

もしや主演女優のなり手がいない…?(家で髪の毛チョンマゲだから?)
[PR]

先週、東京で初日に観て、
出てくる食べ物をいちいち「うまそーうまそー」と思っていた私なのですが、
そー思った人が他にもたくさんいたのか、こんなイベントがあるらしい。
良かった、いぢ汚いのは私だけでなくて♪


神戸のクルージング船に、間宮兄弟が?! : 映画『間宮兄弟』の公式ブログ

神戸のミュージック・グルメ船「コンチェルト CONCERTO」で、『間宮兄弟』の世界を体験できる、
期間限定のタイアップキャンペーンを開催します!

「間宮兄弟」が住む部屋をレストラン内に再現。
映画のパネル展、主題歌BGMなど、映画のシーン の日常空間をイメージした中で、
劇中登場するアイテム「カレー」「コーヒー牛乳」「ビール」を味わえる期間限定のティークルーズです。
コンチェルトと「間宮兄弟」は、小さな幸せがいっぱい溢れている、楽しいライフスタイルを提案します!


コンチェルトといえば、船上ウェディングなんかもやっちゃう、
神戸のロマンチックデートの定番じゃないですか。
なのにカレー…。ちょっと違和感が(笑)。
やっぱりポーク・ビーフ・チキンから選べるのでしょうか?
卵は真ん中じゃなければナマでも良いのでしょうか?
いずれにしても、食事中に色水を作って飲んだ話はNGですとも。

関東在住の身としては、ちょーっと距離的にハードルの高いイベントですが、
もともと月イチくらい関西へ行く(そして週末遊んでから帰る)生活をしているので、
行けるかどうか、ちょっと仕事のスケジュールに手ゴコロを加えてみましょう。ふっふっふ。

ってゆーか。
この週末も行ってたよ!神戸!!
「あーシネ・リーブル神戸って三宮にあるんだ~」(←私が行ったのは、池袋のシネ・リーブルだったので)
とか、思いながらのんきにそばを歩いていたら、
ちょうどそのころ蔵之介さんが舞台挨拶にしてた模様
関西は初日が1週間後だったとは知らなかったので、帰京後に知ってびっくらしました。
いやーん、ニアミスぅ。

そんなことも知らず、ちょうど神戸で2度目の舞台挨拶の最中くらいの時間に、
私は新幹線の車内販売で某社の缶ビールを2本(どっちも『モ●ツ』)買ってたのですが、
はからずも「丹沢水系」と「天王山・京都西山水系」が1本ずつで、
関東・関西の味比べをすることに。(間宮お兄ちゃんのテレパシーか!?)

結果、
「本当だ!作ってる工場によって味が違うんだね、兄ちゃん!」
と、叫びたくなりました。
仙台出張中の明信さんに、負けず劣らずのテンションで。
しかし、おかげで酔っ払って寝こけてしまい、静岡あたりで「うなぎパイ」買うの忘れた…。

もちろん、旅先での就寝時は
さーて、本を読みながらだんだん眠くなろっと。
です。

- - - -

にしても、間宮兄弟のサービス精神には頭下がるです…。
私は蔵之介さんのファンで、舞台も観に行ったりするですが、
そこでもポスターやパンフにいつもいーっぱいサインをされていて
(特に千秋楽行くと「パンフレット購入者全員に!」みたいになってて、意外とビビる)
特にしゃかりきに集めたわけでもないのに、私もサイン2枚持ってる(大笑)。
[PR]

by datto2004 | 2006-05-22 23:12 | 間宮兄弟

私の勤め先は、帝国劇場からわりと近い。
けど歩けるほどには近くない。
しかし電車に乗るとかえって時間がかかり、
定時ダッシュしても18:30開演には間に合わない。

というわけで、帝劇に劇を観に行くときには、
ちょっと贅沢してタクシーを使うんですが(それでも時間はギリ)、
過去、「エリザベート」だけは2回とも遅刻!!

