<   2006年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

最近、CMで「グッドウィル ドット ビーズ!」と叫んでいる伊藤英明を見るにつけ、




「最近、小倉一郎はどうしているだろうか」と気を揉んでいたので、

東京ガスのCMに“光秀くん”として出演している姿を見て、ちょっとホッとしていたのですが、



こちらがホッとした以上に、一郎は元気だった模様。

小倉一郎が元アイドルと結婚 : 日刊スポーツ
俳優小倉一郎(55)と元アイドル歌手の谷ちえ子さんが30日、長野・軽井沢で挙式した。
2人は今春に知り合い、一目ぼれした小倉が最初のデートでプロポーズしたという。
b0043827_1523646.jpg



でも一郎に『海猿』は厳しいかな。
168cm、45kgだし。←今もか?
[PR]

ためしに「大奥」「明治座」で検索したら、
大昔にも小暮実千代の「大奥物語」とか
「新大奥シリーズ 乱菊の女」なんてーのがあったようです。
そう思うと、当然の帰結?


「大奥」来年10月明治座で舞台化 : 日刊スポーツ

フジテレビの人気時代劇「大奥」が
来年10月に東京・明治座で舞台化されることが29日、分かった。
12月には仲間由紀恵主演の映画版も公開予定で、ドラマから始まったブームは舞台にも波及した。
( 中 略 )
今回の舞台化では、最高視聴率17・3%を記録した第1シリーズとほぼ同じ設定。
出演も大奥総取締の滝山に浅野ゆう子、将軍家茂に嫁ぐ皇女和宮に安達祐実、
奥女中初島に木村多江とテレビ版と同じ顔触れで、
重厚な時代劇の中で笑いを巻き起こした
奥女中トリオ「大奥スリーアミーゴス」の鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希も登場。
また、家茂の母・実成院は江波杏子がふんする。
スタッフもテレビ版と同じく、演出を林徹氏、脚本を浅野妙子氏が担当する。


「第1シリーズとほぼ同じ」と言いつつ、ナニゲに主要キャストが抜けている。
天璋院さま(菅野美穂)は?
まる(池脇千鶴)は??
ってことは、和宮様ご降嫁前後にスポットを当てたストーリーになるのだろうか。

となると、当然、家茂公も結構キーパーソンだと思うんだけど、
書いてねーなー。
キャスティング調整中かなー。
たぶん、TVの続投⇒葛山信吾だろうなー。
そうでなかったら、山口馬木也さんあたりかなー。
でもきっと「ウチの上様」ではあるまい。13代目ならともかく。
いや、でもわからんな。
蜷川演出の影響で、そんなさわやかさんな役もくるかもしれない。
そしたら北村“上様”一輝・「篤姫」に上様続投推進委員会 (略称:北上委)は大喜び♪

新橋演舞場とか明治座とか、
着飾ったオバちゃん(株主優待券所持率高し)が集って観るよーな、
ゴーカでのったりした芝居、結構好きなんで、今から割りと楽しみ(笑)。

あ、夜の部だと、終わってから明治座のまわりでメシ食うとこないので、
休憩時間に館内のレストランで食べるか、中で軽食買うか、あとはあらかじめ持込みっす。
明治座デビューの若い皆さんは、ご注意ね!
[PR]

by datto2004 | 2006-10-31 12:35 | 大奥

行ってきました。
西村しのぶ先生のサイン会@新宿紀伊国屋書店。

結局、悩んだ挙句
黒セーター+茶のパンツ(ジーンズはやめた)と、普段着で行っちゃいましたよ。
で、これに黒×金コンビのハイヒール……どうなんだ?よくわからん。
しかし、格好が普通な分、メイクに凝らないと!とかわけわからんプレッシャーを勝手に感じ、
こないだ美容院で読んだ「美的」(だったか?)に載ってた、
“下まぶたにのみパープルのシャドウ”とかやっちまった。
(↑今まで一度だってやったことないのに……やはり舞い上がっていたのか。)

