<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「華麗なる一族」観てたら、溶鉱炉の爆発事故が起きてて
そこの予告を観たときから「あ、死ぬかも」と思ってたら

やっぱり六平直政さん演じる沖仲仕の玄さんが死んでしまった。

お約束とわかっていても、ホロリ。

「これでむっさんがもう出てこないわー」
という寂しさと
「ところで先週のラスト、どうやってあんなに作業員を確保したの!?
という謎も一緒に葬り去られてしまった無念が。

キムタクと平泉成が何軒の手配会社を回っても
「大阪万博で人手がみんなとられてしまって……」って
10人単位の人員確保もできず、突貫工事も無理か…

と思われたそのとき

「若~!連れて来たぜー!!」って、
何十人もの男たちを引き連れてきた笑顔のむっさん。

その男気に感動しつつ、それ以上に
「どんなツテ持ってるんだよ、オイ!」
と突っ込まずにはいられなかった。

だって相手は万博だよ…。
いくら顔が広いとは言え、そんなに人員確保できるものだろうか。
実は岡本●郎と幼な馴染で
「オイ、太郎ちゃんよー。『太●の塔』建ててる奴ら、
ちぃーとばかし回してくれねぇか」
とか、そういう裏ワザかましたとか、いろいろ想像してたんですけど、

結局分らずじまい。あうーん(T T)。

原作読めば分かるのかな、と思いつつ、
ドラマを見終わってからまとめて読もうと思っているので、
あとしばらくはジタジタしたまま。


そういや物語が佳境に入り、
キムタクと欣也の因縁がクローズアップされるにつれ
あのコント(で老けメイクをしているキムタク)くさい肖像画も
久しぶりに何度かちゃんと写っていました。
(でも回想の中のじーさんの声は、欣也の声をいぢってる気がする)

ここ数週は、
  ・ 遠くからソフトフォーカスで
  ・ エラく斜めから
  ・ 正面からだけど、一瞬
とか、やっぱるなるべく映さないようにしてないか?
という扱いが多かったのですが、やはりストーリー上避けては通れない、と。

でもなんとなく、前よりヨゴシ入ってる気がするのは、
視聴者側の目の錯覚でしょうか?

「泥を塗るのじゃ。さすれば火矢が刺さっても、城には燃え移らないぞ」

あ、これはその1時間前に観た「風林火山」の山本勘助だった。

次は“将軍”の再生だ。

[PR]

by datto2004 | 2007-02-26 19:12

b0043827_17294334.jpg
渋谷に黄色い石原良純が大量発生の件、
ちゃんと実施報告が出ていました。


---------------------
渋谷・ハチ公前交差点に石原良純さんが「大量出現」
2月24日午後、宇田川町・道玄坂界隈に石原良純さんの「お面」を被った集団が「大量出現」した。
石原さんがイメージキャラクターを務める「タウンページ」のプロモーションの一環。
当日13時~16時、笑顔の石原さんの「お面」を付け、
タウンページのイメージカラーでもある黄色のベンチコートを着たスタッフ約100人が10組に分かれて、
渋谷・宇田川町界隈を「神出鬼没」で練り歩いた。
---------------------

やはりこのイベント、かなりインパクトがあったようで、
「良純」「渋谷」でブログ検索してみても
相当数引っかかりました。
中にはバイトなのか「良純になってきました」という学生さんも。
そらー得難い体験をしたねぇ。
きっと社会に出てから、何かの役には立つ。
(たとえばあんまり親しくない先輩とのお昼の話題とか)

想像だけでも十分笑えた、スクランブル交差点を渡る様子も。

---------------------
途中何度か各チームがハチ公前のスクランブル交差点に集結し、
片手を挙げながら横断歩道を渡り始めると、
突然のサプライズ企画に行き交う通行人らも一斉に注目、
携帯電話のカメラで彼らの姿を収める姿も多く見られた。
---------------------