一昨年(山口祐一郎トートだった)乗ったタクシーは、
運転手さんがカーナビの設定を間違えやがり、
着いた所は帝国ホテル
 
帝国劇場と帝国ホテルは、そんなに離れていないんですが、
(たしか道2本ぶんくらい隔てたくらい)
車だと、結構ぐるっと大回りしなくてはいけないので、
そーこーしてる間に開演時間。
結局客席に着いたのは、
第1場の最後・エリザベートが棺から出てくるところでした。


昨年(今度は内野聖陽トート)は、
今度はベテランドライバーさんらしく、去年のことを話したら
「いやー最近は、会社リストラされて、
タクシードライバーなりたてなんてのが
結構多いんですよー。困りますよね、はっはっはー」
なんて言うので、安心してたら、ハイ、帝国ホテルに到着~!!

アナタ、聞いてましたか!? 私の話を!!!

席に着いたら、またエリザベートが棺から出てくるところでした。

これはもう、何かヒト以外の力が私に嫌がらせをしているに違いない(←大げさ)、と
この現象に勝手に「トート閣下の呪い」と命名したのでした。


さて今年です。(武田真治トート

今度こそ3度目の正直で、オープニングから観たい!
と、上司が出張で留守なのを良いことに、自主的に若干の早引け→電車移動を企てましたが
出掛けに私宛ての電話が掛かってきて失敗。
気づけばもう、タクシー移動しか選択の余地のない時刻に!
「ちっくしょお。もう“呪い”が始まってるのかよ~(泣)」
と思ったものの、

ふっふっふ。
今年はなぁんと日生劇場なんですのよっ!!

結果、今回乗せてくれた運ちゃんは、迷うどころか空いてる道を選んでさえく
れて
(もちろん、間違えて日本生命の本社に行くこともなく)
開演5分前に、劇場に送り届けてくれたのでした。
席に落ち着いて幕が上がるのを観ながら
「勝った! あたしはトート閣下に勝った!!」
と、自分勝手な勝利の喜びに浸っていたのでした。
いやーやっぱ「黄泉の帝王」も、新任だと妖力が弱いのね~。


もちろん舞台も堪能し、満足して帰路についたそのわずか9時間後。
翌朝の「めざましTV」にて。

『内野聖陽&一路真輝結婚!!』
の第一報を知る。


………これか、これだったのか、今年のオチは。
メガトン級じゃないのよ、ちょっと。
公演日が1日あとだった、もしくはニュースが1日早ければ、
私だってこの記事↓みたく、客席で盛り上がれたというのに…。



「夏に結婚」内野&一路に拍手の嵐 : スポニチ

この日、一路は東京・日比谷の日生劇場で、
最愛の人と結ばれたミュージカル「エリザベート」に出演。
内野との結婚が公になり、終演後、客席からは祝福の拍手の嵐が起こり、
一路本人もうれしうに笑顔を見せた。そして、カーテンコールは通常より2度多い5度。
武田真治、石川禅らの共演者からは、バンザイポーズと“お祝いの足踏み”も飛び出した。


ああ、うっちートートが、吐息の含有率高め

♪最後のーダンスはー 俺ーのもーのー
お前はー 俺とー 踊るさぁだめぇぇぇぇ~

と歌い上げるのが聞こえます。もちろん気のせいです。




[PR]

b0043827_18193780.jpg
映画 『間宮兄弟』、初日に観に行きました。
し・か・も舞台挨拶付き~~!
いぇーいいぇーいワァオ!!