今日、会社に行ってからも同僚に
「大女ばっかりだった?」と聞かれたが、実際にはそうでもなかった。
ブーツの方も結構いたし。それに半分くらい男性だったわ。
でも、黒いドレスにガッツーン!なヒールのガッツーンな女性の集団も結構いて、
「わしなんぞ、まだまだヒヨっ子じゃのう…」と痛感(笑)。

西村先生は、以前に写真で見たとおりの綺麗な大人の女性でした。
茶髪のロングヘアーをうしろ一本でまとめて、黒のパンツスーツ(たぶん)ってゆー
シンプルな格好が粋でしたわ。
(昔可愛がってもらった小学校の先生に似てる…)
しかし、それ以上に、表情が魅力的というか、
「本気で笑ってはりますよね?」って感じで(笑)
サインしつつ、ひとりひとりとても楽しそうに話してらしたのが、印象的でした。
(私は初日の結構早い順番だったけど、翌日にあと2箇所、
人疲れされなかったか、心配なくらいじゃ)



私のときも、
「東京までわざわざありがとうございます!
10ウン年ファンやってて、初めてお目にかかれて感激ですー!」←テンパリまくり
と挨拶したら、
「うわーそれじゃ、こんな小ちゃい頃からじゃないのー?(と手を床から1メートルくらいのところに)」
と返してくださり、当時の私には想像も付かなかった事態に、泣きそうになる。
(すいません、シェンシェー、せっかくなので嬉しくて黙ってました。すいません。
本当は、身長は今ぐらいまでもう伸びきってて、もう意外と育ち上がってました、実は……。
(当時もう、高3だったんだもん; 今も童顔、つか若作りなんだもん。))


紀伊国屋の整理券には、参加者の記名(“○○さんへ”って入れていただくからね)のほか
メッセージを書く欄がありまして、
そこに小さい字でチミチミチミチミと思いのたけをつづって持って行ったのですが、
それをざっと一見されただけで(結構ものすごい文字量だったのに)、
中にちらっとだけ書いた
「○年付き合っている彼氏が神戸在住です」という箇所を、
「あー これは素晴らしいですね~ (書いてあるところを指でぐるっとされて)ここは花丸ですねぇ」
と言っていただいたのには、嬉しいやら度肝を抜かれるやら。
だって、ホントにちらっと一見されただけだったんだもん!
しかも、周りの並んでいる方や出版社・書店の方にはわからないよーに(きっと)
書いてる中身については、まったく触れずに、私にだけわかるように!

「なんちうクレバーな女性じゃあ…!」

と、サインしていただいている間、驚愕しまくりでした。

(この整理券とは別に「どんな携帯をつかっていますか」「自転車の愛車自慢を」といった設問の
おそらくは、西村先生がたぶん聞いてみたかっただけ(笑)のアンケートがあったのだけど、
その場で配られて、私すぐにサインの順番になっちゃったので、最低限だけ殴り書きになってしまった;)

しかも、厚かましくも「ご迷惑でなければ…」とお願いしたら、
快く握手までしていただいてしまった。感涙。
最後に、かばんにくっつけてた子バック(つかポーチ)を、
笑いながらポンって叩いていただいたのが、嬉しかったなあ~。


私もあんな、しゃっきり背筋の伸びたオトナの女性になりたいっすわ!
精進っす!押忍!

あ、でもらリほーのあまり肝心の靴をお見せするのを忘れたわ…。


往路は気を張っていたのでへーきだったのですが、
帰りはヘロヘロで足が痛かった……。
テンション上がりすぎて、翌日は死ぬほど眠ってしまいましたとさ;


そういや、何年か前に、某小説家さんのサイン会で紀伊国屋に行ったときは、
ホントにサインだけ、
しかも私の次がよその出版社の担当編集さんだったようで、
私の順番のときにもう、
その方と「いやーどうもどうも」とか話し始めちゃって;
そのときの印象から、サイン会って、そんなもんだと思っていたから、
今回、あまりのフレンドリーさにびっくらしました。
わー これだったら遠慮しないで、プレゼント持って行けばよかったようよう(T T)。
でも、今回発売だったのは、愛蔵版のまだ1巻で、
このあと8巻まで出るもんねー。ふっふっふー。
次の機会があったら(関西かな?)、その点についてはリベンジでございます。