横断歩道の向こう側で、スタンバイする良純たちを撮影してたブログもあって、
大笑いしました。

この絵面、何かに似ている…と思ったら、
大昔の松平健のコナカのCM。


あ、ヨシズミTVは、フラッシュがないと観られないのでした。
うっかり家のPCに入れてなかったので(悲しい64K)、
今日、うちに帰ってからそこからスタートです。 ←ほとんど私信;
[PR]

あるいは「幸福の黄色いヨシズミちゃん」でも可。


----------------------
「お面」の石原良純さんが渋谷に集団出没-タウンページプロモで

NTT東日本は2月24日と25日の2日間、
タレントで現在タウンページのイメージキャラクターを務める石原良純さんの「お面」を被った集団が
渋谷駅周辺に「大量発生」するプロモーションを展開する。
プロモーションでは、タウンページのイメージカラーでもある
黄色のベンチコートを着たスタッフが、笑顔を見せる石原良純さんのお面を付けて
駅周辺などの繁華街を練り歩く。
<中略>
「練り歩き」が行われるのは、両日ともに13時~16時(予定)。
当日は駅周辺やスクランブル交差点に加え、センター街や公園通り、
道玄坂などにも石原さんのお面を被ったスタッフが出没するという。
----------------------

残念ながら所要があって行けそうにはないのですが、想像しただけでたまらん。
通行人にちょっかい出されたら、妙にハイテンションで逆ギレするんだろうか。
(注:やっちゃだめですよ~)
特に

----------------------
当日は、ハチ公前のスクランブル交差点を集団で横断するパフォーマンスも見られるという。
----------------------

って、何時何分にーっ!?
好評だったら、もう「ヨシズミちゃん祭り」ってことで、毎年やっちゃえばいいじゃん。

ってくらい、このニュースに過剰反応してしまう、自分が不安だ;
別に石原良純ファンでもないってのに。


そういえば中学生の頃、「笑っていいとも」観ていたら、
ホームドラマっぽいお茶の間に集う家族が全員(子どももおじーちゃんおばーちゃんも)
柄本明のお面をつけているっていうコント?があって、
そのときも、一緒に観ていた母が「この子は大丈夫か?」と不安になるほど、
酸欠になるまで笑い転げました。

(「お面」+「集団」)×「変な人選」に弱いらしい。



NTT東日本は「ヨシズミTV」って特設サイトもあって、
どこまでもヨシズミ推し。
しかしこのサイトのWebCMがひどすぎる。特に「Welcome to 良純ランド」。
会社なのでサウンドオフで観ているんだけど(オイ)、突っ伏してしまいました。

舞浜の某テーマパークは苦手な私ですが、ここならぜひ年間パスポート購入です。
[PR]

「4月に美輪さんの舞台を初めて観に行くの~」
と同僚に話したら
「スピリチュアルか?ヨイトマケか?」の2択で聞き返されました。
(正解は「双頭の鷲」)



オーラの泉ゴールデンに湧く : 日刊スポーツ


TOKIO国分太一(32)が司会を務めるテレビ朝日系「オーラの泉」
(水曜午後11時15分)が
4月からゴールデンタイム(曜日・時間は未定)
に進出することが8日、分かった。
 「オーラ-」は、スピリチュアルカウンセラー江原啓之(41)が
ゲストの前世、守護霊を霊視し、美輪明宏(71)のアドバイスによって、
ゲストは新しい自分を発見するトーク番組。
<中略>
国分は「これまでと変わらぬ気持ちで、
視聴者の皆さんと一緒に成長していきたい」と言えば、
江原も「新しい時間帯で私たちを求めてくれる人のために
同じようにメッセージを送り続けたい」と応じた。
最初は「反対した」という美輪も
「生活の慌ただしい時間帯に上がるので、
番組のテイストとどう折り合いをつけていくかが大変。
新しい視聴者層とゼロから始めるつもりで」と話した。


