どの春日だよ。 ※以上、現在放送中のCMより

さて、ここ2日ほど、俳優・古田新太さんの新刊
『柳に風』っつーエッセイを読んでました。夜、お風呂で。

そしたら昨日読んだ中に、
'85年阪神リーグ優勝時の阪神ファンのフーリガンっぷりを描いた一節があり
(たまたま道頓堀っぱたの新松竹座の舞台が終わったところだったそうで、
静かだった街に四方八方から「六甲おろし」の歌声が聴こえ始め、
みるみる人が膨れ上がっていった――って描写がコワかった(T T)
「ハーメルンの笛吹きみたく、このまま海に連れ去られるんじゃ」と
マジで生命の危機を感じたらしい)

胴上げされたカーネルおじさんが
そのまま道頓堀川に投げ込まれる姿も、遠くから目撃したらしい。
んで
「あのカーネルおじさんを探しに潜らされた生瀬さんは、
ひどい中耳炎になってかわいそうだった」
と。

「生瀬さんにそんなことさせるのは『ナイトスクープ』だろーなー
明日検索してみようかな~」

と思ってたら↓


阪神Vで道頓堀川へ、サンダース人形24年ぶり「救出」



1985年に阪神タイガースがリーグ優勝した際、
興奮したファンによって大阪・ミナミの戎橋から道頓堀川に投げ込まれ、
行方不明になった「ケンタッキー・フライド・チキン」の
カーネル・サンダース人形とみられる人形の上半身が10日、戎橋の西約200メートルの川底で見つかった。

 85年以降、阪神は日本一から遠ざかり、
「カーネル・サンダースののろい」と言われたことも。
24年ぶりの救出劇に、ファンは「今年こそ日本一を」と期待を込めた。

<後 略>


記事によると、発見時、カーネルおじさんは首から下は川底の土に埋まっており、
「トレードマークの眼鏡が失われ、塗装もほぼはげていたが、当時のままの笑顔を浮かべていた。」
とのこと。嗚呼、涙。

私、夕方のニュース(関西ローカル)でコレ↑知ったんですが、
男性アナが真顔で「緊急のニュースが入ってきました!」と言うので
一瞬身を堅くしたら「道頓堀から―」って続けたもんで、一気に脱力。
しかしTVの向こうのアナウンサー・コメンテイター陣は
皆興奮気味&満面の笑みで

「すごいですね!」
「明日はこの話で持ちきりですね!」
「これでのろいも解けて、阪神優勝ですよ!!」

大阪にやってきて、もうすぐ1年。
「生瀬さんネタはナイトスクープだな」
くらいのアタリは付けられるようになりましたが、
(あ、今、検索してみました。正解だったようです

このカーネルに対する関西TVの温度感が、
ギャグなのか、本意気なのか、わかりません。

まだまだ、移民です。


とりあえず、明日の朝刊の記事の面積を確認してみよう。
[PR]

b0043827_16545312.jpg

名前だと思ってたんですが……。

「キイナ」ってドラマのタイトル
(で、主人公の名前)
「奇異な」から来てる??

あとで調べてみよう。


ヨシヅミ(仮)は、後輩刑事役の平岡なんとか君を
ずっと小泉孝太郎だと思ってたらしい。
[PR]

# by datto2004 | 2009-02-18 16:54


ステキすぎる純次…

ぜひぜひいただきたいですとも!(相手限定。解除なし)


逆チョコあげますか? | Excite エキサイト

今年話題になっている“逆チョコ”。
どれくらいの男性が実際にあげるのだろうか。

あらゆる年代の男性に聞いてみたところ、8割近くの人が「あげない」という回答で、「あげる人がいない」が理由のほとんどを占めた。
では、残り2割のあげる男性の意見を紹介しよう。
< 中 略 >
男女とも小中学生やパートナーありの人は、
単純に「あげたい、もらったらうれしい」という意見が多かった。
高校生~30代くらいの独身では、逆チョコそのものの反対・賛成や、
お返しはどうするのかなど意見が分かれた。

この『逆チョコ』ブームに関して、昨年「女と男のバレンタイン意識調査」を行い、今年「逆チョコ」3製品を発売した森永製菓さんにお話を聞いてみた。
< 中 略 >
森永製菓さんによると、今のバレンタインは告白のためより、楽しむイベントの一つであり、
チョコは人間関係を円滑にするコミュニケーションツールとして考えているという。


「愛されるよりも愛したい真剣(マジ)で」的な姿勢ですかね?
そう歌っていたいたKinKi Kidsの堂本くん―ってどっちよ。んーと帝劇で飛ぶほう―が、
何年か前、まさに森永「DARS」のCMで、

残業中、ムキーッとなってる同僚の女の子に、
チョコを差し出してねぎらってくれる

よーなのがあった覚えが。
そのときには
「そう!そんな癒しの同僚が、まさに正解(?)!!」

と鼻息を荒くした記憶があるんだけど、
(そんでもって、おうちにはビューネくんが待ってて、
「今日もいちにちよく頑張ったね」ってホメてもらう、と。どんだけねぎらわれたいんじゃ)


結局、行事としてのバレンタインが残って攻守替わるだけなら
面倒なの同じじゃーん。
お返しが必要なら、最初から貰わないほうが全っ然ありがたい。


……ということを、女性の側も自覚する良い機会なので、
逆チョコ、いいんじゃないでしょか。
もちろん、男性もチョコの買い出しやお金の徴収など手間がかかる、
ということを身をもって実感していただけることでしょう。