[PR]

決まったそうで。



『夕風ブレンド』
だそうで。

1stが 『夏雲ノイズ』

2ndが 『空創クリップ』

ときて、「また“二字熟語+カタカナ”の造語か?」とは思ってたんですが、
個人的に予想していたタイトルとは、まったく違っていました。



いつか出してくれないかなあ……

『男気アフロ』
って。 (見たままやんけ)


全国ツアー、ファンクラブの優先締切が近づき、
友人(こいつもFC会員)と2人、どこの会場がいいか!? 何回行くか!?と
共謀も佳境でございまふ。

最近体調は悪かないが 体重が高まって参ってます。ホント。

[PR]

b0043827_16112389.jpg

先日の間宮兄弟の握手会に引き続き、
「行動するミーハー女」、出動です。


完全版『サードガール』刊行記念 西村しのぶさんサイン会


・*・*・*・*・*・*・*・

ああ、そりは高3の、ちょうど今頃の季節のことじゃった。
非常にバンカラな校風の女子高(…)だったので?
(公立だったが履修科目はみっちみちで、受験生だってのに
文系も生物、理系も日本史をやっていた。そういえば。まるきし余談ですが。)

9月の文化祭まで
  ガスガス部活をやり、ガスガス文化祭実行委員をやり → 燃え尽き。
「はあ、これからは受験勉強一色の生活だよ」と思いつつ、
勉強にもなかなか着手できず
当時なぜか、クラスの本棚で学級文庫化していた
『サード・ガール』を読む。

んで、登場人物(実質主役か?)の“夜梨子ちゃん”という女の子を見て

「あ、あたし同じ“女子高生”なのに、
こんな女の子女の子した、キラキラした毎日、まっっっったく送ってない!」

と、大しょっくを受けまして
「残り数ヶ月の女子高生人生、受験勉強している場合ではない」
と、翌日、普段の成績でOKだった大学の推薦を取っちゃいました(実話);
(しかし、まわりは受験生だから誰も遊んでくれず;
「目算違いだったなぁ…」と思っているうちに女子高生活はあっけなくピリオド。
そんでテキトーに選んだ大学は、これまた小汚い男だらけで、
さらに私の血中バンカラ度は急上昇し、今に至る、と。←考えなしのツケが…)

・*・*・*・*・*・*・*・


あれからウン年……。

西村さんは、「格好いいオトナの女性」、
さばさばとゆーか、凛としているとゆーか、それでいてほへっと方の力が抜けていて、
そんなおんなのひとを描くと、天下一品だと思うのです。
(読む人によって、好き嫌いは分かれると思うが(笑))

脳に染み込むほど愛読しているというのに、
残念ながら、私自身はああは育たなかった。身長150cmだし。(←西村作品、大女率高し)

(ちなみにリアルな私は、そと見も中身も「川原泉のまんがのよーだ」
と言われたことが数回あります。いや、大好きだけども。)

「結婚後は思うところがあって」(と「下山手ドレス」に書いてあった)
写真付きの取材は避けてるとのことだったのですが、
数年前、『YOUNG YOU』で「槇村シェンシェーとのお食事につられて」(とこれも書いてあった)
応じちゃったらしい、槇村さとるさんとの対談記事(写真付き)で見たご本人も
リアルにべっぴんな大女さん(失礼)で、
「あー ライフスタイルとか好きなものとかが、作風に反映される作家さんなのねー」
と思ったのでした。

とはいえ、マンガ家さんだし。
それもものすごく寡作だし(大笑)。
直にお会いできる機会など想像だにしなかったのに。

サイン会だって!
しかも、東京でだって!
 ←”ホーム”は神戸/大阪の方なのです。

うわわわわ。
前日だとゆうのに、まだ現実感がない…。


しかーも!
「憧れの男性」より「憧れの女性」のほうが、

どんなナリをしていったらよいのかわからん!


