<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


久々に、昼ドラマなんか観てます、最近。
「安宅家の人々」
「愛の嵐」「華の嵐」(近年で言えば「牡丹と薔薇」とか「真珠夫人」とかか)
を生み出した、東海テレビ制作っす。
しかも原作は、大昔の大映ドラマで多く見られた吉屋信子だよ。

内田滋(しげるじゃないよ)さん、小林高鹿さん(「サラリーマンNEO」にも出てた)
とゆー、どっちかってーと舞台で活躍してる俳優さん2人が
異母兄弟を演じてるっつーので、興味が湧いて観てます。
んーやっぱイケメンさんはTVの世界もほっとかないね~。
(内田さん演じる長男“宗一さん”のマネが個人的にマイブームなのだが、
誰にもわかってもらえず披露の場がないことを嘆く、今日この頃の私。)


物語としては、もうちーっとドロドロして欲しいとこもありつつ、
まだ序盤~中盤に差し掛かったところで、
よーやく人物が出揃い、本格的に舞台が回り始めるか?って感じなので
これからに期待したいところ。

んで、今日たまたま この2人のお父さん役の
目黒“マユ~ゲ”祐樹氏のインタビュー記事を見つけたのだが――いや、そんなはずは!?


目黒祐樹60歳、昼ドラ初挑戦「兄もぼくも発展途上」 : 夕刊フジ

本業の芝居だけでなく、旅番組の常連としてもおなじみのベテラン俳優、目黒祐樹(60)。
デビュー40年目の今年は昼ドラマに初挑戦し、
4月からは、昨年に続き人気ミュージカル「アニー」に大富豪・ウォーバックス役で出演、
名伯楽の味も出てきた。
  < 中 略 >
「安宅家の人々」では、伊豆高原の小さな洋館から一代でホテル王にのし上がった
安宅宗右衛門の役だが、実際にロケも行った伊豆は、お気に入りの土地。
元女優の妻、江夏夕子(62)の母が芦ノ湖の近くに暮らしているため、
プライベートでもよく遊びに行くという。
  < 後 略 >


確か、私が幼稚園の頃に、お弁当食べてウチに帰ってテレビ観たら、
あのマユ~ゲが毎日出ていたぞ。
料理学校の御曹司だったぞ~~。(で、デキの悪い生徒だったヒロインと結婚する)
と、そこまで思い出したら、イモヅル的にドラマのタイトルも思い出しました。
確か「愛をひとつまみ」。

「ポーラテレビ小説」って枠だったと思うんだけど、
(今は「花王 愛の劇場」?)
あれは昼ドラじゃなかったのかな~。
目黒祐樹氏のプロフィールにもタイトルは出てるので、
出演はしてたんだと思うけど、話の筋や設定は、記憶に自信がないです;
検索しても、詳細情報見つからないし~。

すんごいよく覚えているのが
ヒロインが「坊ちゃまと結婚したいなら、このくらいのことはできないと」
みたいに学校長(姑)から?言われて、
事なお客様のもてなし料理をひとりで担当させられるんだけど
作りかけのボールの中に何かをドボチョン!と落として
「ああどうしよう~ まあ仕方ない、時間ないし~~!!」って
そのままぐるんぐるんかき混ぜて料理続行しちゃったこと。

幼稚園児ゴコロに
「おいおい、無茶だろそれは~!」と突っ込んだんだけど、
翌日は幼稚園の行事が何かで見られなくて、
アレがお客様に運ばれてどうなかったか、20ウン年振りに思い出して、気になる…。

まあ、確か翌週には若奥様になってたから、
案外味に異常がなかったのか、
異常があったけど、なんやかや頑張って挽回して姑に認められるか
上手いこと行ったんだとは思いますけど(笑)。
[PR]

メイの初節句を控え、母に付き合って、2人で浅草橋へひな人形の下見に。
浅草橋は、ひな人形の問屋さん街なんですわ。←30軒くらいあるらしい。
地元に近くて、毎週ジムに行くのにちゃりんこで通り過ぎてるくらいなんですが
興味はあっても今まで縁がなくて、人形屋さんに行くのは初めて。

メイ(8ヶ月)本人……は、まあまだわからんから無理として
妹がなかなか予定が合わなくて不在なので、
(↑業を煮やした母が下見を決行したのね)
「えー ワシが行ったら、ワシが産んだかと思われるやんけ~」
という一抹の不安を持っていたのですが。