先に映画の感想から言うと…(ちょいネタバレ)

なんか、ほのぼのーんと、ふわふわーんと、肩の力が抜けるいい映画でした。
DVDになったら、自分のモノにして、がっつり所有したい。(気が早い…)
そんで、なんか仕事が忙しかったり、恋愛がぐだぐだになったりして、自分がわからなくなったときに
好きなシーンをぽつぽつと見返して、そんでニュートラルな自分に戻るんだ。
そんな映画です。って、どんな映画じゃ。

いい年して独身の兄弟ふたり暮らし、しかも仲良しって、
ちょっとキモいのを想像してたんですが(笑)
それ以上に、いちばん仲の良い友達…つか、それよりもっと打算や虚勢とかのない間柄が
一緒に住んでて、毎日楽しく過ごせてて、
家の中にも自分の好きなものがいっぱいで、見ててうらやましくなりました。
「うわー、私もこの家住みてー」とか思ったもん。

かといって、外の人達に対して閉じてるわけでなくて
同じよーにウラがない素直な接し方してて(大分シャイだが)
私だったら十分恋愛対象だなー。
(ってゆうか、ホント本編に全く関係ないシーンだったんだけど、
他の工場に出張に行ったお兄ちゃんを、そこの工場の人が建物の外まで、たくさん見送りに来てて
んで、お兄ちゃんも「本当にお世話になりました!勉強になりました!」って腰低くって
「うわー、この人誠意ある仕事する、いい人だー!!」ってちょートキメキましたよ!


しかし出てくる食べ物がなんだかおいしそうだった。
蔵ちゃん演じるお兄ちゃんが、ビール工場の研究員って設定は事前に知ってたので、
「うわ、途中で絶対呑みたくなるわ」って、ビールは用意しておいたんですが、

(出演順に)
「ポップコーン食いてー」
「餃子食いてー」
「カレー食いてー」
「うなぎパイ食いてー」
「笹かま食いてー」
    :
    :


特に、弟がカツアゲに遭ったあと、お兄ちゃんが握ってあげてた塩むすび。
形もイビツいけど、弟を落ち着かせて安心させて。
ちょっとねー
「私も、自分の妹に何かあったとき、あんなふうに何気なくあったかくできるかな」
って、しんみりしてしまいました。
おかげで、帰宅するなり妹に腹の肉をつままれても、怒らずに済みました。

しかし危険だ。
映画観てて、こんだけ食べ物にそそられたことはないわ。
やはり、観ている側も、そんだけリラックスしてたってことかなぁ。
のほーんとしに、もっかいくらい観に行くかもです。
うーん、私もこんな生活がしたい。日常を愛して過ごしたい。マジで。

ってことで。

嫁ぎたいぞ、間宮家!

でも、家族の仲が良いと、縁遠くなるよね(笑)。
間宮兄弟の姉が、間宮貴子(from「離婚弁護士」)だったらどうしよう。

- - - - - - - -

でっ!
舞台挨拶です!
(本当は、上演前だったんだけど)

私の行った回は、森田監督と佐々木蔵之介さんが登壇されたんですが、
(残念ながら、弟・塚地さんは欠席ー)
ナニゲなく取った前売り券が、実は一番前だったもんで、目の前に蔵之介さん。

もう、アタマ真っ白!(←注:私の)

お、おかしい、以前、舞台でこのくらいの距離だったことあったけど、
その時は別に大丈夫だったのに…。
(たぶん、その時は蔵之介さんじゃなくて、劇中の人物だから)

正直、お二人が何を話されていたか、ほっとんど憶えてません…。

それだけでもえらいこっちゃなのに、「質問タイム」があって
それはいいけど蔵之介さんが自分でマイク持って客席に降りて質問者の方のところへ行っちゃって
しかもそれが私の隣の隣の席の人で


もう、顔真っ赤(←注:私の)

なんとなく、蔵之介さんが自分のほうを見て微笑まれた気がしたのですが
(ハイ気のせい!ハイ自意識過剰!!突っ込まれる前に自己申告しておくわっ!)
あれは顔が“タコ入道化”してたから笑われたのだろうか。
いえ、それでも全然いいです。タコ入道、上等です!