普段、そんなに興味も知識もなくて、テキトーにひっかけてるタイプなんで、
おしゃれな人には気後れがしてしまう、というのもあるし。
服にしても化粧にしても、男性と女性じゃ見るとこ違うような気もするし。
ぶっちゃけ、男性は(蔵之介さんがそうじゃないか?ということではなく(笑))
『それっぽい洋服』『それっぽい化粧』してたら、
実はチープなの身に着けても、そこまではわからんのだろうなあ、と思うわけですよ。
同性の、しかも目の肥えてる人達(←サイン会に来たファンの人も含めて)の目には

「あの服、イトー●ーカ●ーで買ったんじゃないの?」
とか
「マスカラがダマになってるわ」
とか

そんなことまでみみみ見透かされるんじゃー!!

( [注]勝手な被害妄想です(T T)。ネットの掲示板とかでも、
     気持ちの良い方達が多いです。)

そのうえ、準ドレスコードというか、靴フェチのご本人から
「有志は派手な靴、もしくはハイヒールを履いてきてくれると嬉しい」
というご要望が出され、「うわー 持ってねー!!」と夢に見るほど悩んだ挙句、
「こんな機会1回しかないだろうから、出来ることはしよう」
「まあ、今から履き慣らしとけば、年末に出番があるだろうし(あるのか?)」
と、買っちゃいましたよ。ハイヒール。イトー●ーカ●ーで
でも、今までハイヒール持ってないんだから、ハイヒールに合わせられるような服なんか当然持ってなく、
しかし結婚披露宴に行くような格好も違うんじゃなかろうか?と
さらにワケわかんなくなってる私。

あああ、夏だったら12cmヒールのサンダルがあったのにー!
普段にも着られるようなアオザイもどきもあったのにー!!

結局、今もまだどうしようか決められずに、オタオタしています。

本当はプレゼントとかもね、差し上げたいんですけどね。
文房具とかさー、癒しグッズとかさー、雑貨とかさー
服と違ってこっちは自分もわりかし得意分野だから、他の人にあげるのだったら悩まないのですが、
これもある意味、自分の「お手本」みたいな方ですから、
弟子(自称)ごときが何を差し上げられるというの!
じゃあモノじゃなくて、おいしいお菓子(これはかなり得意分野)でも…と思っても
洋菓子王国・神戸でスウィーツ食べ歩きされている方に、私ごときが以下同文!


……憧れの同性にお会いするというのも、結構悩むものだわねえぇぇぇぇ。

なんかもう、どっかでぷつっとキレて、
セーターとジーンズとかで行っちゃいそうな気がしてきました。
[PR]


「悪ふざけか…?」とは思っていたが
やっぱり悪ふざけだったらしい@「功名が辻」



大学出て会社員になろうと…ひとりごと生瀬勝久(1) : 夕刊フジ

しかも、秀吉のあのマユゲは、ヘアメークさんに書かせずに柄本さんが自分で書かれてるんです。
それが、だんだんデフォルメされていって、今では放送開始当初と全然違ってきている。
ほっぺたなんか赤いじゃないですか、どんどんお猿みたいになってる(笑)。
ふつうに見たら、あんなのぜったいおかしいでしょ?(笑)。


すごいんだもん、眉毛。
どんどんどんどんアーチの曲線がきつくなってって(眉尻なんか、目にくっつきそう…)
終盤は家族で「いねえよ、こんな眉毛のヤツ(笑)!」って言ってました。