よくよく考えたら、初節句のひな人形を買うのに、
赤ちゃん本人を連れて来ないママもおらんよーで
実際には
「ええっと、こちらのお嬢さん(私)のお子さんではないんですよね?」
と、店員さんに思いっきり念を押されるくらいで、
そんな心配は杞憂に終わりました。




んが、それ以前に、本物のママなら
1軒目のお店(関東では♪顔が猪木いのちーの ってCMで有名)に入るなり、
お雛様には目もくれず、奥に飾られている
ダース・ベイダー鎧飾り/兜飾りに突進。
「うわー コレが”例”のー!!」とか、しないっつーの。

お店のおじさんと
「これねー 去年作ったけど、今でも結構出てるんですよー」
「あー いや、去年ネットで見て、
会社でもスターウォーズ好きな人とかいてね、話題になってー。
カッコいいっすねー♪」
とか、話が弾んだあとに、おじさん恐る恐るって感じで

「えっと、で、今年は…は……(長い間)……ご出産?……されたの?」

って、すいませんね、まぎらーしくて;
(実は去年ダース・ベイダー見にこのお店まで行ったことがあるんだけど、
そのときは五月人形商戦真っ只中の日曜で、女子ひとりでは入る勇気なかったのさ……)



しかし最近のおひなさまって、いろいろあるんだなー。
ダース・ベイダーのお店には、キティちゃんとかキューピーのおひな様とかありましたよ。
ネットには、ミッキーとかシナモンも…

あとは、今は着物が結構派手めっつーか、(私の趣味から言うと)
日本古来の色合いよりは洋服っぽい明るい色の布に
大きな柄?を金糸銀糸で縫い付けて…ってのが主流のよーで
「結構ケバいなぁ~」とか思ってたところに、
「うお。アレは上品な感じでいいなあ」と思っていたら
皇太子様雅子様のご成婚のときの衣装を着せたものだったり。
天皇陛下と美智子様の即位の礼の衣装の立ち雛もあって、
十二単の広がり方とかもキレイだったんだけど
もちろん、お値段もそれなりで;母が「予算ってもんがー!」と断念

#そういや、どっちも「これは天皇陛下(もしくは皇太子様)しか着られない色なんですよ~」
 ってお店の人が言ってたけど、あの、人形が着ることには問題はないの?
 (いや、もちろん何しか許可は取ってあるんだろうけどさ;)


他のお店でも、
入ってすぐにリカちゃんとカケルくん(ワタルくんでないらしい。“今カレ”ってやつ?)のおひな様に出迎えられて、驚愕
あのあのあの、フツーに顔と手が、
おなじみのセルロイド製?のリカちゃんなんですけども!
なのにお値段が、フツーのおひな様よりも結構お高いんですけども!




まあねぇ~こうゆうコラボだと、きっとキャラクターの使用料とか
そんなのも価格に乗っかってくるんだろうしなー
とか、頭ではわかるんですけどね。
あと、お店の人に聞いたところ、衣装を“貼り付ける”んじゃなくて、
本当に人形サイズの十二単を作って→それを着せてから腕を曲げてキレイに固定するから
この技術が難しいんだって。

「でも見える部分はふつーのリカちゃんなのに、このお値段……」

とか割り切れない私が、やっぱ保守派なんだろうな。
(あとはリカちゃんに個人的にあまり馴染みがないの。幼少期に買ってもらえなくて(笑))
実際、自分がリカちゃんで遊んでたっつーママには人気で、よく出るらしい。ほー。

# メイ用のお雛様(普通のやつ)を探してるときに
 「このお人形の中は木でできていて…」って話になり、何の気ナシに
 「あのーそういえば入口のリカちゃんって、中身どうなってるんですかー?」と聞いたら、
  わざわざ奥まで調査を頼みに言ってくれて、あとで調べてくれた別の社員さんが教えに来てくれた;
  上半身は通常のリカちゃんで(そうしないと、首が固定できないんだって)
  下半身はひな人形のつくりなんだそーです。
 「すいません~ コレ買うわけじゃないのに(←オイ;)変な質問を~」と恐縮してたら、お店の人に
 「いやー、こういうことって聞かれないと、なかなか調べないですしねー(笑)」と。ええ人や。

あと、浅草橋はビーズをはじめとした手芸パーツの問屋街でもあるので、
昨今のデコ電ばやりもあるし、道すがら
「絶対あるんだろうな…」と思ってたけど、やっぱりありましたよ、
スワロフスキーの衣装を着たお雛様
スワロフスキーがコラボするのって「1業種1企業」だそーで
(これもお店の人が親切に教えてくれたので、かえって写真は頼めなかった…)
おひな様はここのお店だけらしい。
(そういやNECでスワロフスキーPC出すときに
ニュースで同じこと言ってたな)