で、女性→男性ってゆーくくりが取っ払われたのを契機に
意味不明な社交辞令は払拭し、このままナシ崩し的に
みんな自分の好きなチョコを買って、
勝手気ままにカッ喰らう日

になってしまうがいい。


この時期、デパ地下にいろんなチョコが売ってるのは大歓迎なので、
バレンタイン自体を否定する者ではありません(笑)。


あ、今年のバレンタインは、某・ホリの深いアーティストのライブです♪
プレゼンテッド・バーイゴディバ
スポンサー様、ありがとう。もちろんチョコはいただくわ。
そして自分で食べますわ。

(ちなみに上記の記事中に
筆者がある会社を取材したときにも、
課長さんがデスクにチョコを忍ばせていて、
「女性は疲れてそうだから飲みに誘うというよりもチョコを一箱差し出した方が喜んでくれる」
なんて話してくれたこともある。

って文があったけど、私の場合は、それウザかったです。
つーか相手によっては「誰のせいでこんな忙しいと思っとるんじゃボケ!
チョコ1粒で事が済むとかナメてんじゃねーぞ!」とか、完全逆効果でした。)

[PR]

神戸国際会館まで、T.M.Revolutionのライブを観に行く。

今もすごい好きなんだけど、私の場合
この人ももともとラジオ(西川貴教のオールナイトニッポン)でのトークから
ファンになったクチなので、
レギュラーのラジオ番組がないと(で、その中で告知とかしてくれないと)、
うっかり最新情報を見逃す…。
あとは、情報をキャッチできても日程がダメだったり、抽選に外れたり。
てことで、もしかしたら約2,3年ぶりのライブかー!? びっくり。

過去彼のライブでは、私も客席でノリすぎて
酸欠になったりへろんへろんになったりと、いろいろ体力を使ってきましたが、
まあさすがにそろそろキツいかもしんない。←でもファンになった時にすでにもう20代後半だったが;
ボーっとしてる間に新曲とか出て、知らない曲とかも多いかもしれないし、
今回はおとなしくしてよーっ、とか思ってたんすよ。
ここのホール急だから、3階席でスタンディングすると下見えて怖いし;
# 私、結構重症な高所恐怖症。
  以前、ここに槇原敬之観に行ったときは、2階席の最前列で、微動だにできず。

しかし。

前半1時間は、自分の前の方達が座っていたのと、
彼の曲を使ってのロックミュージカル?みたいな構成だったんで
(ロックバラードみたいな曲が多かったし)
座ってじっくりみていたのですが。

結局、後半わりとライブ“ド定番”みたいな曲がかかるともう
条件反射で踊り狂うんですわ
なんかもー。一緒になって歌っちゃってるし。つか、叫んじゃってました。

学生時代は、まさか30代も半ばになって
ヘッドバンキングしまくりの大人になってるとは思わなかったさ。

しかしまあ、その年齢になってみれば、別に自然なコトなのですが。
この先も、2~3時間のライブ中、ずーっと拳振り上げーのジャンプしーのの体力は
温存していくべく、精進する所存ですよ。
# 余談ですが、私が24歳でスポーツクラブに入ったのも、
  当時社会人になって体力が落ちて、何かのライブの途中でしんどくなってしまったのがショックで
  「このまま30過ぎてライブで座っているか?それとも立ち続ける体力をつけるか?」
  と自問自答した結果だったりします…。


でも筋肉痛が今日出てくれて、ひと安心♪
ワシの肉体も、まだまだ若いもんじゃわ。
って、明日はもっと地獄の苦しみか?

振りすぎで?首の付け根がなんか骨ズレてないか?
的な違和感があるのだけがこわいです。




久々の西川ちゃんは、相変わらず見た目は上沼恵美子もとい、
小柄なのだけど、熱くて、男臭くて、非常に格好良かったです。
足しげく彼のライブに行ってた頃と、私個人の環境は激変して、
正直、今はちょうど五里霧中で もがもがシンドい時期なんですが;←あまり悩まない性格なのに
今までと変わらない彼の一途な熱さに、
自分自身、本来のニュートラルな心の立ち位置に引き戻してもらえた気がしました。

#でも自分が会社員の頃は、ライブはカンフル剤というか
 「よし!私も頑張るぞ!」と思いつつ、
 「いいな。好きな仕事で成功してる人は~」と、いくばくかの羨望もあったわけですよ、やはし。
 でも、自分が肩書きのない身分になると、
 「あの人たちは、どんだけ努力して、今もし続けて、一線に立ち続けてるんだろ」
 と、畏敬の念すら湧いてくる今日この頃。
 もともとストイックな姿勢が垣間見えるアーティストが好きだということもありますが、
 最近はライブや演劇に行くと、自分の衿をぴっと正さねばのう…という気持ちになります。

ミュージカル好きとしては、前半のストーリーがある構成も、面白かったなー。
座っていたので、オペラグラスでじっくり観ました。
ミュージシャンでも、歌も含めて身体全体の表現力が豊かなひとって、
ほんとにもう「演劇の域だなあ」と感じます。
戦国時代っぽい甲冑・陣羽織風の衣装と、ハードロックが合うことは、
すでに劇団☆新感線に実証されているわけですし(笑)。

[PR]