とか思っていたら、こんなページを発見してしまった。


メイク 衣装の変遷 : 「功名が辻」のサイト


大河ドラマのメイクさんによる、柄本氏のメイクの説明です。
ポイントは、「こだわりのサル顔メイク」だそうな。

眉毛に関する記事を拾い読みすると…。

■盛年期 : 強烈な個性、若さを強調
「丸く大きな弧を描くことで“サル顔”に近づけました。
秀吉がドラマに登場したのは24歳からです。
まだ眉の手入れなどもしていないので、ぼさぼさの太いままですが、
眉間は広くして若さを出すようにしました。 」
   ▼
■熟年期 : 頂点を極めた豪華さと老いを意識
「多少整え始めているので、
最初のぼさぼさのころより、丸みが目立つようになりました。」
   ▼
■壮年期 : 出世のスピード、勢いを前面に
「眉はきれいに手入れをしています。
さらに年齢を重ねると、柄本さんの眉をカットして足りない分を描き足しています。
高齢になると眉も細くなるので、ますます丸みは強調されていきました。 」
   ▼
■晩年期 : 老いと病が加速、一気に最後へ
「白髪の眉が特徴です。
柄本さんの眉をファンデーションで塗りつぶし、上から白髪の眉を張りました。
  <中略>
近くで見ると、すさまじいメイクでしたが、
柄本さんご自身はとても喜んでくださいました。
“メイクで遊ぶ”ということを楽しまれていましたね。



要約するとつまり、
本人もスタッフもどんどんどんどん丸くしていっちゃった、と…。

生瀬さんの記事中に

「あれはふざけてるんじゃないか」ってNHKの上の人が言ってくるんじゃないかって、
はたの人が心配するんですけど

ってあったけど、組織ぐるみでしたか。


期せずして、今日ちょうど昼休みに
『演技でいいから友達でいて』
とゆー松尾スズキの対談集の、柄本さんのとのパートを読んでいて、
柄本さんが「やっぱり役者は声だ」って言われてたんですが、
生瀬さんの記事に

「柄本明さんにしても、還暦が近いのに、圧力を感じるっていうか、
現場で聞く声のパワーっていうのはすごいですよ。」

ってあったので、びっくりしました。

有言実行の男・柄本明。
あんな眉毛してても。


[PR]


いや、「等身大」ってことだから、いくらもこみちが細身でも
ポータブルでは決してないと思うんだけど。



本物はどれ? 速水もこみち大量発生でファン驚愕 : RBB TODAY

24日(火)からのMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)実施を前に、
auがCMキャラクターの速水もこみちを招いてラフォーレ原宿でイベントを開催した。
   ・・・ 中略 ・・・
キャンペーンには、速水もこみちさんの等身大人形「もこみち人形」を登場させ
記念撮影ができるようにするということで、その「もこみち人形」も披露された。

「もこみち人形」は、実際に本人から型取りして制作されたということもあり、
本人にそっくりの出来栄えだ。
もこみちさんからは、型取りが済むまで動けなかったことなどの苦労話も語られた。
その苦労のようすは、auサイト内の「もこみち人形ができるまで」で見ることができる。



リアルもこみち、187cmだって。人形もさぞデカかろう。(阿部ちゃんまであと2cm)

しかし、「もこみち」「もこみち」って何回も書くと、
「いいんだろうかこれで。人の名前として」と、他人事ながらちょっと不安になりますな。
そのうえ「もこみち人形」て。


ところで、この“マネキンを大量投入しての宣伝活動”は、
新庄の影響かしら

  「さすらいの新マネ写真日記」  


昨年末に、惜しまれながら活動を休止した、
「新マネ」こと新庄リアルマネキンたちが、
全国津々浦々を「ちゃんとした下着をはこう」と訴えていく(のか?)旅の記録です。

毎日見てたね、私!

何が面白いって、新マネ1号~30号がそれぞれにキャラクターを持っていて
(もはや新庄とは別人格)。
行く先々の人たちと、心温まる(のか?)交流を繰り広げるとこでしょうか。
「想い出の写真館」とか、ちょっとホロリです。
しかも、もこみち人形みたくダウンベストなんて着込まずに、
ボクサーパンツいっちょで、割れた腹筋をアピールしながらの全国行脚さ。

新庄ってば、かっこいー!!