今のおひな様の衣装って派手だし、
その流れでもっとキラキラしー感じを想像してたんだけど、
衣装の刺繍に主に「ライン」的に使ってる感じで、
デコ電みたくぺターっと「面」にしてちりばめてる面積は少ないから
あんましケバケバしさはなかったな。かえって上品な感じ。
デコ電好きなギャルママに人気かと思ったけど、案外もうちっと歳上の、
携帯のストラップにさりげなくブランドものつけてるよーな
バリキャリのママとかが興味もちそうな気がしました。


って感じで、5時間にわたって、ひな人形を堪能しまくりました。
最初のうちは「どれも同じー!」とか思ったが、
数こなすと、なんとなく自分の好みもわかってきますね。
ちなみに私は「木目込で丸顔/衣装の柄は地味め、でもできればモノは絹がいいっス」
でした。まあ最終的には妹の好みで選ぶので、関係ないんですが(笑)。

それにしてもどこのお店に行っても、
住宅事情のためか、「親王飾りのみ」が主流だった。
サイズ(幅/奥行き)もコンパクトで、飾り台がそのまま収納箱になってるとか。
いても三人官女までで、五人囃子なんかめったに見なかったもんなあ~。
童謡に出てくる“♪赤いお顔の右大臣~”なんて、
なんのことやら?って思う子どもも多いんだろうなあ。
[PR]


会社員の頃は、並行して複数の仕事を進めてて、
スケジュールと進捗の管理なんか、実はいちばんの得意分野だったってのに、

退職関連の手続きが全っ然わからん…!

保険証どーするとか、年金をこーするとか、
アレがいつまでで、コレがいつまでで、
ああー それにはまずこっちを済まさなきゃ!とか、イモヅル式に面倒。

仕事じゃないから気が緩んでいるのか、
そもそもこーゆー書類の処理が不得手だったのか…。(たぶん後者)
#会社員のときも、
 契約の書類とか泣きながら読んでたし、
なんせ大学が法学部だったのに、
「法医学」以外の法律科目をひとっつも取得できなかったんだから;


一度、新卒で入った会社を辞めたことはあるのだけど、
そのときには転職先が決まってて、間も空かなかったから
前の会社辞めるときに出た書類を、封筒も開けずにそのまま次の会社に
♪左へ受け流すぅ~ だけだったんだよな。
思えばラクだった。コレに関しては。
無職になるのも、結構面倒……。

とはいえ、退職してみたら
必要書類と一緒に、「何をしたら良いのか」が
結構詳しくまとまったマニュアルをくれたので
(辞めた会社が、こうゆう入退社や勤怠、福利厚生とかを
外部の会社に委託してて、委託先の会社が『お客様』として面倒見てくれるので
こうゆうところが結構丁寧だし、直接自分とこの人事とやらないぶん
対人ストレスないかも)

割と自分では整理がついてきていた……


つもりが!


そのマニュアルに「退職日から20日以内に」と書いてあったのに、
健康保険組合の任意継続の手続きを、
期限ギリギリの今日になって気付く。
ふー危ないあぶない…。
すでに郵送で書類を送ってもらって返送して、とやる時間はないので
明日、直接保険組合の窓口に行くことにしました。

「まあ、でもアレだね。
なんだかんだ言いつつ、期限内にはちゃんと思い出すものよね」
とか

思っていたら!

マニュアルにちゃんと書いてあった健康保険すらこれだもん、
在職中に年金手帳返してもらって、
退職に当たっては特に何も言われなかった年金の切り替えなんざ、当然

ええっ!? 国民年金への切り替えは、14日以内ー!?

とっくに過ぎてるやんけ…。
まあ何年もほったらかしてあとから追納してる人とかいるし、
これはまあ、忘れないうちに手続きしたらいいのかしら…


しかし年末に退職したものの、
離職票とか
401K
とか
肝心の“お金まわり”は、今月末からなのよねー;
(お給料のうち手当の一部が翌月払いなので、それをもらってからなのだ)
住民税とかも、忘れた頃にガサーと取られるみたいだし…


乗り切っていけるのかしら、コレ;
か、会社行ってるほうがラクだったかも…;ってそれは言わない約束よ(T T)

[PR]