(できることなら私も挙手して質問したかったけど、
頭真っ白で声もでなくて、全然無理だったでありますよ…(泣))


質問された方がお礼を言うと(ちっちゃ声だったのに)、ちゃんと聞いて会釈返されたり、
退場のときも「立ち見の方もありがとうございます。1時間59分楽しんでください」と気を使われたり、
公式ブログ見たら、
予定がないはずの上映回でも、飛び入りで挨拶されてたりしたみたいで、
いやあナマ蔵之介、ナイスガイでした。ぽー♪

あ、いっこだけ思い出した…。
「見どころはどこですか」という質問に、監督と蔵之介さんが
「あーあそこね」「あのシーンね」と答えてたのですが、
その後上映された本編では、その場面を探せませんでした。

ジャングルで原住民に襲われるシーンなんて…

おかしい。かなり集中して観てたはずなのに。

[PR]

by datto2004 | 2006-05-15 18:19 | 間宮兄弟

大昔、「西城秀樹の妹コンテスト」なる催し物があったそうですが、
今時はコレみたいです。
「京本政樹の長男。をプロデュース」 : スポニチ


京本政樹の血縁といえば、確か小池徹平が遠縁だったよな、
と思いますけど、息子=直系→政樹の遺伝子 凝縮抽出 って考えると、
やはり決め手はモミアゲなのかしら?

写真審査で、長さ・濃さに加えて、造形のウツクシサとかでふるいにかけられ、
1次の実技審査で、ヘアスタイリングの速さを競う。
そして、2次の歌唱審査(課題曲はもちろん政樹の「風のセーラ」)では、
当然ギターの弾き語りが高ポイントで、
演技審査でも、華麗な組みひもさばきを披露できれば、
初代「京本政樹の長男」の王座はアナタのもの!
政樹が手ずからアナタに王冠をかぶせ、そっとマントを羽織らせてくれるでしょう。
そしてアナタは、トロフィーを手に、政樹仕込みの妖艶な微笑を、
そっとオーディエンスに投げかけてください。

- - - - - - - - - - - - - - -

って言うのは、記事タイトルを見て、一瞬思い浮かんでしまった
すべて私の妄想です。

本当は、11歳のリアル「京本政樹の長男」が、
ジャニーズ事務所でレッスンを開始したらしい
という話です。

もちろん
「国民的京本政樹コンテスト」
とか
「京本政樹スーパーボーイオーディション」
とか
「京本政樹シンデレラオーディション」
とか
「ミス京本政樹ジャンプ」(←もう無理矢理)
も、存在しません。

だってさー、政樹、生活感ないんだもーん。
「息子」って言われても、つい企画かと思っちゃうっての。
ところで、政樹について検索してたら、こんな本に当たってしまいました。
うーん、カバー写真がせくしー…。

[PR]

ヒマな大学生、しかも夏休みだったので、たぶん観てたと思うのですが、
思い出せるのは、彼女が
ごっつ縦ロール&ごっつ目ヂカラ&ウエスト縛りまくりの裾ブワーなワンピースで、
(「風と共に去りぬ」を意識してたのでしょうか、あれは…)
いっつも仁王立ちをしながら高ビーに激怒してた姿だけです。
↑でもオボロゲなので間違ってたらごめんなさい
あれから13年ですかー…。
ストーリーまったく記憶にないんですが、そのビジュアルだけは強烈に脳裏に焼きついてて
『板橋マダムス』でのんきな主婦やってたときにはびっくらこきました。


櫻井淳子が13年ぶり昼ドラ主演!フジ「美しい罠」 : サンケイスポーツ


女優、櫻井淳子(33)が7月3日スタートのフジテレビ系昼ドラ「美しい罠」(月-金曜後1・30)
に主演することが7日、分かった。
櫻井の同枠主演はドラマ初主演作だった平成5年「誘惑の夏」以来13年ぶり。
「わたしは女優としてここから旅立った。帰ってきていい恩返しができたら」と意気込んでいる。

『愛の嵐』(は田中美佐子だけど)『華の嵐』『夏の嵐』の「嵐」三部作に
めろめろの中高生時代を過ごした私にとって、
(放課後の廊下で、友達となりきり再現ドラマを演じてた。若気の至りってやつさね)
東海テレビ系昼ドラの女王といえば、
現在、那須高原で農業をやっているあの方なのですが、

もう、復帰しないんでしょうか?
ってゆうか、もう女優はやめたんでしょうか?