ブログが更新されてた当時、もう、仕事が嫌で仕方なかったのもあって
  「あー 新マネの影武者になって、全国まわりてぇ~。
  毎日毎日、“今日は新マネにこんなことさせよう”って考えて、
  やらせて、写真撮って、ブログ更新して、一日が過ぎていくんだ~」
とか毎日思ってました。今だってなりたいもん。

現在、新マネは巨大化し(4.5m)、ブログも
「BIG新マネブログ」として衣替え。

これも割と面白いけど、でもなぁ~。
文章が、第三者目線だからなぁ~。
やっぱ、当事者が書いてる(のか?)方が、くだらなくて面白かったっつうか…。

というわけでauさん、
もこみち人形にブログを書かせるときには、ぜひご一報ください。
微力ながら、お手伝いしたくたく。

その暁には、記者会見で

「速水さんはau使っていますか」の質問に、「実はまだなんです」

って「ツメが甘すぎるでしかし!」なリアルもこみちの抜け加減を
再現できるよう、えいいどりょくしたいとおもいます。


そんでもって、いよいよフィナーレが近いね!
頑張れ新庄~~~~!


このひとのマネキンになりすますのは、
思い入れがありすぎて、多分無理…)

[PR]

b0043827_1953796.jpg


ここから続きます)

握手、です。
ええ、あ・く・しゅですとも。

立ち見の方から順番に一列に並び、壇上に上がって
蔵之介さん→塚地さん の順に握手して、そのまま退場――だったのですが。

私、結構早い整理番号だったようで、イスに着席できてた
→ ので、逆に握手の順番は遅かったもんで、
これ幸いと、順番が来るまで壇上のお二人をじーっと見てたのです。

そしたら


しまった。
握手は両手ですか!!
 ※松田聖子方式

ううう…嬉しいけど(右手だけより)、もちろん嬉しいけど、
私、左手の甲にでかでかと「お金」ってマジックで書いてあるう(T T)。

# お前の個人的な話なんぞどうでもええんじゃあ!
  と言われること覚悟で理由を書くと、
  私、普段から手にメモする癖がありまして、
  やらかさないように気を付けていたのに
  当日の朝、財布の中を見て
  「あー ¥2000しか入ってないや~。DVD買う前にお金おろさないとー」
  と、いつもの調子で、つい……(次の瞬間思い出して「ギャー!」)
  なぜ“DVD買う”まで思い出したのに、書いてから気付くのか。癖ってコワイ…(泣)

並んでいる間中、左手の甲を、ごしごしごしごし……

とはいえ、そんなのは単に自意識過剰の杞憂に過ぎず(笑)、
蔵之介さんも塚地さんも、ひとりひとり相手の目を見て、
ニコニコと声をかけられているのが、印象的でした。

というか、間近で蔵之介さんに、じっと顔を見られたら、
「だーっ! 私!鼻の下ににきび! にーきーびーがーあーるーのーっ!!」
と、余計なことを思い出してガーッと頭に血が上ってしまい、
い、いたたまれない 嬉し恥ずかしな乙女心でございましたよ。

実際のところ、ヘタレなわたくしは、
蔵之介さんをちゃんと直視して見かえすこともできず(T T)
半分くらいは握手してもらってる手にじーっと視線を落としながら(めっちゃ美白!)、
(↑そのくせ緊張しすぎて、蔵之介さんの手の感触なんて全く覚えてやしねえ(号泣))
息も絶え絶えに「この映画がすごく好きだ」っつーことと、
チーム申を、またやって欲しい」っつーことをお伝えするので精一杯でしたよ。

「チーム申」のことを言ったときに、
蔵之介さんが、一瞬詰まった?あと「頑張ります」って返してくれて、
すごい嬉しかったのですが、大河とかもあって、これからも忙しいもんなー…;;;
「な、なんか、余計なぷれっしゃーをかけてしまったじゃろうか?」とあとでちょっと後悔した。
(いや、それも自意識過剰か)
んでも、蔵之介さんが「頑張ります」って返してくれたことで、
私も日々の生活を、頑張れるような気がしましたよ。