※阿部ちゃんの身長が「+α」なのは、
 『ホントは190cm以上あるのにサバ読んでた』ことを、
 本人がこないだTVでカミングアウトしてたからです。


原作の『坂の上の雲』は、高校時代に1/3あたりで挫折しました;戦術の説明についていけんかった……。
いつか再挑戦してみたいけど、秋山好古がアベちゃんなら、
想像しながら結構サクサク読めそうな気がする。

ウィキペディアの説明によると、
 好古さんは、欧米人っぽい感じのイケメンさんだったらしいし。

でも阿部ちゃん、馬にまたがったら足が地面についちゃいそうなんですけど。
ってそこまでデカくねえよ。



新婚同士阿部寛と松たか子が夫婦役 : 日刊スポーツ

昨年末に音楽プロデューサー佐橋佳幸(46)と結婚した女優松たか子(30)が、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」(09年秋放送開始)に出演することになり9日、横浜市内で会見した。結婚発表後、松が公の場に姿を見せるのは初めて。同じく昨年11月に結婚を発表した阿部寛(43)が演じる軍人の妻を演じる。

<中  略>

何度か共演経験のある夫役の阿部も「すごい新鮮。支える昔の日本の妻の心を感じる」と絶賛した。
その阿部も「僕も去年(結婚)。まだ、生活を始めていないので、
来季(10年秋)の放送に生かせたら」と、
私生活を役作りに生かしたという気持ちを恥ずかしそうに語った。

<後  略>




「阿部ちゃんと夫婦(or恋人)役」というと、
私は個人的に夏川結衣さんとのコンビネーションが好きだったんだけど、
(『結婚できない男』観てたときには、
「ホントにこの2人が実生活でもくっついちゃえばいいのにぃ」とか思ってた)

最近気になっているのが、東芝のエコ家電CM

阿部ちゃんと天海サンが、夫婦?で
家の中のエアコンとか洗濯機とかのエコライフをアピールするんだけど、
“ふたり並んで全身の入ったヒキの映像”や
“女性が男性を見上げるポーズ”が、心持ち多い気がするんですけど、
気のせいでしょうか?

「これ、画面だとベストな身長差の、普通のカップルにみえるけど
実物に近づいたらえっらいデカいんだろうなー、両方とも」




とか、毎回考えてしまう。

これはアレですか? もしかして、
目の錯覚を利用した
うちの家電はコンパクトでっせ
っつーアピールなんだろうか、本当の狙いは。


しかし、やっぱり、本音を言えば阿部ちゃんには「結婚できない男」でいて欲しかった。
いえ、「阿部ちゃんが結婚するなんてショック~!」って乙女心からではなく、
純粋にネタとして

しかし結婚した以上はクヨクヨしても仕方ない。
せめてアベール王子のご成婚パレードが観たいものよのう。
[PR]

私が新卒で就職活動してた当時は、新宿の伊勢丹の写真室ってのが超有名だったけど、
今はどうなんですかね??




いまどきの写真の「修整」事情 | Excite エキサイト


就職活動をする人や、まして容姿で勝負する人の場合、
「どの程度修正して良いものか」が悩むポイントになるという。
「オーディションなどでは、まず書類審査を通らなきゃいけないから、
ある程度修正しますけど、あんまり良く写りすぎると、
実際に会ったときにガッカリされ、仕事が減ります」
と、あるモデルさんは言っていた。
また、
「修正のうまいことで有名な写真館があるんですが、その写真館は有名になりすぎていて、
写真の背景の特徴からわかるらしくて、
同じ背景の宣材写真の女の子がみんな『かなり修正してる』と判断され、全滅だったことがあります」
と言うモデルさんもいた。

<後 略>



新年早々“プーさん”デビューの私。
あるアルバイトにおーぼするのに、なぜか生まれて初めて

「全身写真」が必要に…!

「まったくの裏方仕事だっつーのに、三十路女の全身写真がなぜ必要!?」
と、激しくいぶかしがりながらも、

「出す以上は、もともとの顔カタチは仕方ないとしても、
ちっとでもコギレイなほうがいいのか?」
「それ以上に、親兄弟、友人に『全身写真撮って』とか頼んで、
にっこりほほえむのか? ひーこっぱずかしい!耐えらんねー!」

と、仕方ないので、地元のデパートの写真館で撮りましたよ…。


#年末に、急ぎの仕上げで依頼したために
 「オーディションか何かですか?」と聞かれた。
 「まあ♪こんな私でも、女優サンか何かに見えるの?」と一瞬思ったが、
 妹に「オーディションにもいろいろあるからね~、お笑いとか…」と言われる。そっちかよ。