お正月の特番で、ゲストだった中島啓江(YOUか綾戸智絵だったかも)の
「忙しくてなかなか観られない番組が多いのに、
なぜかこの番組は、ふっとテレビをつけると、やってるんですよね」
の言葉に、江原氏返して曰く

「ちょうど今、必要としている人が、波長が合うんですよね」

そういえば、私もなぜかコレの放送時間中に帰宅して、
夕飯食べながら観ることが多いんだけど、
なにかアドバイスを求めているんだろーか。自覚ないんですが。
てっきり
「水曜の夜は中だるみで、遊びに行っちゃ帰ってくるのがこの時間」
とか思っていたのですが……。
であれば、ゴールデンタイムに変わっても呼ばれ続けるのか?と思うんだけど
平日19時台だったりしたら、物理的に無理だぞ。
定時ダッシュでも家に着けないぞ。

それともまさか。

年度明けだし、今煮つまりまくっている上司との不仲が
今月か来月あたりにとうとう破綻して、
「こんな会社やめてやらあ!」と、プー生活に突入しているとか!?
(あ、単にワンセグ携帯に買い換えてるって可能性もあるか)


TVの人って「ゴールデンに打って出る」っていうと、
なんかいよいよ上り調子って意識なのかもだけど、
観ている側からは
「あーこれが頂点で、あとはこれで下火になるだけかな」
とか思ってしまうのですが。「トリビア」とかさ。
(それで10年以上もってるのって、めちゃイケくらい?)
一抹の寂しさを感じてしまう…。


とりあえず、以前同じ水曜深夜にやっていた
「マシュー's BEST HIT TV」
ほぼ毎週見ていたのは、
別に藤井隆マシュー南に導かれて観ていたのではなく、
単に偶然だったらしいです。
だって早い時間帯に変わったらまったく観れなくなったもん。
(そんで知らないうちに終わっていた)

しかし、普通に好きで観ている番組だったのだけど、
ビデオに録る感じでもないし……どうするかねぇ。
あ、私は「霊?前世?んーあるのかもねぇ。私にゃ見えないけど」という人間ですが
別にツボを買わされるわけでもなく、気持ちをポジティブにすることしか言わないので、
夜にぼーっと見るには最適だったのに……。
たとえ江原さんの霊視が本当はネットで調べたものであっても
情報収集力と人を説得させる能力に、敬意を払ってもいい(笑))


あ、あと、昨今のスピリチュアルばやりでありがたいのは、
大して親しくもない人に自分の言動について何か言われたときに
「あ~きっと前世で武士(だとか「お姫様」だとか「オッサン」とか)だったんだよー」
でてきとーに流せるようになったことかな。
ちょっと相手を小バカにしてるニュアンスも入れられるし(笑)。
[PR]

昨日の朝は、たまたま朝刊を読めていなかったのですが、
夜帰宅したら母(も草なぎくんが好き)に
「草なぎくん、なんか舞台の賞もらったって新聞出てたよー」
と言われ、急いで紙面を見てみたら

読売演劇大賞の結果が出ていました。


◆大賞・最優秀男優賞=段田安則
◆最優秀作品賞=「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」(シス・カンパニー)
 同女優賞=寺島しのぶ
 同演出家賞=串田和美
 同スタッフ賞=二村周作
◆杉村春子賞=草ナギ剛
◆芸術栄誉賞=小幡欣治

◇優秀作品賞=「屋上の狂人」「スラブ・ボーイズ」「NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-」「喜劇の殿さん」
◇同男優賞=大滝秀治、尾上菊之助、草ナギ剛、中村吉右衛門
◇同女優賞=秋山菜津子、麻実れい、草笛光子、島田歌穂
◇同演出家賞=鵜山仁、河原雅彦、千葉哲也、長塚圭史
◇同スタッフ賞=小川幾雄、奥村泰彦、小峰リリー、山口ヒデ也(ヒデは「王」へんに「秀」)