# 懲りずにさらに超・個人的な余談。
  この日のために、普段まったくしないマスカラなんぞを付けたところ、母に
  「蔵之介だか錦之助だか知らないけど、
  アンタの生えてんだかどーだかわからないまつげなんて
  見やしないわよー!」と大爆笑されたのですが(ひどい…)、
  想像以上の接近戦(違う)でしたので、自己満足でも「塗っといて良かった…」。
  しかし、蔵之介さんはもちろん、錦之助さんの握手会がもしあったら、
それはそれですげー行きたい。


それに比べると、塚地さんはリラックスしてしまったというか(笑) ←失敬?
「ぜーったい いい俳優さんだから、お笑いだけじゃなく、役者業も続けてくださいー!」
と、ふくふく気持ちのいい手を握って、
ぶんぶん上下に振りまくってしまった。すいません、調子に乗ってました…。

帰りには、映画会社の方に、
サイン入りのDVDの紙スリーブまでいただき、
もう、ボッケ~~~としたまま、家路に着きましたとさ。


※途中、渋谷駅に着くまでに、
  声を掛けられていることに気付かず、キャッチセールスをぶっちぎること2回。
  義弟(接客業)の勤務している店に立ち寄ったところ、
  「ふらふら~っと怪しい客が入ってきたかと」身構えられました;



・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・


「サザエさん症候群にならないように、
日曜の夜に 『間宮兄弟』のDVD見ーよおっと♪」

と、昨晩DVDを観てみたのですが、
コメンタリーすごい。つか、ひどい(大笑)!

みなさん、コレ
酔っ払ってないよね…?

と、いぶかしんでしまうくらい、大盛り上がりですわ。
トークショーでも言ってたけど、ここまでとわ;
当然、本編の映像なんか、聞こえやしねえ(笑)。

特に、監督すげー。
  「病気じゃない沢尻エリカはめったに見れない」

  「あの先生はきっと、常盤貴子ちゃんの体目当てなんだよ」
の2箇所で、倒れちゃったよ、私。
なんで自分で監督してて、そんなに野次馬コメントなのよー おもろいけどー。

結局、本編を1回見て、穏やかな気持ちで眠りにつくはずが、
最初の30分だけで力尽き、夢も見ずにぐっすり寝ました。続きはまたあとで見ます。

あ、監督、
私は「今度の日曜はここへ行こう」と言うタイプのOLです。
[PR]

by datto2004 | 2006-10-23 19:05 | 間宮兄弟

蔵之介さん、ほかでもまだ結構やってるよ(笑)。※後述

すっかりご報告が遅れましたが;

木曜に行ってきました。『間宮兄弟』DVD発売記念イブ・パーティ トーク&握手会
(イベントの模様は、公式ブログに詳しいです。)

b0043827_1721100.jpg


DVD発売つったら、ある意味その作品の「ゴール」なのかなぁ~…というわけで、
間宮兄弟の衣装姿の蔵之介さん&塚地さんを見ながら
「これが見納めかあ~」と、ちょっと寂しくなってしまった。

ファンでコレなんだから、出演者・スタッフの皆は、心中いかばかりか?
(「イカばかりか」ではありません。←ぬるぬるするやんけ)

しかし結局、初日舞台挨拶と、お笑いパーティ、そして今回と、
3回も遊ばせてもらってしまった; ←しかも全部特典DVDに収録…
映画同様、いつもほんわかしたイベントで、楽しませていただきました。
ご関係者のみなさま、ありがとうございました。
なぜか3回とも、会社で嫌なことのあった直後ばっかりだったのですが(笑)、
映画+イベントで、「うおっしゃ、俺もあの兄弟のように、ゆるゆる行くぜ!」
と帰りには元気もらえましたよ。