デーブ・スペクターの横で、コメンテーターとして「とくダネ!」に出演している姿を見ると
ちょっと寂しくなるのです。女優にあるまじき、メガネ着用だし。

だけどだけど、もし万が一
あなたが昼ドラに戻る日が来たら、私は全力で声援を贈らせていただきます。

高木美保様!!

ああもう一度、冷たく「ごきげんよう」と言い放たれてみたい…。
ホントにきれいだったんだってば。
そしてそのときにはもちろん、かたわらには長塚京三様に居て欲しい。

って、全然話がそれましたが、
何はともあれ「美しい罠」、記事中のあらすじを見る限りちょっと面白そうなので、
7月の放送開始を楽しみに待ちつつ、
とりあえず、今日から『大奥』(菅野美穂が天璋院篤姫のヤツ)の再放送が始まってるので、
また全話コンプリートに走ります。


(14:00台『大奥』 → 15:00台『女系家族』 → 16:00台『anego』の
ゴールデン再放送祭りに、TVパソコンのHDDもヒートアップ。(比喩ではなく文字通り)
容量が足りなくなったので、現在放送中の月9「トップキャスター」は我慢です。
なんか優先順位間違ってますか?)

[PR]

ええ、当然毎週欠かさず観ています。「医龍」

ハイ、その理由。

  1位 佐々木蔵之介が出ているから

  2位 北村一輝が出ているから


  3位 坂口憲二が主演だから

1位と2位は、わりかし僅差。
ちょっと水をあけて、3位ってところでしょうか?
これに、次週よりバチスタチームに加わる(であろう)
ラリラリ麻酔医役の阿部サダヲがどう絡んでくるかが焦点です。

これまでの例から行って、一輝は前半は比較的常識人を装いつつも
後半暗躍しまくって高得点を叩き出してきますので、
蔵ちゃんにもガツーンな見せ場が欲しいところですが、
「憲二をサポートする実直で気骨のある内科医(そして娘大好き)」
という設定自体が、
もう彼の持ち味を最大限活かすポジションかと思いますので
変に奇策を用いることなく、
彼の地味ーな縁の下的活躍を、このまま地道に拾っていくので
ベストかつ十分かと。

憲二は今回、意外と露出が多いぞー。
がんばれー。

あと、当然ランク外なんですが
異様なロン毛の木原先生
嫌なんだけど、すごく嫌なんですけど、気にかかります。
木原先生、朝の連ドラ「純情きらり」でも、ものすごく嫌な感じです。
こっちの頭も尋常でない二八分けだし。二八ってアンタ、蕎麦じゃないんだから。
なんか見たことあるぞ…と思ったら、猫のホテル(←劇団)の方だったようで、
たぶん何かの客演とかでお見かけしたのでしょう。
この後を引く嫌な感じ、今年は個人的に彼に注目ですかね。すっげえ嫌ですけど。

そしてやはり、次期学長の座を狙う岸辺一徳の腹黒さがすばらしいわ。
「僕、君にやっといてって言ったよね?」の一言で、部下にミスを擦り付ける教授。
ふっふっふ、大学病院(のドラマ)は、こうでなくっちゃあ!
(でも「君、きりたんぽ好きだったよね?」と秋田の系列病院にトバされる袴田吉彦…
あなたもわりかし好きなのに…1話限りだなんてぇぇぇ(泣))

しかし「白い巨塔」のときにも思ったけど、外科医って
“ものすごく細かいことを、ものすごく速く”
やれればやれるほどホメられる世界なのですね…(※いや、たぶん一部認識間違い)
きっとリリアンとか編んだら、えっらい高速かつ正確に編み上げるんだろうな~。
なんとなく、一輝が一番速そう。


小池徹平くんは、フツーに過不足なく良い感じの役者さんで
ちょっとびっくりしました。最近のアイドルってすごいね。


あ、ドラマの話自体、面白いです。←取ってつけたように。

[PR]