「草なぎくんが大賞かな~」と思っていたのですが
結果、大賞・最優秀男優賞は段田安則さんとのことで。
ああ~ なんか常に上手い俳優さん過ぎて、逆に賞とかと結びつけて考えたことなかったよ!
去年の浅野和之さんといい
主演俳優じゃないけど、長年コンスタントにまっとーに芝居をしている
力量のある役者さんに、きちんと陽の目があてられてる感じですね。

段田さんの受賞大賞になった舞台、「タンゴ・冬の終わりに」は観たんですが、
最優秀作品賞になった「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」は観れてないんだよな。残念。
(それ以外にも「屋上の狂人」はもちろん、宝塚の「NEVER SAY GOODBYE」とか
観たかったのにチケット取れなかったものがあああ~)


草なぎくんは「杉村春子賞」。
萩尾瞳さんの書かれた審査評が素敵で、

2作品の異なるキャラクターを自在に行き来したように、
草ナギ剛は静と動、柔と剛、磊落(らいらく)と繊細、冷静と激情といった
二律背反を軽やかに跳梁(ちょうりょう)する俳優なのだ。
すでに『蒲田行進曲』(1999、2000年)のヤス役でも片鱗(へんりん)はうかがわせていたが、
菊池寛戯曲との出合いでその資質はより顕在化した。
新人というにはキャリア十分だけれど、本格派の役者として咲きたての大輪の花という印象なのである。

咲きたての大輪の花――
私まだ、草なぎくんの舞台、未見なのですよ~(T T)。
これを機に、どんどんお花をほころばせていって欲しいのです。

それにしても、こういう綺麗な文章を書きたいものよのう……。
演劇のライター仕事もしたいと長年思いつつ、
私なんか何観に行っても感想が「すげー良かった」とかばっかりだもんなあ(T T)。


最後に、段田さんの受賞コメントが、たまらなくイカしていたので、引用。

賞は自分には関係ないものだと思っていたので、びっくり。
グランプリだなんて、どうしていいやら分かりません。

そのままでいいのよー!!と心の中で叫びつつ、祝福の拍手~~。
[PR]

ユニクロのマイクロフリースワンピース(写真)なるものを買いまして、
b0043827_11464640.jpgパジャマの上に着ると暖かくて重宝するのですが、

今朝、その格好で自分の朝ごはんをごそごそ用意してたところ、
起き出してきた母に

「兵馬傭が立ってるのかと思った」

と言われました。

昨年末の「赤福本店で赤福を食べる」に続き
“私の生涯を賭けた夢”は、またひとつ叶ったようです。

なかなかいいペースです。
つい、日頃嫌いなはずのド●カムの例の歌を口ずさんぢまいそうです。
♪ほらー 思った通りに 叶えられてく~~。

ええ、夢が小さいって、よく言われますが、それが何か?

[PR]

b0043827_18395629.jpg



とみんなに言われましたが、

先日、渋谷の不二家でホットケーキを食べました。←憧れてたけど、初めて

でも乳製品?は自粛みたいで、デザートの2/3くらいはNG。
ホットケーキも、上にデコレーションがあるのはダメで、
このプレーンなやつしか頼めませんでした。

先週末は、焼き鳥屋さんで、宮崎地鶏食いまくりました。←大好物

むしろ普段の週末より混んでました。30分待ちです。



だって、なくなったら困るもの。


昨日、体調を崩して休みを取ったら、いろいろと噂になっていたらしい。私。
[PR]

by datto2004 | 2007-02-02 18:39

まだまだ正月気分だってのに、 ←さすがに長すぎ?
早や、今年もひとつき終わりまちた。


【1月の検索ワードランキング】

1位 スキマスイッチ (1位→)
2位 上川隆也 (初)
3位 相撲すごろく (2位↓)
4位 小栗旬 (初)
5位 後藤真希 胸 (初)
6位 読売演劇大賞 (初)
7位 草なぎ (初)
8位 身替座禅 (初)
9位 上川 (6位↓)
10位 特命係長 動画 (初)