ぜひぜひ、トークショーでの蔵之介さんのコメントのとおり
『間宮兄弟2』、やってほしいです~~。


・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・


ところで、冒頭の「高知でやってますよ。」っつのは何かとゆーと。

映画の上映期間が終わってから→DVD発売、ってのが一般的ですが、
実はまだ高知の映画館で上映している、という話題が出て、

この日はDVDの発売イベントだったので、プレゼント抽選会(公式ブログ参照)で
当たって登壇した方も、「映画は観てない」って方が結構いらしたんですわ。
ほしたらもー、間宮兄弟が(特に蔵之介さんがもー ニヤッて感じの笑顔で)

「高知でやってますよー」
「高知でやってますよー」

と、その都度突っこむのが、個人的にツボでした。


あんまり何度も言うので
「もしかしてホントに高知で兄弟イベントやる気なんちゃう?」
と思って、検索したら―――およ、結構まだいくつか上演館あるやーん♪

つか…

b0043827_17153824.jpg


高知でやってない!(爆笑)

DVD発売時期に合わせて、多少の変動があったのでしょうか?
いやいや、まだスクリーンで観られるなんて、嬉しい限りです。
(私、再来週大阪行くから、千里在住の友達と観ようかな。マジで)


そういえば、トークショーの中で、
DVDで初めてこの作品をご覧になるかたに紹介を……といった質問を受けて

蔵之介さん : 「そーですねー。弟が自閉症で…
塚地さん   : 「それ番宣じゃないですか!」 ←(たぶんこんなようなツッコミ)

と、非常に息の合ったところを見てしまった。
そのうえ、「あれ悔しいんですから!なんで草なぎくんのお兄ちゃんやってるかと」って
本当に悔しそうにいう塚地さんをみて、ホントに仲良し兄弟じゃのうと
微笑ましくなりましたよ。

  #そうそう、やっぱりあのドラマを観ていると、
    「えー あなたの弟さんは、つかっちゃんでしょー?」とヘンな気分になり(笑)、
    「ん~このお兄ちゃん(蔵之介さん)も、彼なりに弟(草なぎ)想いなのはわかるんだけど、
    明信兄ちゃんだったら、もっと違う接し方する!」とか思ってしまいます、ハイ。


んで、
トークショー&プレゼント大会のあとは、
いよいよあくしゅ~~ ……です。


(長くなったので「つづく」)
[PR]

by datto2004 | 2006-10-23 17:02 | 間宮兄弟


例の「間宮兄弟」DVD発売記念の
あ・く・しゅ・か・い♪まで、早いものであと2日。どひー。

体重は減るどころか、ちょっとばかり増え、いや、
最近まともに化粧をしていないので、ちょっくらリハーサルがてら塗りますか!
と思ったら、マスカラがどっかに行っちゃって見当たりません……。
ていうか、秋物の洋服も、靴も、まだ出してません……。
せっかくのあ・く・しゅ・か・い♪だってぇのに。

ダメだ。このままではダメ女一直線だ。

「こうなったら、握手するこの手だけでも、準備万端ぬかりなく行くぜ!」

ってことで(ていうか、そのくらいしかどうにもならない)
就寝時に、スクワラン配合の「おやすみ手袋」着用。

b0043827_17154184.jpg


これを着けたまま寝ると、あら不思議。
朝には手がすーべすべ。とゆうわけさ~~。

と思ったんですが、

まだ気候的に暑かったのか、
寝てる間に自分でも知らないうちに外してるわ、
それでもちょっとは「すべっ」となったのに、
会社に行ったら、ついついいつもの癖で、手にマジックでメモ書いちゃうし。

あー。さらにダメダメ。


せめて、あ・く・しゅ・か・い♪当日は、
普段のように手の甲に
「よじからみーちんぐ」
とか、書いたまま行かないよーに気を付けるのが関の山か。

(せめてオールひらがなはやめろ!とかそうゆう問題じゃないですね…。
あ、でも、私右利きだから、メモは左手にしかないはずだもんね。
握手するのは右手だから、大丈夫だもんね。
とか、そうゆう問題でもきっとないんだろうな;

[PR]

by datto2004 | 2006-10-17 17:15 | 間宮兄弟