しかし、頼むほうも何のために必要かわからない写真のため、

  写真屋さん:「背景はどうしましょうかね?」
    私   :「……さぁ…;」
  写真屋さん:「……ポーズとかは、何か指定があるんですか?」
    私   :「いや、特に何も応募要項に書いてないんですけど……」

と、困った客に。
とはいえ、やっぱ“修整”は入ったみたいで、
出来上がりは、「誰じゃコレ?」ってなくらい
非常に“マダミ~”な笑顔になってました。
ワシ、自分でもこんな表情したの観たことないぞ。
まあ、顔カタチは確かに自分のままって感じですが、
どうせなら、ボデーの厚みも目減りさせて欲しかった、ちっ。




↑の1週間くらい前にも、ここの写真館で写真撮ってもらってたんですね。
そのときは、人材紹介会社の登録用に、バストアップの証明写真。
急ぎだったので、その場仕上げ(修整ナシ)にしてもらったら、

へ、下手くそ…;

いやまあ、被写体の顔のつくりは棚の上に置いておくとしてもね。
こちらの表情が和らぐ前に、座ってすぐ「ハイ、いきまーす。カシャ」の1回でオワリ。
出来上がりを見たら、表情は硬いわ、髪もちょっと乱れてるとこがあるし、
服にシワが入ってるのに、撮るとき指摘してくれなかった……。
(スタジオに姿見がなく、小さな手鏡が借りられただけだったので
ここまでは自分じゃわからなかった)

「これって、撮り直してもらえないんですか?」と聞いたら
たぶん私と同年代くらいのカメラマンさんに
「髪の乱れとか、シワなんかが嫌だったら、“修整”じゃないとー」
と言われてしまいました。えーっ。


新卒の就職活動のときも、数年前に転職活動したときも、
同じ写真館で証明写真を撮ってもらったのですね。
ただ、そのときは年配のカメラマンさんで
撮影する前に、イスに座ってから服のしわや髪はちゃんと直してくれて、
表情も「もっとにこやかにー、そうそう」と、何種類か撮ってくれたのですよ。
おかげで、“修整”ナシでも、毎回それなりにきちんと明るい感じに仕上げてくれてて。
 ↑
私の場合は、最初から「これで勝負したるわー!」という容姿でもないし、
それがモノをいう職業に応募したこともないので;これで十分。

なので今回も、
「たぶん、あのおじちゃんはもう定年でいないだろうけど、
そーんなに写真の仕上がりが違うこともないだろ」
と思って行っただけに、結構ショックだった。
(それもあって「じゃあ“修整”したらどうなるんだ?」と思って、全身写真のときも頼んでみた)


そう考えると、
「修整ってカメラマンがラクするためのものでもあるのかなー。
もしかして、撮るほうが下手だったりするのを隠してたり?」
なんてうがったことを考えてみたり;


とりあえず、今度から「修整なしで、それなりにコギレイ」でやってくれる写真館、探さないとなー。
だって“修整ナシ”の証明写真、
「これだったら¥600~700で、そこらのスピード証明写真機で全然いいじゃん」
ってレベルだったんだもん、正直。
[PR]

b0043827_19103377.jpg

みなしゃま、遅ればせながら
おけましてあめでとうございます(by KAN)。

ちょーワタクシゴトでしが
思うところとキッカケがあって、
去年の大晦日付で会社を辞めました。


いろいろ考えたけど、
ここ数年は、先をヘンに考えすぎで動けない状態だったし、
今までの仕事の延長線で漫然と転職すると、
同じ不満が積もってくだけな気がしたので、
あえて進路はまだ手探りで検討チウ。
身軽になって、臨機応変に動こうかな、と。


っつーことで、こいつぁ春から
人生初のプーでござる。

いやー定収入がないって、
自転車の補助輪取っちゃったみたいで、
コワいわ~~;

でも萎縮すると考え方もネガティブになりそだから
ムダ使いはダメだけど、必要なものは、賢くお金使わないと。

っつーことで、さっそく元日から
ずっと欲しかったナノスチームぷらちな(だっけ?)が
お正月特価だったから購入~~。
って、長い言い訳だったにゃ;


そんなこんなで、昨年末はなかなかブログも書けませんですたが
けっこー自分的には動く年になりそおだし、
記録がてら、またちまちま書いていきたいと思ってます。


今年は柔軟にいきたいにゃ~~。
[PR]

by datto2004 | 2008-01-03 19:10