なんか今回は、観に行ったものが多いな。
同じく観に行かれた方が、検索して辿り着かれたのかちら??
1位「スキマ」に4位「小栗旬」に8位「身代座禅」
  ↑
私、観に行ったものの感想とかは別のブログ(平井堅まみれのほう)に書いてまして、
それぞれリンクつけておきました。よろしかったら~~。

6位「読売演劇大賞」と7位「草なぎ」くんは、
“草なぎくんってSMAPの盲点なの?”みたいなこと書いたら、
そのあと3日間くらいアクセス数がすごくて、
これまでの最高記録「安達祐実 結婚」の3倍くらいの新記録でした。
ごめんなさい。全然盲点じゃなかったっす……;;;

ごめんなさいといえば10位「特命係長」……
じ、実はまだ初回の冒頭しか観てない……。

どうしても、TVパソコンの容量の都合で、
「見たら消す」と決めている番組を優先的に観てしまい、
コンプリートしていく番組は後回しにしていく傾向が……
↑おかげで『演歌の女王』は一度も見てないのに、『ヒミツの花園』は毎週追えてる、
  みたいな逆転現象が;


しかし、2位9位を占めた「上川隆也」さんの「わるいやつら」も
その運命をたどりそうになったが、
あのヒール・フェロモンは素ん晴らしい!
ということで、欠かさず観てます!(ごめんよ克典)
それどころか、一度通して観たあとに、名シーン(わたし的に)は繰り返し繰り返し何度も観る
みたいなこともしています。
このやるせない情熱は、どこにぶつけたらいいんでしょう?

謎なのは5位「後藤真希 胸」
TBしていただいた記事に検索が引っかかってるよーなので、
わたしはまったく感知していないのですが、

彼女に一体何が??

でも自分で調べるほどの興味はありません(←ひどい)。
[PR]

by datto2004 | 2007-02-02 13:16

先日、放送開始10ヶ月も経過してから
谷原章介がNHKの「中国語会話」に出演していることを初めて知り

「うわー!3月で終わっちゃうんじゃねぇの!?」と焦りましたが、

朗報です♪



愛ちゃんがNHKで中国語講座 : スポニチ


卓球の福原愛選手(18)が4月からNHK教育の語学番組「とっさの中国語」
(4月2日スタート、月曜後11・25)にレギュラー出演することになった。
  <はい、ざっくり中略>
「とっさの中国語」は、俳優の谷原章介(34)と京劇俳優の盧思=ろし=(34)が
中国を旅行する紀行風ミニ語学番組
で、毎回5分間の放送。
福原は、旅先で遭遇するさまざまな場面で対応できるよう、
便利なフレーズを指南する「キーフレーズ・ナビゲーション」を盧思とともにまかされた。

おお、初心者向け?の中国語会話を経て、
より実践的なステージへ駆け上がるのね、タニー様!
5分てーのが、まー短いけど、いくらタニー様目当てとはいえ、
長時間の語学学習はキツい…… ←中国語をマスターする気あんのか?
ということで、むしろ今よりも とっつきやすいかもしれんな。
「紀行風」ということで、タニー様のノリノリでお茶目さんな芸風も十分生かされそうだわ。

「NHKのミニ番組と言えば、エル・ポポラッチかタニー様か」
っつーくらいまで行って欲しいものです。



幼少期はカラダが弱く、病床の友はNHK教育だった私からのお願い。
タニー様にやってほしい番組 → 小6理科
石灰水を満たしたフラスコに、ストローでぷーと息を吹き込み
「ほら、白くにごったね。これは、二酸化炭素が溶けたからだよ」
と、あの声で言ってもらいたい。

学力低下も理数ばなれも、一挙に解決!!

[PR]